現在表示中:

HTML5 および PhoneGap を使用してモバイルアプリケーションをビルドしたら、コマンドセンター内でそのアプリケーションを管理できます。もちろん、コマンドセンターでは Cordova WebView を使用してネイティブアプリ向けの HTML5 コンテンツも管理できます(PhoneGap プラグインを利用すれば、ネイティブの機能にアクセスできます)。

AEM アプリコントロールセンターでは、モバイルアプリケーションをビルドしてデプロイし、モバイルアプリケーションを公開する前にアプリケーションメタデータを作成および編集できます。また、アプリケーションストアへの提出プロセスをやり直すことなく、最新の関連するコンテンツを共同で管理して頻繁に公開できます。さらに、アプリケーションのライフサイクルおよび使用状況の指標を分析して、顧客コンバージョンおよびブランドロイヤルティを高めることができます。 

AEM Mobile アプリケーションをビルドするには、モバイルアプリケーションのビルドページを参照してください。

環境を設定し、コントロールセンターを開始するには:

  1. ユーザーとグループを設定します。
  2. リファラーフィルターを「空の値を許可」に設定します。
  3. Adobe PhoneGap Build クラウドサービスを設定します。
  4. Adobe Analytics クラウドサービスを設定します。

モバイルアプリリストコンソール

モバイルアプリリストコンソールには、AEM で管理されているモバイルアプリがすべて表示されます。

AEM Mobile アプリカタログ
AEM モバイルアプリケーションリストコンソール。

コマンドセンターコンソール

AEM Mobile アプリコントロールセンターでは、アプリケーションを管理したり、統計を表示したり、モバイルアプリコンテンツをビルド、デプロイおよび管理したりできます。

コントロールセンターの各タイルの右下隅にある「...」をクリックして、詳細を表示または編集できます。

AEM Mobile アプリケーションのコマンドセンター
AEM Mobile アプリケーションのコマンドセンター

アプリを管理タイル

アプリを管理タイルには、アプリケーションのアイコン、名前、説明、サポートされているプラットフォーム、更新用コールホーム URL およびバージョン情報が表示されます。このタイルで、PhoneGap アプリケーション設定(config.xml)を編集および保守したり、配信のためにさまざまなアプリケーションストアに提出するアプリを準備したりできます。

詳しくは、ここをクリックしてください。

コンテンツタイル

AEM Sites とほぼ同様に、AEM アプリでコンテンツを作成、更新および削除できます。コンテンツタイルには、管理されているコンテンツのページ数と最終更新日が表示されます。タイルの各レコードをクリックすることによって、コンテンツにドリルダウンしてページを作成、コピー、移動、削除および更新できます。コンテンツを更新したら、コンテンツ同期タイルを使用して、コンテンツの更新をお客様にプッシュできます。

コンテンツタイル
AEM Mobile コマンドセンターコンテンツ管理タイル

コンテンツ同期パッケージタイル

コンテンツタイルでコンテンツを追加または変更したら、ContentSync 更新を使用して、変更をお客様にプッシュできます。

AEM アプリの作成者は、ContentSync を使用して AEM でページコンテンツを管理し、開発チームに PhoneGap シェルアプリケーション(アプリのフレームワークまたはインフラストラクチャ)を変更してもらい、その変更をお客様に迅速にプッシュできます。配信のためにさまざまなストアに再提出するよう、開発者に協力を求める必要はありません。

ContentSync は、更新ごとに ContentSync パッケージとみなされる ZIP ファイルを作成します。このパッケージには、HTML リソースと、アプリのレンダリング時に生成される HTML ページが含まれ、最終更新以降に変更されたファイルのみがインテリジェントにパッケージ化されています。

コンテンツ同期タイルの「タイプ」列には、開発者が管理するアプリのフレームワークまたはインフラストラクチャなど、アプリケーションシェルのコンテンツを表す「アプリ」またはコンテンツ作成者が管理するページコンテンツを表す「コンテンツ」が表示されます。

コンテンツは言語として、または複数の ContentSync パッケージを使用するアプリの特定の部分として表すことができます。コンテンツのバンドル方法の選択肢は柔軟で、アプリケーションのコンテンツの管理方法に完全に合致するようにデザインされています。

ステータス」列には、いつコンテンツの変更が保留され、新しいコンテンツ更新が必要かが表示されます。

変更済み」列には、ページの最終変更日が示されます。

ステージング済み」列には、最新のコンテンツ更新がいつ作成されたかが示されます。新しいコンテンツ更新を作成して変更をステージングするには、タイル内の任意のレコードを開いて、新しい更新を作成します。

発行済み」列には、いつ最新のコンテンツ更新が公開され、お客様が使用できるようになったかが示されます。コンテンツを公開するには、まずそのコンテンツをステージングしてから、このタイルにドリルダウンして ContentSync の詳細コンソールから公開することによって、更新を公開する必要があります。

 

コンテンツ同期タイル
AEM Mobile コマンドセンターコンテンツ同期タイル

 

 

アプリシェルの ContentSync パッケージ
このアイコンは、アプリシェルの ContentSync パッケージを表します。
これらのアイコンは、アプリコンテンツの ContentSync パッケージを表します。

ビルドタイル

PhoneGap Build タイルは、http://build.phonegap.com に接続して、リモートビルドを作成およびホスティングします。作成されたビルドは、ダウンロードとして、または QR コードを使用してデバイスで直接使用可能になります。

または、デバイスソースをダウンロードし、PhoneGap CLI を使用してローカルにビルドできます。

詳しくは、ここをクリックしてください。

PhoneGap Build タイル
AEM Mobile コマンドセンター PhoneGap Build タイル

指標タイル

AEM アプリは、Adobe Mobile Services SDK(AMS)を使用して Adobe Analytics と統合されます。

コントロールセンターの指標タイルには、AMS から取得したアプリケーションの分析概要が表示されます。右下にある「...」をクリックして、分析ダッシュボードの詳細を表示できます。

詳しくは、ここをクリックしてください。

 

指標タイル
AEM Mobile コマンドセンターの指標タイル

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー