現在表示中:

プロジェクトのキックオフミーティングは、次の目的のための良い機会となります。

  • 関心のあるすべての関係者(または少なくともグループの代表者)の招待
  • プロジェクトに関する重要な情報の提示
  • 質問への回答
  • メンバー全員の知識ベースの合致
  • 関係するすべての人からのコミットメント(これは獲得する必要があります)

プロジェクトのキックオフ前

プロジェクトが公式に開始される前に、次のような基本的事項を定義して、それに対応する必要があります。

  • ビジネスの論理的根拠

    • プロジェクトを開始するには、次のような根本的理由と正当性が求められます。
      1. 明確に定義されている。
      2. 主要ビジネスプレーヤー全員の同意を得ている。 
    • 最重要プレーヤー(作成者になる見込みの人を含む)をプロジェクトの開始時点から参画させると、その人たちのプロジェクトに対する取り組みが真剣なものになる可能性が高まります。
  • 適用範囲とスケジュール

    • 要件と実施期間を定義するために、基本的な適用範囲と大まかなスケジュールを設定する必要があります。 
    • 状況を明らかにするために役立つ場合は、適用範囲外にある事項も必要に応じて定義します。
  • プロジェクトモデル
    • プロジェクト実施中に使用するモデルを選択する必要があります。
    • 多くの場合、選択するモデルは、固定的な予算、固定的な期間、コンテンツの量、必要な品質などの、運用の制約によって変わります。 
    • 経験水準に応じて、プロトタイプやパイロットプロジェクト、またはアジャイル開発サイクルを利用するとよいでしょう。
    • すべての場合に当てはまりますが、ある要因を調整すると別の要因が影響を受けます。例えば、期間を短縮し、かつ同じ品質水準を要求すると、価格が増加し、満足できるコンテンツの量は減少します。

    4 つの要因は次のとおりです。

    4 つの要件
  • 準備

    • プロジェクトを成功裏に提示(および実施)するには、十分に準備しておく必要があります。特に、次のような情報が重要です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー