現在表示中:

注意:

このドキュメントは、AEM Mobile 使用の手引きの一部で、AEM Mobile のリファレンスの出発点として最適です。

コンテンツを作成し、アプリケーションのテスト準備が完了したら、AEM Mobile と共に Adobe PhoneGap Build を使用することで、モバイルアプリケーションを迅速かつ容易に作成できます。

この設定は、通常は AEM 管理者がおこないます。Adobe PhoneGap Build(AEM クラウドサービス設定)への接続を設定したり、AEM Mobile アプリケーションコンソールPhoneGap Build タイルを通じてアプリケーションをビルドする必要があるためです。このタイルでは、Adobe PhoneGap Build サービスを使用して、Mobile アプリケーションのビルドや配信(アプリケーションの署名と配信も含む)をおこなうことができます。アプリケーションの詳細タイル内で定義されているすべてのサポート対象プラットフォームがビルドされます。

注意:AEM 管理者はリモートビルドを https://build.phonegap.com に公開できますが、AEM 開発者はソースを直接ダウンロードして、PhoneGap CLI でローカルにビルドし、迅速に開発をおこなうことができます。

最後に、AEM 管理者は、新たにビルドしたアプリケーションを Apple、Google および Windows のオンラインマーケットプレイスに提出できます。

AEM 開発者は、PhoneGap コマンドラインツールを使用して、アプリケーションをローカルに作成できます。これは、実践的なデバイステストに役立ちます。

 

PhoneGap Build タイル
AEM Mobile アプリケーションコンソールの PhoneGap Build タイル

 

管理者向け

PhoneGap Build クラウドサービスを設定する

Adobe PhoneGap Build を利用するには、PhoneGap Build アカウント情報を使用して AEM PhoneGap Build クラウドサービスを設定する必要があります。

現在アカウントがない場合は、https://build.phonegap.com に移動して登録してください。Adobe Creative Cloud メンバーシップを持っている場合は、最大 25 個のプライベートアプリケーション(非オープンソースのアプリケーション)に対してサポートを受けることができます。始めに、下図のようにクラウドサービスを管理タイルから「+」を選択します。

 

 

次に、サービスを追加ウィザードから PhoneGap Build サービスを選択します。

 

 

PhoneGap Build アカウント情報を入力します。接続が有効なことを確認してから送信します。

 

 

送信すると、アプリケーションダッシュボード(コンソール)に戻ります。Adobe PhoneGap Build タイルが更新され、新しいクラウドサービス接続を認識するようになったことに注目してください。

 

 

 

PhoneGap Build でのアプリケーションのビルド

PhoneGap Build タイルおよびサービスを設定したら、Adobe PhoneGap Build でリモートビルドを呼び出すことができます。

Adobe PhoneGap Build タイルから、「リモートビルド」をクリックします(下図を参照)。

何らかの理由でビルドが失敗した場合は(下の赤い iOS アイコンはプラットフォームの障害を示しています)、アイコンにマウスポインターを合わせると、エラーメッセージが表示されます。または、タイルの下部にある 3 つのドット「...」(省略記号)をクリックして、https://build.phonegap.com に直接移動し(認証が必要です)、ビルドを直接監視および管理できます。

 

リモートビルド
AEM Mobile アプリケーションコンソールの PhoneGap Build タイル

アプリケーションのリリース

Adobe PhoneGap Build でビルドした AEM アプリケーションをリリースするには、Apple、Google、Windows など各種マーケットプレイスのガイドラインやポリシーに従って提出するために、様々なプロセスを経る必要があります。

PhoneGap ワークショップでは、ストアごとに必要なステップについて概説しています

 

開発者向け - PhoneGap CLI でのアプリケーションのビルド

Adobe PhoneGap には、アプリケーションをローカルでビルドするためのコマンドラインインターフェイスが用意されています。これはデバイス上でのテストに役立ちます。

Adobe PhoneGap コマンドラインインターフェイス(CLI)を使用して、コンピューター上で Adobe PhoneGap アプリケーションをコンパイルします。AEM コンテンツをアプリケーションに含めるには、モバイルアプリケーションのコンテンツ、ContentSync 設定およびその他の必要なアセットを含む ZIP ファイルを作成します。ZIP ファイルをダウンロードし、展開し、PhoneGap CLI を使用してローカルにビルドします。

PhoneGap のコマンドラインインターフェイスを利用するには、ローカル環境に次のものをセットアップする必要があります。

  1. プラットフォーム SDK(iOS、Android、WindowsPhone、...)および
  2. PhoneGap CLI
 
前提条件となる上記のものをインストールしたら、簡単なアプリケーションを作成し、シミュレーターまたはできればデバイス上で実行して、環境を検証します。端末から、次のコマンドを入力します。
  1. phonegap create myApp
  2. cd myApp
  3. phonegap run ios(または android など)
(注意:接続しているデバイス上で実行しない場合は、この行の末尾に --emulate を追加してください。)
 
上記のコマンドが機能したことを確認したら、PhoneGap Build タイルを使用して「CLI をダウンロード」します。ファイルを保存して、ローカルシステム上に解凍します。完了したら、あとは保存したファイル(フォルダー)に移動し、「phonegap run ios」などのコマンドを実行するだけです。
 

次の手順

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー