現在表示中:

Forms アプリケーションでフォームの同期が有効にされている場合、フォームをダウンロードしてアプリケーション内で直接作業することができます。 

フォームをアプリケーションにダウンロードして、オフラインで使用することができます。例えば、金融関係の会社を経営していて、顧客がサイト上で申込書を記入するとします。申込書はアダプティブフォームで、顧客からの情報を受け付け、レビュー用に保存します。管理者はフォームをレビューし、AEM オーサーインスタンスで検証フォームを作成します。管理者は AEM Forms アプリケーションによる同期を有効にします。検証フォームが AEM Forms アプリケーションで使用できる場合、フィールドエージェントは顧客の詳細の検証にモバイルデバイスを使用することができます。モバイルデバイスはサーバーと同期し、検証フォームがアプリケーションにロードされます。フィールドエージェントは顧客を訪問し、詳細を検証した上で、データをドラフトとして保存、または検証フォームとして提出します。アプリケーションがオンラインになるたびに、フォームはサーバーと同期されます。

AEM Forms アプリケーションでは、次のようにフォームを同期します。

  1. オーサーインスタンスでフォームを選択し、「プロパティの表示」をクリックします。
  2. プロパティページで、「詳細」をクリックします。
  3. 「詳細」で「AEM Forms アプリケーションと同期」オプションを有効にし、「保存」をタップします。

複数のフォームを同期するには、オーサーインスタンスで、フォームマネージャーから複数のフォームを選択して、「AEM Forms アプリケーションと同期」をタップします。フォームが発行されると、AEM Forms アプリはパブリッシュサーバーに接続してフォームを取得することができます。

注意:

以下のフォームがサポートされています。

  • アダプティブフォーム(遅延読み込みなし)
  • モバイルフォーム

フォームレベルの添付ファイルは、AEM Forms OSGi サーバーと同期している AEM Forms アプリケーションで取得されたアダプティブフォームではサポートされません。フォームの作成時に作成者がフィールドレベルの添付ファイルを許可している場合は、フィールドに対してファイルを添付することができます。

フォームを開いて更新するには

  1. フォームを開くには、ホーム画面に表示されているフォームをタップします。

  2. フォームのフィールドの更新、添付ファイルの追加、ドラフトとして保存、送信の操作を行うことができます。 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー