現在表示中:

コマンドセンターの PhoneGap Build タイルでは、Adobe PhoneGap Build サービスを利用して PhoneGap モバイルアプリケーションをビルドして配布できます。

PhoneGap Build タイルでリモートビルドをプッシュすると、アプリケーション詳細タイル内に定義されたすべてのサポート対象プラットフォームが PhoneGap Build でビルドされます。

リモートビルドを https://build.phonegap.com にプッシュしたり、ソースをダウンロードして PhoneGap CLI でローカルにビルドしたりできます。

 

PhoneGap Build タイル
AEM コマンドセンター PhoneGap Build タイル

クラウドサービスの設定

PhoneGap Build を利用するには、PhoneGap Build アカウント情報を使用して AEM PhoneGap Build クラウドサービスを設定する必要があります。

現在アカウントがない場合は、https://build.phonegap.com に移動してサインアップしてください。Adobe Creative Cloud メンバーシップを持っている場合は、最大 25 個のプライベートアプリ(非オープンソースのアプリ)に対してサポートを受けることができます。

PhoneGap Build アカウントがアクティブであることを確認したら、AEM Cloud Management コンソール、具体的には PhoneGap Build クラウドサービス(http://localhost:4502/etc/cloudservices/phonegap-build.html)に移動します。PhoneGap Build タイルでは、山形括弧をクリックして「設定」を選択することで、この URL に直接すばやく移動できます。ここから、レンチのボタン(下の画像を参照)をクリックします。

PhoneGap Build タイルで「設定」オプションを選択
PhoneGap Build タイルで「設定」オプションを選択

PhoneGap Build タイルから、「設定」オプションを選択します。

PhoneGap Build を設定モーダルウィンドウ(下のスクリーンショット)で、「PhoneGap Build 設定を選択」ドロップダウンリストをクリックします。使用しようとしている設定が使用できない場合には、「PhoneGap Build 設定を管理」ボタンをクリックして、PhoneGap Build クラウドサービス設定に移動し、新しいサービスを作成します。

PhoneGap Build を設定
PhoneGap Build を設定モーダルウィンドウ

PhoneGap Build クラウドサービス(下のスクリーンショット)から、+ アイコンをクリックして、PhoneGap Build サービスの新しいクラウドサービスを設定します。

設定を作成ダイアログ内から、設定にタイトルを付け(例:下の Geometrixx Corporation)、「作成」ボタンをクリックします。

画面の指示に従って、build.phonegap.com アカウント情報を入力します。

最後に、AEM コマンドセンターに戻り、先ほど作成して現在「PhoneGap Build 設定を選択」ドロップダウンリスト(上のスクリーンショット)に表示されている PhoneGap Build 設定を選択します。「更新」ボタンをクリックし、ビルドタイルクラウドサービスの設定を完了します。

PhoneGap Build クラウドサービス
PhoneGap Build クラウドサービス

PhoneGap Build でのアプリケーションのビルド

PhoneGap Build タイルおよびサービスを設定したら、Adobe PhoneGap Build でリモートビルドを呼び出すことができます。

PhoneGap Build タイルから、「リモートビルド」をクリックします(下図を参照)。

何らかの理由でビルドが失敗した場合は(下の赤い iOS アイコンはプラットフォームの障害を示しています)、アイコンにマウスポインターを合わせると、エラーメッセージが表示されます。または、タイルの下部にある 3 つのドット「...」(省略記号)をクリックして、https://build.phonegap.com に直接移動し(認証が必要です)、ビルドを直接監視および管理できます。

リモートビルド
AEM コマンドセンター PhoneGap Build リモート

PhoneGap CLI によるアプリケーションのビルド

PhoneGap では、コマンドラインインターフェイスを使用して、アプリケーションをローカルにビルドできます。

PhoneGap コマンドラインインターフェイス(CLI)を使用して、コンピューター上で PhoneGap アプリケーションをコンパイルします。AEM コンテンツをアプリケーションに含めるには、モバイルアプリケーションのコンテンツ、コンテンツ同期設定およびその他の必要なアセットを含む ZIP ファイルを作成します。ZIP ファイルをダウンロードしてビルドに含めます。

PhoneGap のコマンドラインインターフェイスを利用するには、ローカル環境に次のものをセットアップする必要があります。

  1. プラットフォーム SDK(iOS、Android、WindowsPhone、...)および
  2. PhoneGap CLI
詳しくは、こちらをお読みください。
 
前提条件となる上記のものをインストールしたら、簡単なアプリを作成し、シミュレーターまたはできればデバイス上で実行して簡単なテストを実施し、ターミナルから次を試します。
  1. phonegap create myApp
  2. cd myApp
  3. phonegap run ios(または android など)
(注意:接続しているデバイス上で実行しない場合は、この行の末尾に --emulate を追加してください。)
 
上記のコマンドが機能したことを確認したら、PhoneGap Build タイルを使用して「CLI をダウンロード」します。ファイルを保存して、ローカルシステム上に解凍します。完了したら、あとは保存したファイル(フォルダー)に移動し、「phonegap run ios」などのコマンドを実行するだけです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー