現在表示中:

AEM Communities の翻訳機能は、ソーシャルコンポーネントフレームワーク(SCF)を使用することで、ページコンテンツの翻訳という概念を、コミュニティサイトに投稿されたユーザー生成コンテンツ(UGC)にまで拡張します。

UGC を翻訳することにより、言語の障壁が取り除かれ、サイト訪問者とメンバーがグローバルなコミュニティを体験できます。

例えば以下のような場合が考えられます。

  • フランス人メンバーが、複数の国のユーザーが利用する料理 Web サイトのコミュニティフォーラムに、フランス語のレシピを投稿します。
  • 日本人メンバーが、翻訳機能を使用して、そのレシピをフランス語から日本語に翻訳します。
  • その日本人メンバーが、日本語でレシピを読んだ後に、コメントを日本語で投稿します。
  • 最初に投稿したフランス人メンバーが、翻訳機能を使用して、日本語のコメントをフランス語に翻訳します。
  • このようなグローバルな交流を実現できます。

概要

この節では、特に翻訳サービスと UGC の連動について説明します。AEM を 翻訳サービスプロバイダーに接続する方法と、翻訳統合フレームワークを設定して翻訳サービスを Web サイトに統合する方法については既に知っているものとして説明を進めます。

翻訳サービスプロバイダーがサイトに関連付けられているときは、そのサイトの各言語コピーで、SCF コンポーネントを通じて投稿された UGC(コメントなど)のスレッドが独自に保持されます。

翻訳サービスプロバイダーに加えて翻訳フレームワークが設定されているときは、サイトの各言語コピーが UGC の 1 つのスレッドを共有できるので、言語コピー間のグローバルな情報通信を実現できます。グローバル共有ストアを設定すると、言語別に分けられたディスカッションスレッドではなく、どの言語コピーからでもスレッド全体を閲覧できるようになります。さらに、複数の翻訳統合設定を使用して、全世界の参加者を論理的にグループ化し(地域別など)、それぞれに異なるグローバル共有ストアを指定することもできます。

デフォルトの翻訳サービス

AEM Communities には、複数の言語で有効なデフォルトの翻訳サービストライアルライセンスが付属しています。

コミュニティサイトを作成するときに、翻訳サブパネルで「機械翻訳を許可」をオンにすると、デフォルトの翻訳サービスが有効になります。

警告:

デフォルトの翻訳サービスは、デモ目的でのみ提供されています。

実稼動システムでは、ライセンスを取得した翻訳サービスが必要です。ライセンスがない場合、デフォルトの翻訳サービスはオフになります。

デフォルト翻訳サービスの Geometrixx デモサイト

  1. パブリッシュインスタンスの Geometrixx Outdoors のサンプルを使用して、一般的なサイト訪問者として翻訳機能を体験してみます。

    Community Hiking のフォーラムトピックの Hiking Kili を参照します。投稿されたトピックに対する最初の返信はフランス語であり、3 番目の返信はドイツ語です。

    注意:

    Geometrixx デモサイトの UGC は JCR に格納されます。そのため、ユーザー生成コンテンツを表示するには、デフォルトのストレージが JSRP である必要があります。

  2. 翻訳が有効になっているので、フランス語(FR)とドイツ語(DE)の投稿には「Translate」ボタンが表示されます。これは、これらの投稿がサイトページテンプレート(EN)と異なる言語として認識されたことによります。

    Translate」ボタンをクリックしてフランス語の投稿を英語に置き換えると、以下のようになります。

     

    Translate」ボタンの代わりに「Show Original」ボタンが表示されることに注目してください。サイト訪問者はこれを使用して、元の投稿と翻訳された投稿を切り替えることができます。

    また、翻訳サービスの翻訳の帰属を示す「Translations by Microsoft」というテキストが表示されています。

UGC のグローバル翻訳

Web サイトに複数の言語コピーがある場合、デフォルトの翻訳サービスでは、あるサイトで入力された UGC が別のサイトで入力された UGC と関連している可能性は認識されません。その UGC が本質的に同じコンポーネント(そのコンポーネントを含んでいるページの言語コピー)で生成された場合でも同様です。

これは、「いくつかのグループがそれぞれ別のグループの人のコメントは気にせずに会話している状況」と、「1 つの大きなグループに属する全員が同じ会話に参加している状況」の違いに似ています。

「1 つのグループでの会話」が必要な場合は、複数の言語コピーを持つ Web サイト全体のグローバル翻訳を有効にして、どの言語コピーからでもスレッド全体を見られるようにする必要があります。 

例えば、基本となるサイトにフォーラムを設け、いくつかの言語コピーを作成し、グローバル翻訳を有効にした場合は、ある言語コピーで作成されたフォーラムに投稿されたトピックは、すべての言語コピーで表示されます。これは返信の場合でも同様で、どの言語コピーから返信が入力されたかは関係ありません。結果として、どの言語コピーからでも、トピックと返信のスレッド全体を見ることができます。

警告:

コミュニティサイトの言語コピーを作成する機能は、まだ正式公開されておらず、AEM 6.2 Communities では利用できません。

以降では、グローバル翻訳を有効にする基本的な手順を説明します。その後で、Geometrixx Media サイトを例に取り、UGC のグローバル翻訳機能を備えた多言語サイトをセットアップする方法の簡単なチュートリアルを示します。

基本的な手順は以下のとおりです。

  1. オーサーインスタンスで、以下の手順をおこないます。
    1. 管理者としてログインします。
    2. サイトの 言語コピーを作成します。
    3. クラウドサービスの翻訳統合の設定を作成します。
      これによりグローバル翻訳が可能になります。
    4. 継承を利用するために、クラウドサービスを
      最も高いレベルのページに適用します。
    5. ページとクラウドサービスをアクティベートします。
  2. パブリッシュインスタンスで、以下の手順をおこないます。
    1. デモユーザーとしてログインします。
    2. 会話を表示する言語を簡単に切り替えられるよう、
      別々のタブで各言語コピーを開きます。
    3. 各言語で討論に追加します。
    4. Translate」ボタンを使用し、ページの現在の言語で討論を表示します。

警告:

グローバル翻訳を設定する前に存在していた UGC は表示されなくなります。

この UGC は共通ストアに残っていますが、言語別の UGC の場所に配置されています。それに対して、グローバル翻訳を設定した後に追加された新しいコンテンツは、グローバル共有ストアの場所から取得されます。

言語別のコンテンツをグローバル共有ストアに移動または統合する移行ツールはありません。

翻訳統合の設定

新しい翻訳統合を作成するには、オーサーインスタンスでタッチ操作向け UI を使用し、以下の手順を実行します。この操作により、翻訳サービスコネクターと Web サイトが統合されます。

  • 管理者としてサインインします。
  • メインメニューに移動します。
  • ツール」を選択します。
  • 操作」を選択します。
  • クラウド」を選択します。
  • クラウドサービス」を選択します。
  • 翻訳統合までスクロールダウンします。
  • 設定を表示」を選択します。
  • 利用可能な設定」の横にある [+] アイコンを選択して新しい設定を作成します。

設定を作成ダイアログ

  • 親設定
    (必須)通常はデフォルトのままにします。初期設定は /etc/cloudservices/translation です。
  • タイトル
    (必須)任意の表示タイトルを入力します。デフォルト値はありません。
  • 名前
    (オプション)設定の名前を入力します。初期設定はタイトルをベースにしたノード名です。
  • 作成」を選択します。

翻訳設定ダイアログ

詳しい説明は、翻訳統合設定の作成を参照してください。

  • サイトタブ:デフォルトのままで構いません。
  • コミュニティタブ:
    • 翻訳プロバイダー
      ドロップダウンリストから翻訳プロバイダーを選択します。初期設定はトライアルサービスの microsoft です。
    • コンテンツのカテゴリ
      翻訳対象のコンテンツを説明するカテゴリを選択します。初期設定は一般です。
    • 一般的なストアのパスとして使用するロケールを選択
      (オプション)UGC を格納するためのロケールを選択すると、すべての言語コピーからの投稿が 1 つのグローバルな会話に表示されます。慣例により、Web サイトのベース言語のロケールを選択してください。「共通ストアなし」を選択すると、グローバル翻訳が無効になります。デフォルトでは、グローバル翻訳は無効です。
  • アセットタブ:デフォルトのままで構いません。
  • OK」を選択します。

アクティベート

新しい翻訳統合サービスは、パブリッシュ環境に対してアクティベートする必要があります。Web サイトに関連付けられると(まだアクティベートされていない場合)、関連付けられたページが公開されるときに、このクラウドサービス設定を公開するようアクティベーションワークフローから指示されます。

グローバル翻訳の体験

Geometrixx Media サイトを使用して、会話のグローバル翻訳を実際に試してみます。この簡易チュートリアルをおこなうには、オーサー環境とパブリッシュ環境の両方が実行中である必要があります。通常は、localhost:4502 のオーサー環境、localhost:4503 のパブリッシュ環境を使用します。

この簡易チュートリアルでは、「Geometrixx Media の Paladin Role-Playing Game」のトピックを使用します。

グローバル翻訳を試してみるために、サイト作成ウィザードを使用し、翻訳を許可する新しいサイトを作成します。例えば、AEM Communities 使用の手引きの簡易チュートリアルに従って、Geometrixx Engage サイトを作成します。「機械翻訳を許可」を選択することで、デフォルトの翻訳サービスがあらかじめサイトに関連付けられます。

オーサー環境のセットアップ

  1. サンプルの Geometrixx Media には、デフォルトの翻訳サービスが既に設定されています。最初の手順は、前述のようにして翻訳統合を作成することです。以下を除き、すべてデフォルトのままにします。

    • タイトル:Geometrixx Global Translation
    • 名前:geometrixx-global-translation
    • ロケール選択:en
  2. 翻訳設定「Geometrixx Global Translation」を新しいサイトに関連付けます。設定はサイトツリーの下方向に継承されるので、各ページは自身を検索した後にツリーをさかのぼり、最初に検出した設定を使用します。

    1. メインメニューに移動します。
    2. Site メニューを選択します。
    3. Geometrixx Media を見つけます。
    4. プロパティを表示」を選択します。
    5. クラウドサービス」タブを選択します。
    6. Microsoft Translator が Microsoft Translator Trial License であることを確認します。
      これはデモ用の翻訳サービスです。
    7. 翻訳統合が Default configuration - Geometrixx Samples であることを確認します。
      これはグローバル翻訳が有効になっていないデモ用の翻訳統合です。
    8. 編集」を選択します。
    9. Geometrixx Global Translation」を選択して、
      翻訳統合を新しい翻訳統合に変更します。
    10. 完了」を選択します。
  3. 言語コピーの作成の手順に従い、オーサー環境でフランス語とドイツ語のコピーを作成します。ただし、ここでは Geometrixx Outdoors ではなく Geometrixx Media を使用します。

    この 2 つのページでは、言語名をタイトルにし、ロケール識別子を名前にします。

    • フランス語の言語コピー
      • 名前:fr
      • タイトル:French
    • ドイツ語の言語コピー
      • 名前:de
      • タイトル:German

    ロケール識別子を新しいページの名前にすることで、そのページとすべての子ページのデフォルト言語がすぐにわかります。

  4. 子ページをコピーするには、http://<server>:<port>/siteadmin の Web サイトクラシック UI を使用します。

    Websites/Geometrixx Media/English を展開し、Community ページを English から French German の両方にコピーします。結果は以下のようになります。

  5. ツール/言語のコピーを選択し、言語が Community のサブツリーに適用されているかを再確認します。

  6. これでページを公開する準備が整いました。パブリッシュサーバーが実行中であることを確認してから、ルートページとその他の新しいページまたは編集したページをアクティベートします。

    1 つの方法は、Web サイトに関連付けられている以下の各ページに対して、ツールバーにある「アクティベート」を使用することです。

    • Geometrixx Media
      • フランス語
        • コミュニティ
          • Paladin Role-Playing Game
      • ドイツ語
        • コミュニティ
          • Paladin Role-Playing Game

    Geometrixx Media をアクティベートするとダイアログが表示されます。このダイアログで、Geometrixx Media に適用されているクラウドサービスの Geometrixx Global Translation および Microsoft Translator Trial License を公開できます。これらは公開する必要があるので、「アクティベート」をクリックします。

パブリッシュ環境でのエクスペリエンス

注意:

設定言語

投稿が設定言語と異なるかどうかを検出するために、サイト訪問者の設定言語を確定する必要があります。

設定言語とは、サイト訪問者がサインインして言語設定を指定したときに、ユーザープロファイルに登録される言語の設定です。

サイト訪問者が匿名の場合、または言語設定を自分のプロファイルに登録していない場合は、ページテンプレートのベース言語が設定言語になります。

このデモでは、Alison は設定言語をユーザープロファイルに登録していないので、設定言語は「en」のページでは英語に、「fr」のページではフランス語に、「de」のページではドイツ語になります。

Alison が自分の設定言語をフランス語として登録している場合は、フランス語話者に合わせてエクスペリエンスが調整されます。フランス語でない投稿の横にはすべて「翻訳」ボタンが表示され、「翻訳」ボタンを選択すると、英語のサイトの場合でも、UGC が英語ではなくフランス語に翻訳されます。

  1. パブリッシュサーバーで、まず http://<server>:<port>/content/geometrixx-media/en.html を参照し、Alison Parker のデモ用の資格情報でサインインします。

    • ユーザー名:aparker@geometrixx.info
    • パスワード:aparker

    続いて以下の 3 つのページを、同じブラウザー内のそれぞれ異なるタブで開きます。

    以降では、Alison として各国語を使用してみます。
  2. 英語のページを使用して討論を開始します。以下の 2 点に注意してください。

    • 討論全体とオプションを表示するには、「read more」をクリックします。
    • Translate」ボタンが表示されるのは、入力されたテキストがその言語コピーのルートロケール名で指定された言語(この例では enfr および de)とは異なる言語で書かれていると検知されたときのみです。

    英語のページに移動します。

    • Create Discussion」をクリックします。
    • タイトル:Hello World!
    • メッセージ:A truly global discussion.
    • Create Discussion」をクリックします。
    • read more」をクリックして投稿全体を表示します。
  3. フランス語のページに切り替えます。

    • ページを更新して新しい「Hello World!」の討論を表示します。
    • Translate」ボタンを選択し、最初の討論をフランス語で表示します。
    • Reply」を選択し、フランス語でコメントの入力を開始します。
      • c'est si bon!」と入力します。
    • Reply」を選択してコメントを追加します。
  4. ドイツ語のページに切り替えます。

    • ページを更新して「Hello World!」の討論を表示します。
    • Translate」ボタンを選択し、英語のトピックとフランス語の返信を表示します。
    • Reply」を選択し、ドイツ語でコメントの入力を開始します。
      • Sehr gut!」と入力します。
    • Reply」を選択してコメントを追加します。
  5. 英語のページに戻ってページを更新します。すると、翻訳されていなかった会話全体が以下のように翻訳されて表示されます。

翻訳設定の管理

ユーザーによる設定

ユーザープロファイル

どのコミュニティサイトにも、メンバー用のユーザープロファイルがあります。サインインしたメンバーはこのプロファイルを編集して、自分の情報をコミュニティに公開したり、自分用の設定を保存したりできます。

こうした設定の 1 つに、コミュニティコンテンツを常に指定の言語で表示するかどうかのオプションがあります。デフォルトでは、このオプションは設定されておらず、システム設定が使用されます。ユーザーはこのオプションをオンまたはオフに変更し、システム設定を上書きできます。

ページが自動的にユーザーの設定言語に翻訳される場合も、元のテキストを表示したり、翻訳を改善したりするための UI を使用できます。

コミュニティサイトの設定

コミュニティサイトを作成すると、翻訳オプションを有効化して設定できます。この翻訳設定は、匿名のサイト訪問者がコンテンツを表示するときに適用されますが、ユーザーのプロファイル設定で上書きされます。

システム設定

AEM Communities Translation Configuration Manager

UGC に関する翻訳サービスの動作は AEM インスタンスに対して設定でき、この設定をおこなうには、Web コンソールAEM Communities Translation Configuration Managerを使用します。

このグローバル設定は、翻訳の表示オプション、言語選択、キャッシュオプションおよびパフォーマンスに影響します。

Web コンソールの使用方法について詳しくは、OSGi の設定を参照してください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • Enabled Languages
    各言語にチェックを付けると、UGC がその言語に、またその言語から翻訳されます。この設定によって、コミュニティサイトのデフォルトの有効な言語セットが決まります。この有効言語の設定は、「機械翻訳を許可」をオンにした後、翻訳サブパネルを使用して新しいサイトで上書きできます。
  • Select Display Options
    • Show target translation side by side with source content
    • Replace source content with the target translation
  • Attribution
    オンにすると、翻訳サービスコネクターに対して設定されている、翻訳の帰属を表す文字列が表示されます。
  • 保持オプションを選択
    • ユーザーのリクエストにより貢献度を翻訳し、その後保持する
      選択すると、「翻訳」ボタンをオンにするか、またはタップしたときに翻訳サービスに接続します。翻訳はキャッシュ(リポジトリに保存)されます。また、更新間隔に従って更新されます。キャッシュから取得するだけで翻訳が再表示されるので、翻訳サービスへの接続は不要です。
    • 翻訳を保持しない
      選択すると、翻訳はキャッシュされません。翻訳を再表示するには、翻訳サービスに再度接続する必要があります。
    • 新しい貢献度を自動的に翻訳して、新しい翻訳を保持する
      選択すると、翻訳サービスが自動的に呼び出され、翻訳がキャッシュ(リポジトリに保存)されます。サイト訪問者が投稿の「翻訳」ボタンをクリックまたはタップすると、翻訳サービスに接続する代わりに、翻訳がキャッシュから読み込まれます。
    初期設定は「ユーザーのリクエストにより貢献度を翻訳し、その後保持する」です。
  • Set Machine Translation Refresh Interval
    翻訳をキャッシュ(リポジトリに保存)する月数を整数で指定します。このオプションは、翻訳サービスの機能が改良された場合に新しい翻訳を生成できるようにするためのもので、一定期間を経過した翻訳を期限切れにします。期限日は翻訳がキャッシュされた日から数えて X ヶ月後です。初期設定は 0 です(無効、翻訳の期限切れなし)。
  • Set Machine Translation Session Save Interval
    翻訳のバッチがリポジトリに保存されるまでの秒数です。値 0 を指定すると、一括書き込みが無効になります。デフォルト値は 2 秒です。
  • Set Machine Translation Save Queue Batching Limit
    Session Save Interval あたりの翻訳の数です。Session Save Interval が 0 の場合、この設定は無効になります。初期設定は 250 です。
  • Smart Rendering
    オンにすると、UGC が常にユーザーの設定した言語で表示されます。このプラットフォーム設定は、コミュニティサイト作成中に Web サイトに対して設定される「すべてを翻訳」に似ています。このプラットフォーム設定は、ユーザープロファイル設定で上書きできます。初期設定はオフです。

AEM Communities UGC Language Detector

UGC に関する言語検出サービスの動作を設定するには、Web コンソールAEM Communities UGC Language Detector を使用します。

言語検出サービスが適切に設定されていると、フォーラム訪問者が翻訳サービスを使用するためにソース言語情報を提供する必要がなくなります。特に設定しなくても、投稿のソース言語が自動的に検出され、サイト訪問者が表示しているページの言語設定に翻訳されます。

言語検出サービスの設定は、通常は編集不要です。ただし、開発者が翻訳機能を変更してカスタムまたはその他の SCF コンポーネント(フォーラム、コメントおよびレビュー以外)に拡張した場合は、新しいリソースタイプとプロパティを認識させるために、この設定を編集する必要があります。

Web コンソールの使用方法について詳しくは、OSGi の設定を参照してください。

  • event.topics.name
    言語検出を呼び出す必要のあるイベントの設定可能なリストです。デフォルトでは、新規リソースの追加と既存リソースの変更に対して設定されています。初期設定は com/adobe/cq/social/* です。
  • event.filter.name
    リッスンするイベントをリポジトリ内の特定の部分に限定します。初期設定は (path=/content/usergenerated/*) であり、すべての UGC が対象です。
  • Resource types and property to listen for
    言語検出サービスがリッスンする必要のある、スペースで区切ったリソースタイプとプロパティのセットです。初期設定は、SCF コンポーネントのコメント、フォーラムトピック、フォーラム投稿およびレビューに共通する、継承されたリソースタイプの social/commons/components/comments/comment と、コンテンツを含んでいるプロパティの jcr:description です。
  • Resource types and property to translate by default
    翻訳に含めるリソースタイプとプロパティを指定します。SCF コンポーネントのコメント、フォーラムトピック、フォーラム投稿およびレビューに共通するリソースタイプの social/commons/components/comments/comment と、プロパティの jcr:title および jcr:description です。
  • poolSize.name
    初期設定は 5 です。
  • maxPoolSize.name
    初期設定は 10 です。
  • queueSize.name
    初期設定は 50 です。
  • keepAliveTime.name
    初期設定は 1 です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー