現在表示中:

プリフライトによるプレビュー

AEM Mobile プリフライトアプリでは、アクセス権を持つすべてのプロジェクトを表示できます。プロジェクトを選択すると、参照ページや記事などのアプリコンテンツをプレビューして、アプリがさまざまなデバイスでどのような外観になり、どのように動作するかを確認することができます。AEM ユーザーにとっては、プリフライトアプリは本質的に PhoneGap Enterprise ビューアに似ています。

  1. こちらの説明に従ってオンデマンドクライアントおよびクラウドを設定済みであることを確認します。
  2. サイドレールから「アプリ」を選択します。
  3. カタログから AEM Mobile アプリを選択します。
  4. 記事を管理(またはバナー/コレクション)タイルから省略記号(...)をクリックします。
  5. アクションバーから「プリフライト」を選択します。
  6. ダイアログから「プリフライトをアクティベート」をクリックします。
  7. AEM Mobile プリフライトアプリでアプリをプレビューする準備ができました。

共有リソースのアップロード

通常、記事などのコンテンツは、作成者およびアプリを問わず常に同じ外観と操作性である必要があります。したがって、スクリプト、CSS およびフォントをすべての作成者およびアプリに対して利用可能にすることが必要です。このように運用すると、こうした共有リソースが AEM Mobile On-Demand に送信されるので、後で必要に応じて利用できます。

  1. サイドレールから「アプリ」を選択します。
  2. カタログから AEM Mobile On-Demand アプリを選択します。
  3. 記事を管理(またはバナー/コレクション)タイルから省略記号(...)をクリックします。
  4. アクションバーから「共有リソースをアップロード」を選択します。
  5. ダイアログでアクションを確定します。
  6. アプリの共有リソース(CSS、JS、フォント、デザインなど)が AEM Mobile On-Demand にアップロードされます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー