現在表示中:

アダプティブフォームは AEM ページとしてモデル化され、AEM リポジトリで JCR コンテンツ構造で表示されます。コンテンツ構造のキー要素は guideContainer ノードです。guideContainer の下にある rootPanel にはネストされたパネルやフィールドが含まれる場合があります。

Scripting Object Model(SOM)を使用し、特定の Document Object Model(DOM)内の値、プロパティ、メソッドを参照できます。DOM はメモリのオブジェクトとプロパティをツリー階層で編成します。SOM 式はフィールド/描画の要素とパネルを参照します。

次の画像は、コンポーネントをフォームに追加する際、アダプティブフォームが変換するノード構造を示しています。例えば、パネルをルートパネルに追加し、実行時に DOM に変換されるパネルにラジオボタンを追加できます。アダプティブフォームのラジオボタンフィールドには、次のように SOM 式を指定します。guide[0].guide1[0].guideRootPanel[0].panel1[0].radiobutton[0].

DOM ツリー
DOM ツリー

アダプティブフォーム内のすべての要素の SOM 式には、guide[0].guide1[0] というプレフィックスが付けられます。ノード構造階層のコンポーネントの場所は SOM 式の派生に使用されます。

2 つのラジオボタンを持つ DOM ツリー
2 つのラジオボタンを持つ DOM ツリー

アダプティブフォームでラジオボタンの位置を変更すると、SOM 式が変更されます。オーサリングモードでは、「SOM 式を表示」オプションを使用して AEM Forms 内のフィールドや要素の SOM 式を表示できます。このオプションはフィールドや要素を右クリックするとパネル上に表示されます。 

アダプティブフォームでの SOM 式の抽出
アダプティブフォームでの SOM 式の抽出

パネル内では、この機能にパネルツールバーからアクセスできます。この機能はアダプティブフォーム作成者のスクリプティングを促進します。

パネルツールバーを使用した SOM 式の抽出
パネルツールバーを使用した SOM 式の抽出

GuideBridge に一覧表示されている API の一部は要素の SOM 式を使用します。例えば、アダプティブフォーム内の特定のフィールドにフォーカスを移動するには、対応する SOM 式を guideBridgegetFocus API に渡します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー