現在表示中:

この場合も、次のようなプロジェクト管理の基本ルールが適用されますが、ここでは説明しきれない様々な問題があります。

  • インストールと設定

    • AEM のインストールは、非常に単純です。開発時の設定管理は、設定が均一に安定していることを確認するためにおこないます。
  • コンテンツの生成および移行

    • この時点で、新しい AEM インストールへのコンテンツの追加を始める必要があります。新しいコンテンツを専門スタッフが入力したり、事前に定義されたファイルからコンテンツを読み込んだり、既存のシステムからコンテンツを移行したりします。
  • ユーザーへのトレーニング

    • ソフトローンチとハードローンチの間の期間(プロジェクトフェーズを参照)は、パブリッシュ環境でユーザーへのトレーニングをおこなうのに最適な機会です。
  • サポートスタッフへの知識移転

    • ユーザーへのトレーニングに加えて、知識移転のセッションを設けてサポートスタッフをトレーニングする必要があります。
    • 知識移転に十分な時間とリソースを計画し、サポートチームに引き継ぎます。長期間のサポートを保証し、結果としてユーザーの満足度を得るために、この作業は不可欠です。
  • パフォーマンスの調整と最適化

    • 既に説明したように、パフォーマンスはユーザーエクスペリエンス全体に影響するので、AEM のインストールでは常に重視されます。
    • ソフトローンチとハードローンチの間の期間に、パフォーマンスの監視および分析をおこない、できる限り調整し最適化する必要があります。監視および分析は、通常の CQ 使用時も引き続き実行する必要がありますが、この初期段階では最も重要です。
    • パフォーマンスのテストについて詳しくは、以下を参照してください。
  • 受け入れテストと承認

    • デプロイメントのある時点で、システムの機能とパフォーマンスが正式に受け入れられかを顧客に確認する場合があります。このとき、通常は特定のテストをおこないます。このテストはプロジェクトの最初に明確に定義し、合意を得ておく必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー