現在表示中:

イネーブルメントリソースの追加

新しいコミュニティサイトにイネーブルメントリソースを追加するには:

  • オーサーインスタンスに移動します。
  • システム管理者としてサインインします。
  • コミュニティ/リソースに移動します。
  • イネーブルメントリソースを追加するコミュニティサイトを選択します。
    • Geometrixx Enable」を選択します。
  • メニューから「+ 作成」を選択します。
  • リソース」を選択します。

基本情報

以下のとおり、リソースの基本情報を入力します。

  • サイト名
    選択したコミュニティサイトの名前(Geometrixx Enable)に設定します。
  • リソース名*:Ski Lesson 1
  • リソース ID:ski001
  • タグ:Geometrixx Outdoors: Activity / Skiing
  • 説明:Sliding on snow for beginners
  • 画像を追加
    メンバーの割り当てビューで、メンバーに対するリソースを表す画像を追加します。
  • 次へ」を選択します。

コンテンツを追加

複数のリソースを選択できるように見えますが、選択できるのは 1 つだけです。

右上隅の「+」アイコンを選択し、目的のリソースを選択するためのソースを指定します。

リソースをアップロードします。ビデオリソースの場合は、ビデオの再生開始前に表示するカスタムの画像をアップロードするか、ビデオからサムネールを生成します(これには数分間かかる場合がありますが、待機する必要はありません)。

  • 次へ」を選択します。

設定

  • ソーシャルの設定
    学習者がイネーブルメントリソースにコメントや評価を付ける機能を体験するには、デフォルトの設定を維持します。
  • 期限
    (オプション)割り当てを完了すべき期限の日付を選択できます。
  • リソース作成者
    (オプション)空白のままにします。
  • リソース連絡先*
    (必須)プルダウンメニューでメンバーの「Quinn Harper」を選択します。
  • リソースエキスパート
    (オプション)空白のままにします。

注意:ユーザーまたはグループが表示されない場合は、「Community Enable Members」グループに追加されているか、またパブリッシュインスタンスに保存されているかを確認してください。

  • 次へ」を選択します。

割り当て

  • 割り当て先を追加
    ここでは未設定のままにします。このイネーブルメントリソースは学習パスに追加されるからです。もしも学習者が単体のイネーブルメントリソースとそのイネーブルメントリソースを含む学習パスの両方に割り当てられた場合、学習者は同じイネーブルメントリソースに 2 回割り当てられることになってしまいます。
  • 選択したユーザーに登録メールを送信
    オフのままにします。
  • 作成」を選択します。

リソースが正常に作成されると、リソースコンソールに戻ります。新しく作成されたリソースが選択状態になっています。このコンソールで、リソースの公開や、学習者の追加、その他の設定の変更を実行できます。

新しいバージョンのイネーブルメントリソースをアップロードする際は、新しいリソースを作成したうえで、古いバージョンのリソースからメンバーを登録解除して新しいバージョンのリソースに登録することを推奨します。

リソースの公開

登録者が割り当てられたリソースを確認できるようにするには、その前に次の手順でリソースを公開する必要があります。

  • 発行アイコン(地球のアイコン)を選択します。

アクティベーションが成功したことを示す以下のメッセージが表示されます。

2 つ目のイネーブルメントリソースを追加します。

上記の手順を繰り返し、学習パス作成用の関連するイネーブルメントリソースを作成して公開します。

2 つ目のリソースを公開します。

Geometrixx Engage のリソースのリストに戻ります。

ヒント:どちらのリソースも表示されない場合は、ページを更新してください。

学習パスの追加

学習パスは、複数のイネーブルメントリソースを論理的にグループ化して 1 つのコースとしたものです。

  • リソースコンソールで「+ 作成」を選択します。
  • 学習パス」を選択します。

最初のステップで、以下のとおり基本情報とリソースを追加します。

  • 学習パス名:Ski Lessons
  • 学習パスの順序を適用:(オプション)デフォルトはオフ - オンに設定
  • 前提条件の学習パス:空白のまま
  • リソース:「+ リソースを追加」を選択し、以下のように学習パスに追加するリソースを選択

コミュニティサイトに表示されるのは、公開済みのリソースだけです。

公開済みのイネーブルメントリソースを 2 つ選択し、学習パスに追加したら、右上の OK アイコンを選択して最初のステップに戻り、リソースコンソールでこの学習パスを表す画像をアップロードします。

  • 次へ」を選択します。
  • 割り当て先を追加
    プルダウンメニューを使用して「Community Ski Class」グループを選択します。このグループには、メンバーの Riley TaylorSidney Croft が含まれているはずです。
  • 学習パス連絡先*
    (必須)プルダウンメニューを使用し、メンバーの「Quinn Harper」を選択します。
  • 作成」を選択します。

学習パスが正常に作成されると、リソースコンソールに戻ります。新しく作成された学習パスが選択状態になっています。このコンソールで、リソースの公開や、学習者の追加、その他の設定の変更を実行できます。

 

学習パスを公開します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー