現在表示中:

メッセージングバンドルの設定

AEM Communities メッセージング - バンドル には、以下の 2 つのサービスが含まれています。

メッセージング操作サービス

AEM Communities メッセージング操作サービスでは、メッセージング関連のリクエストを処理するエンドポイントと、メッセージの保存先フォルダーに加えて、メッセージの添付ファイルとして許可されるファイルタイプを指定します。

コミュニティサイトコンソールを使用して作成したコミュニティサイトでは、サービスのインスタンスが既に存在し、インボックスは /mail/community/inbox に設定されています。

コミュニティのメッセージング操作サービス

以下に示すとおり、サイト作成ウィザードで作成されたサイトには、サービスの設定があります。設定の横にある鉛筆アイコンをクリックすると、設定を表示または編集できます。

新しい設定の追加

新しい設定を追加するには、サービス名の横にあるプラス「+」アイコンをクリックします。

  • inbox.path.name
    (必須)inbox フォルダーに使用するユーザーのノード(/home/users/username)の相対パスです。パスの末尾をスラッシュ「/」にすることはできません。初期設定は /mail/inbox です。
  • sentitems.path.name
    (必須)senditems フォルダーに使用するユーザーのノード(/home/users/username)の相対パスです。パスの末尾をスラッシュ「/」にすることはできません。初期設定は /mail/sentitems です。
  • supportAttachments.name
    オンにすると、ユーザーがメッセージも添付ファイルを追加できるようになります。初期設定はオンです。
  • maxTotalAttachmentSize.name
    「supportAttachments」をオンにすると、この値によりすべての添付ファイルの最大許容合計サイズ(バイト単位)が指定されます。初期設定は 104857600(100 MB)です。
  • attachmentTypeBlacklist.name
    システムにより拒否されるファイル拡張子(「.」というプレフィックス付き)のブラックリストです。ブラックリストに入っていない場合、拡張子は許可されます。拡張子は「+」および「-」アイコンを使用して追加または削除できます。初期設定は DEFAULT です。
  • allowedAttachmentTypes.name
    (アクションが必須)ブラックリストとは反対の、拡張子のホワイトリストです。すべてのファイル拡張子(ブラックリストに入っているものを除く)を許可するには、「-」アイコンを使用して 1 つの空のエントリを削除します。
  • serviceSelector.name
    (必須)サービス起動時に経由する絶対パスです(仮想リソース)。選択するルートパスは、/bin//apps/ および /services/ など、OSGi 設定 Apache Sling Servlet/Script Resolver and Error Handler の実行パス設定に含まれているものである必要があります。このエンドポイントは、送信するメッセージの作成に使用されるコンポーネントを含んでいる UGC フォームコンテンツのパスとなるものです。メッセージング機能をサイトに追加を参照してください。初期設定は /bin/messaging です。

警告:

メッセージング操作サービスを編集用に開くときに、allowedAttachmentTypes.name が削除されている場合は、このプロパティを設定できるように空のエントリが再度追加されます。空のエントリが 1 つあることで、添付ファイルが効率的に無効化されます。

すべての拡張子(ブラックリストに含まれるものを除く)を許可するには、「-」アイコンを使用してこの空エントリを(再び)削除してから「Save」をクリックします。

メッセージングサービス

メッセージングサービスには、コミュニティのメッセージング機能のグローバル設定があります。通常、デフォルトを編集する必要はありません。

グローバル設定を編集する理由を以下にいくつか示します。

  • メッセージフォームを構成するための新しいフォーム要素の追加
  • 大規模な受信者グループへの電子メール送信のパフォーマンスの最適化

グローバル設定を表示または編集するには、Web コンソール(例:http://localhost:4503/system/console/configMgr)に移動し、AEM Communities メッセージングサービスを見つけて鉛筆アイコンをクリックします。

  • Message Fields Whitelist
    ユーザーが編集および保持できる、メッセージを作成コンポーネントのプロパティを指定します。新しいフォーム要素を追加した場合は、リポジトリに保持するには、その要素の ID を追加する必要があります。初期設定はsubjectcontent です。
  • message box size limit
    各ユーザーのメッセージボックスの最大バイト数です。初期設定は 1073741824(1 GB)です。
  • message count limit
    ユーザーごとの許可されるメッセージの合計数です。値が -1 の場合、許可されるメッセージ数は無限で、メッセージボックスのサイズ制限を受けます。初期設定は 10000(10k)です。
  • notify delivery failure
    オンにすると、受信者へのメッセージ配信が失敗した場合に送信者に通知します。初期設定はオンです。
  • failure delivery sender id
    配信に失敗したメッセージに表示される送信者の名前です。初期設定は failureNotifier です。
  • failure message template path
    配信失敗メッセージテンプレートのルートへの絶対パスです。初期設定は /etc/notification/messaging/default です。
  • maxRetries.name
    配信に失敗したメッセージの再送を試行する回数です。初期設定は 3 です。
  • minWaitBetweenRetries.name
    送信に失敗したメッセージの再送を試行するまでの間隔(秒数)です。初期設定は 100(秒)です。
  • count update pool size
    カウント更新に使用する同時スレッドの数です。初期設定は 10 です。
  • batchSize.name
    大規模な受信者グループへの送信時に一括送信処理するメッセージの数です。初期設定は 100 です。

トラブルシューティング

問題のトラブルシューティングをする 1 つの方法は、ログ内のメッセージをデバッグすることです。

監視するパッケージは com.adobe.cq.social.messaging です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー