現在表示中:

注意:

このドキュメントは、AEM Mobile 使用の手引きの一部で、AEM Mobile のリファレンスの出発点として最適です。

新しい AEM Mobile アプリエクスペリエンスを開始し、コンテンツを編集できるようになるまでには、複数の役割を持つメンバーが一体となって作業することが必要です。 

通常は、AEM 管理者が作成ウィザードを使用して新しいアプリを作成するか、既存のアプリケーションを読み込むことによって、AEM Mobile カタログに新しいアプリケーションを追加します。

この後、AEM 作成者(またはマーケティング担当者)が、初期設定済みのテンプレートおよびコンポーネントを使用して、ページの追加や編集、コンポーネントのドラッグ&ドロップ、画像、ビデオ、テキストフラグメント(コンテンツフラグメント)といった DAM のあらゆるタイプのメディアの追加を行うことができるようになります。ただし、AEM Mobile の真価は、魅力的で美しいモバイルエクスペリエンスを AEM 作成者が生成できるように、経験豊富な AEM 開発者がカスタム Web テンプレートおよびコンポーネントを拡張したり、作成したりできる点にあります。 これらのテンプレートとコンポーネントは、モバイルアプリ向けに最適化されているだけでなく、デバイスと AEM サーバー(任意のリモートサーバー)の両方と通信します。Web テクノロジーを使用して、オフラインかオンラインを問わずに実行可能なモバイルアプリを AEM Mobile で作成できます。実際、お客様の多くは、オンライン状態かオフライン状態かを確認し、それに応じて動作するアプリを作成しています。

AEM 開発者の役割は、テンプレートとコンポーネントの開発から始まり、それで終了するわけではありません。AEM 開発者は、初期設定済みの参照実装サンプルを単に拡張するのではなく、まったく新しいアプリを作成できます。github(github.com/adobe-marketing-cloud-apps)に用意したいくつかの参照を使用すると、簡単に開始することができます(詳しくは、後述の開発者用のパスを選択してください)。

AEM Mobile の作成ウィザードを使用して新しいアプリを作成する AEM 管理者は、通常、初期設定済みの参照サンプルから目的のアプリテンプレートのいずれかを選択するか、(ほとんどの場合)AEM 開発者が作成したカスタムアプリテンプレートを選択します。

その後、AEM 作成者が AEM の組み込みのコンテンツエディターを使用して、Adobe Marketing Cloud のその他のコンポーネントとの統合を含め、アプリ内でのリッチで関連性の高いエクスペリエンスを生成します。

アプリの準備が整ったら、AEM 作成者は、まず、レビューおよび承認用に、Adobe Verify(AppStore でも Play Store でも入手可能)で関係者にアプリをダウンロードしてもらうことができます。承認を得たら、AEM Mobile ContentSync コンテンツリリース管理ダッシュボードを使用して、新しいコンテンツまたは更新されたコンテンツをユーザーに直接リリースできます。

ただし、AEM では、各自の判断とガバナンスポリシーに応じて、1 人のユーザーが任意の数の役割を担うことができます。

前提条件

AEM Mobile は、完全な AEM プラットフォームを構成する 1 つの柱に過ぎません。 

AEM Mobile を操作して、この使用の手引きに記載された手順を実行する前に、ユーザーは AEM および AEM Mobile コントロールセンターについて十分に理解しておく必要があります。次のページを参照してください。

AEM 使用の手引き

AEM Mobile コントロールセンターの段階的説明

 

開発者向け

Adobe Experience Manager を初めて使用する開発者は、コンポーネントとテンプレートのシステムをよく理解することが不可欠です。

AEM のテンプレートとコンポーネントをそのまま使用することも、開発者が既存のコンポーネントを拡張したり、新たに作成したりすることもできます。AEM 作成者は、テンプレートとコンポーネントをドラッグ&ドロップして、魅力的で美しいエクスペリエンスを生成できます。 

  1. コンポーネントの作成
  2. テンプレートの作成

以上の 2 つの手順を確実に理解したら、次の各ページを参照してください。

  1. AEM Mobile アプリの構造
  2. AEM Mobile アプリの詳細な構造
  3. 既存のアプリの AEM Mobile 対応

いくつかのサンプルアプリケーションにすべてがまとめられています。

これらのサンプルアプリケーションはそのままで AEM Mobile と統合され、開発者によるカスタマイズが可能です(ヒント:開発者が例から学ぶ際の出発点としても有効です)。

  • AEM PhoneGap Starter Kit を使用して、AEM Mobile カタログに適したアプリを作成します。
  • 既存の PhoneGap アプリを AEM および有効なアプリ構造に移行できるように、AEM Mobile のすべての新機能を示すサンプルアプリが作成されています。
  • サンプルはすべて github(https://github.com/Adobe-Marketing-Cloud-Apps)で見つけることができます。これらのサンプルには、Maven を使用したプロジェクトのブートストラップが含まれています。

管理者向け

次の手順

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー