現在表示中:

プロジェクト全体を通してタスクを計画することをお勧めします。

  • 以下の各表は、AEM プロジェクト内で発生すると考えられるタスクを示しています。 
  • フェーズ(一部は複数の繰り返しに適用される場合がある)ごとに、メインアクションが示されています。これらの中で、考えられるタスクまたは考慮すべき問題(あるいはその両方)を検討してください。 
  • これらのリストはクイックリファレンスとして示されています。考えられるすべてのタスクを 100 %網羅しているわけではなく、たたき台として示されています。 
  • タスクのリストは、プロジェクトによって異なります。

(高度な)タスク定義にかかる時間と労力の最初の見積もりをおこなうことができます。この見積もりには、実行者(顧客またはパートナー)、実行内容および実行時間が含まれます。その後の詳細な計画で、使用可能なリソースや必要なリソースを、納期やコストに関連付けることができます。

注意:

一部のコメントフィールドには、タスク同士が直接関係している場合に労力の計算に適用できる比率の例が示されています。

例 - 概念と計画

アクション  詳細/考慮すべき問題/コメント 労力の見積もり
販売契約の詳細の確認 合意または議論されたすべての技術詳細を確認します。  
キックオフワークショップ    
プロジェクトの概念    
  企業理念が存在し、明確に定義されていることを確認します。  
  概念実証を技術的にレビューします。  
  使用する製品およびバージョン(サイト、アセット、コミュニティ、コマース)を確認します。  
  外部アプリケーションとの統合を定義します。  
  顧客にプロセス全体を(純粋な製品実装ではなく)プロジェクト実装として認識するように促します。  
アーキテクチャの概念(ハードウェア/ソフトウェア/システム設定)    
  必要なシステムの可用性  
  クラスター  
  障害復旧  
  中央データストレージ  
  データの分類およびアクセス要件  
  セキュアなサーバーランドスケープでの統合  
  ターゲットメトリック(訪問者、ヒット数、データボリュームなど)  
  LDAP フェイルオーバー  
  成長予測をカバーするバッファ  
  組織の責任  
  プラットフォーム/ブラウザー要件  
  コネクタ  
内部アーキテクチャのレビュー セカンドオピニオンとなります。知識転移の機会として使用します。  
実行可能性分析    
  必要に応じて顧客の要求に従い、実行可能性分析またはプロトタイプ(あるいはその両方)を実施できます。  
プロジェクトハンドブック(仕様付き)    
  プロジェクト関係者の役割(運営委員会、プロジェクトチーム、開発チーム、サポート担当者など)を明確に定義します。  
  プロジェクトで使用する特定のプロセスまたはツール(あるいはその両方)を定義します。例えば、顧客固有のプロセス、バグ/機能追跡ツールなどです。  
  顧客とプロジェクトチームの両方による正式な受け入れ承認が推奨されます。  
プロジェクト計画    
  顧客によるテストおよび評価を受けるために定期(中間)リリースをスケジュールします。  
  使用可能なリソースに基づいてタスクをスケジュールします。同時に実行できるタスク、タスク間の非依存性、リリソースの可用性、タスクを実際に実行するために必要な経験レベルを考慮します。  
  時間/労力を見積もります。これらは、プロジェクトの進行に応じて微調整できます。  
  ハードウェア要件  
  複数のデプロイメント(ソフトローンチおよびハードローンチ)を計画して、パフォーマンス監視とトレーニングに対応します。  
概念と計画の合計    

例 - 技術仕様とデザイン

アクション  詳細/考慮すべき問題/コメント 労力の見積もり
要件仕様の詳細    
  顧客が独自の要件をユースケースの形式で定義するのに役立ちます。  
  命名規則、構造規約、プログラミングガイドラインなど、使用する規則を定義します。  
  想定している除外を定義します。  
  著作権、ライセンス、および免責事項を示します。
 
  プロジェクトのあらゆる側面(この表に示すその他のタスクを含む)をカバーし、要求されている内容と実現予定の内容を明確にした要件および機能仕様を詳細に定義します。  
  このドキュメント/ドキュメントセットでは、顧客とプロジェクトチームの両方による正式な受け入れ承認が推奨されます。  
技術仕様とデザインの合計    

例 - 開発

アクション
詳細/考慮すべき問題/コメント 労力の見積もり
グローバル グローバルフレームワークと開発環境のセットアップ  
  デザインパラメーターと設定  
  構造準備(コンポーネントの場所、テンプレートなど)  
コンポーネント    
 

標準コンポーネント(テキスト、画像、列の制御、リスト、ダウンロードなど)すべての標準コンポーネントのリストについては、デフォルトコンポーネントを参照してください。

顧客固有のコンポーネント(連絡先段落、RSS フィード、e カード、ナビゲーションなど)

コンポーネントの要素ごとに概算で 2 ~ 4 時間を見積もると、すべての開発要件をカバーできます。これは初期見積もりにのみ使用できます。経験のある AEM 開発者が詳細な分析をおこなう必要があります。
テンプレート    
  ランディングページおよびメインコンテンツページタイプ用のテンプレート(平均で約 5)  
その他の標準機能    
  LDAP/Active Directory 接続/シングルサインオン  
  ポータル統合  
  閉じられたユーザーグループ  
  バックアップ/バージョン管理  
  HTML 統合  
  JavaDoc 文書化  
  通知  
  多言語機能  
  ワークフロー  
  リンクチェック  
  Web 統計  
  コンテンツインポーター(Word、XML など)  
  メディアライブラリ/アセット  
  Web アクセス要件(http://www.w3.org/WAI/ も参照)  
顧客固有の機能    
OSGi サービス    
移行ツール    
開発の小計    
開発者によるテスト/QA 開発 15 %  
開発中のフォローアップ/説明 開発 10 %  
文書化 開発 15 %  
JavaDoc 文書化 開発 10 %  
顧客開発チームのサポート    
開発の合計    

例 - テスト

アクション  詳細/考慮すべき問題/コメント 労力の見積もり
機能テスト(顧客)    
  テスト計画を文書化し、テストケース、各シナリオ、期待される結果、達成された結果を詳細にまとめる必要があります。  
パフォーマンスのテスト    
  テスト環境で初期パフォーマンステストを実行できます。デプロイ時にこれらを繰り返し、継続的な監視プロセスに統合する必要があります。  
バグ修正 開発 15 %  
テストの合計    

例 - コンテンツの生成および移行

アクション  詳細/考慮すべき問題/コメント 労力の見積もり
分析    
準備およびテスト    
デプロイ後のタスクを参照    
コンテンツ移行の合計    

例 - デプロイメント

アクション  詳細/考慮すべき問題/コメント 労力の見積もり
インストール - 開発環境    
インストール - 開発ツール    
インストール - テスト環境    
インストール - 実稼働環境    
インストール - Web サーバー/ディスパッチャー    
設定(初期監視付き)    
  システムパラメーター  
  ユーザー認証  
デプロイメントの合計    

例 - デプロイ後

アクション  詳細/考慮すべき問題/コメント 労力の見積もり
パフォーマンスチューニング    
  (基本)パフォーマンステスト、分析、およびチューニング  
コンテンツの入力/移行    
  コンテンツの自動読み込み(例:Word から AEM へ)  
  コンテンツの移行を参照してください。  
デプロイ後の合計    

例 - トレーニング

アクション  詳細/考慮すべき問題/コメント 労力の見積もり
トレーニング資料の準備 必要なすべてのグループ(作成者、管理者、サポートなど)向けです。  
ワークショップ 必要なすべてのグループ(作成者、管理者、サポートなど)向けです。  
トレーニングの合計    

例 - メンテナンス/サポート

アクション  詳細/考慮すべき問題/コメント 労力の見積もり
顧客運営への引き渡し 切り替えおよび継続時にトレーニング(デプロイ時の支援)を提供します。
 
顧客サポートチームへの引き渡し
切り替えおよび継続時にトレーニング(デプロイ時の支援)を提供します。
 
Adobe カスタマーサポートチームとの連携 ステータスに関する情報を常に提供します。必要に応じて、デイケアアカウントを作成します。
 
メンテナンス/サポートの合計
   

例 - 受け入れテストおよび承認

アクション  詳細/考慮すべき問題/コメント 労力の見積もり
受け入れテストケースを定義します(その内容に合意します)。    
  受け入れテストを実行するタイミング/頻度(定期、マイルストーンごと、プロジェクト終了時のみなど)を定義します。  
  個々のテストケースごとに、成功/失敗を決める要因を正確に定義します。  
受け入れテストの実行    
受け入れテストおよび承認の合計    

例 - プロジェクト管理

アクション  詳細/考慮すべき問題/コメント 労力の見積もり
販売契約の詳細の確認    
  必要:
  • 基本合意書
    または署名付きライセンス
    または署名付き作業指示書
  • 署名付き非公開契約
 
  確認:
  • 顧客の認識/ニーズ/期待事項/目標
  • プロジェクトスケジュール
  • パートナー関与の可能性
 
継続的なプロジェクト管理および統制    
  プロジェクトコストの 20 %  
  コミュニケーションと会議  
  定期的なプロジェクトレポートおよびステータスレポート  
  管理 - 時間と予算  
法的事項    
  すべての法的定義が明確に伝達され、各関係者に認知されるようにします。責任の問題から、身体的障碍を抱える訪問者のアクセス要件に至るまで、様々な事項を扱います。  
ライセンスの取得    
リスク管理    
変更管理    
メンテナンスモードへの引き渡し    
プロジェクト管理の合計    

例 - まとめ

個々のカテゴリの分析が完了したら、最終的な概要をまとめることができます。

アクション  詳細/考慮すべき問題/コメント 労力の見積もり
小計    
...顧客別のコストまたは割引...    
合計    
消費税    
合計    

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー