現在表示中:

概要

サイドローディングの概念は、ページ上に存在するコミュニティコンポーネントを参照し、それを別のページ上に表示することです。 

コミュニティコンポーネント(動的にインクルードできるコンポーネントのみ)のサイドローディングは、ページ全体を引き続きキャッシュできるようにする形でサポートされています。

コメントシステムのサイドローディング

例えば、ページ A 上のコメントシステムをページ B にサイドローディングするには、次の HTML ブロックをページ B に挿入します。

<div class="scf-commentsystem scf translation-commentsystem" data-component-id="/content/community-components/en/comments/jcr:content/comments" data-scf-component="social/commons/components/hbs/comments"></div>

data-component-id には、サイドローディングするコメントシステムのパスを指定します。

この場合、ページ A は /content/community-components/en/comments であり、このページ上のコメントシステムはノード /content/community-components/en/comments/jcr:content/comments です。

プログラムによってコードを生成し、ページのマークアップに挿入できます。ページ B には、サイドローディング対象のコンポーネントに必要なクライアントライブラリをインクロードする必要もあります。

 

カスタムコンポーネントのサイドローディング

コミュニティコンポーネントがオーバーレイされると、ページがキャッシュ可能になり、コンポーネントがページに動的にロードされます。

 

また、次の点に留意してください。

data-scf-component="social/commons/components/hbs/comments" - この属性では、使用するコンポーネントのタイプ(JS コンポーネント - モデル+ビュー)を定義します。したがって、該当するコンポーネント以外をサイドローディングする場合は、この属性の値をロード対象のコンポーネントのリソースタイプに変更する必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー