現在表示中:

AEM Mobile を選ぶ理由

Adobe Experience Manager はマルチチャネルのデジタルプラットフォームで、モバイルアプリケーションのオーサリングと公開を可能にする堅牢な What-You-See-Is-What-You-Get(WYSIWYG、見たままが得られる)プラットフォームを提供します。開発者は Adobe Experience Manager Mobile を使用して、デバイスのセンサー、ファイルシステム、サードパーティのプラグインとサービスを最大限に活用し、作成者がカスタマイズ可能な美しいモバイルエクスペリエンスを構築できるようにします。  

作成者は Adobe Experience Manager Mobile を使用することで、Adobe Target との ClientContext の統合、マルチサイト管理と ContentSync を通じてインターナショナライゼーションおよびローカライズされたコンテンツの作成と公開、単一のビューまたはサービスエンドポイント上の個々のウィジェットに対する oAuth2 と基本認証に堅牢なアクセスコントロール(ACL)を備えた SDK の活用、指定のアプリケーションページへのディープリンクによる機能豊富なプッシュ通知の作成、AEM Verify(AppStore)を活用したレビューとテスト、AEM Commerce との統合、600 を超える Apache Cordova プラグインとの統合など、AEM Mobile のあらゆる部分を活用して、カスタマイズ可能なエクスペリエンスをすばやく簡単に作成できます。

AEM Mobile では、アプリケーションに合わせて最適なテクノロジーを選び、ネイティブアプリケーションと Web アプリケーションのどちらにも対応した最高のエクスペリエンスを実現します。

アプリを集中管理する

数年前、Web サイトの管理に苦慮していた企業は今日、モバイルアプリで同様の問題に直面しています。

当時、単一のプラットフォームですべての Web コンテンツを管理するソフトウェアがなかったので、各部門や部署、グローバルオフィスでそれぞれ独自の Web サイトを構築していました。このため、維持管理にコストがかかるうえ品質も低く、正規のレビューや承認のプロセスを経ていませんでした。この問題は今日のアプリにも該当します。Adobe Experience Manager(AEM)Mobile には、新しいアプリを構築し、既存のアプリの機能を拡張できる統合されたプラットフォームが用意されています。

アプリを構築して機能を拡張する

Adobe Experience Manager Mobile を使用すると、iOS、Android、Windows 用のアプリを簡単に作成できます。マーケティング担当者は直観的なツールとフレームワークを活用して、美しい画面や細部まで行き届いたナビゲーション構造を簡単に作成できます。これにより、市場投入までの時間が短縮され、更新がワイヤレスで安全かつ頻繁に行われるようになり、非効率なワークフローが 50~70%削減されます。

また、Adobe Experience Manager Mobile では Apache Cordova を使用して既存のネイティブモバイルアプリに現状に合わせた機能を簡単に組み込むことができます。この開発リソースにより、企業のマーケティング担当者は、既存のアプリケーションのコンテンツの更新、スタイルの管理、ビューの追加と削除、レイアウトやナビゲーションの変更を行うことで、デバイスセンサーやローカルストレージへのアクセス、リモートサービスの安全な呼び出しを可能にするほか、私たちの生活に不可欠なアプリを構成するあらゆるモバイル機能を簡単に構築できます。 

Mobile のコンテンツを活用する

永遠の課題と言えますが、ブランドや企業は複数ある下流のデジタルチャネルに対して自社の資産を効率的に活用する方法を探し出すことに苦慮しています。Adobe Experience Manager Mobile モバイルはアプリをマルチチャネルコンテンツのエクスペリエンスにおいて最も重要であると位置付けており、マーケティング担当マネージャーやクリエイターがテンプレートベースのオーサリングを通じてアプリに既存のコンテンツを組み込むことができます。自社のアプリに他のソース(他の CMS システム、製品データベース、ERP システムや CRM システムなどの他のコンテンツソース)からのコンテンツを組み込むために、アドビでは柔軟なオープン API を用意しています。

作成、計測して最適化する

最も重要なマーケティングサービスをモバイルアプリに組み込むには、ポイントソリューションと統合し、それらのソリューションの API や SDK をアプリで長期にわたって維持管理する必要があります。分析、ターゲティング、通知などを担うソリューションを複数のプロバイダーと契約することは、複雑さや時間、コストの増加につながるだけです。

Adobe Experience Manager Mobile には Adobe Marketing Cloud の最も重要なマーケティングサービスが付属しているため、複数ベンダーとの契約は不要であり、統合ポイントや保守の継続についても心配する必要はありません。例えば、お客様はアカウントの初回ログイン後すぐに Adobe Analytics を使い始めることができるのに加えて、数か月以内に他の Marketing Cloud のサービスが実装されます。

Adobe Experience Manager Mobile は Adobe Mobile Analytics と統合することで強力かつ実用的なフィードバックが得られます。これにより、マーケティング担当者は高い顧客ロイヤリティと顧客コンバージョンを作成、計測して最適化を図り、企業とお客様に最新かつ関連性の高いコンテンツを届けることができます。

準備ができた方は…

1.AEM アプリを使ってみる

新しいアプリを開始または既存のアプリで AEM を活用する方法について説明します。

2.アプリのコンテンツを管理する

新しいエクスペリエンスをすぐに作成してお客様に提供する方法について説明します。

3.アプリを公開する

アプリをあらゆるデバイスですぐに使用できるようにする方法について説明します。

4.アプリのパフォーマンスを計測する

分析を通じてアプリの評価を簡単に計測する方法について説明します。

5.アプリのエクスペリエンスをカスタマイズする

ターゲットを設定しお客様に興味を持ってもらえるコンテンツを提供する方法について説明します。

6.ユーザーに重要な通知を送信する

プッシュ通知を送信するスケジュールを設定し、すべてのデバイスに送信する方法について説明します。

まだ準備ができていない方は

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー