現在表示中:

リリース情報

製品 Adobe Experience Manager
バージョン 6.2
タイプ メジャーリリース
正式版の日付 2016 年 4 月 21 日
推奨されるアップデート なし

参考情報

このバージョンの Adobe Experience Manager のリリースサイクルは 2015 年 5 月 21 日に開始され、21 回の品質保証とバグ修正を繰り返し、2016 年 4 月 6 日に終了しました。このリリースで修正された、機能強化と新機能を含む顧客関連の問題の総数は 972 件です。

Adobe Experience Manager 6.2 は、2016 年 4 月 21 日より正式版として提供されています。

新機能

Adobe Experience Manager 6.2 は、Adobe Experience Manager 6.1 コードベースのアップグレードリリースです。新機能および強化機能、顧客向けの重要な修正、顧客向けの優先順位の高い機能強化、製品の安定性向上のための全般的なバグ修正が加えられています。また、すべての Adobe Experience Manager 6.1 機能パック、ホットフィックスおよびサービスパックリリースが含まれています。

以下のリストはその概要です。詳細については後のページを参照してください。

Experience Manager のプラットフォーム

Adobe Experience Manager 6.2 のプラットフォームは、更新バージョンの OSGi ベースのフレームワーク(Apache Sling および Apache Felix)とJava コンテンツリポジトリ:Apache Jackrabbit Oak 1.4.1 を基盤として構築されています。

Quickstart は、サーブレットエンジンとして Eclipse Jetty 9.2.14 を使用します。

セキュリティ

セキュリティ機能:

  • パスワード履歴のサポートを追加
  • 認証トークンの有効期限を設定可能
  • 継続的な取り組み:製品の様々な領域における、Sling loginAdministrative API の使用からサービスユーザーへの切り替え

製品エンジニアリングの SPLC(Secure Product Life Cycle)

  • すべてのテクニカルスタッフに高度なセキュリティトレーニングを実施
  • すべての新機能のセキュリティの質問を確認および承認済み
  • 改善された新しい静的コード解析
  • 数種類の外部の浸透テスト(BugCrowd など)
機能
- パスワード履歴
- トークンの有効期限を設定可能
 
SPLC(Secure Product Life Cycle)
- すべてのテクニカルスタッフに高度なセキュリティトレーニングを実施
- すべての機能に関するセキュリティの質問を確認および承認済み
- 改善された新しい静的コード解析
- 数種類の外部の浸透テスト(BugCrowd など)
機能
- パスワード履歴
- トークンの有効期限を設定可能
 
SPLC(Secure Product Life Cycle)
- すべてのテクニカルスタッフに高度なセキュリティトレーニングを実施
- すべての機能に関するセキュリティの質問を確認および承認済み
- 改善された新しい静的コード解析
- 数種類の外部の浸透テスト(BugCrowd など)
機能
- パスワード履歴
- トークンの有効期限を設定可能
 
SPLC(Secure Product Life Cycle)
- すべてのテクニカルスタッフに高度なセキュリティトレーニングを実施
- すべての機能に関するセキュリティの質問を確認および承認済み
- 改善された新しい静的コード解析
- 数種類の外部の浸透テスト(BugCrowd など)
機能
- パスワード履歴
- トークンの有効期限を設定可能
 
SPLC(Secure Product Life Cycle)
- すべてのテクニカルスタッフに高度なセキュリティトレーニングを実施
- すべての機能に関するセキュリティの質問を確認および承認済み
- 改善された新しい静的コード解析
- 数種類の外部の浸透テスト(BugCrowd など)

リポジトリ

リポジトリの主な機能強化は以下のとおりです。

  • MongoDB Enterprise 3.2 のサポート
  • TarMK のコールドスタンバイを、高可用性実現のための手続き型フェールオーバーをサポートするように強化
  • ファセット検索、推奨、スペルチェッカーなどの Oak 検索の強化
  • パフォーマンス、スケーラビリティ、回復性全般
  • リビジョンのクリーンアップのサポート:

ユーザーインターフェイス

AEM 6.2 は、2016 Adobe Marketing Cloud UI デザイン(Shell 3 とも呼ばれます)を採用しています。また、このユーザーインターフェイスは Coral UI 2 から Web コンポーネントベースの Coral 3 UI ライブラリに移行中です。

製品ナビゲーションがサイドレールからオーバーレイに移行し、製品の領域とツールにアクセスできます。

 

製品内を移動して製品のすべての領域で検索を実行できるように検索エクスペリエンスが強化されました。検索を開くには /(スラッシュ)キーを使用します。

 

さらに、以下の点も変更されています。

  • 生産性向上のためにアクションと選択モードが改善されました。
  • 「作成」アクションの場所が調整されました。

操作ダッシュボード

主な機能をいくつか示します。

  • 「クエリの説明を実行」ではクエリの仕組みに関する情報が表示され、診断と最適化をサポートします。
  • ツール/運営セクションの設定可能なタイムラインビューで、リポジトリの様々な面を監視できます。
  • ツール/運営/診断セクションにある Status.zip で、設定可能な一連の Java スレッドダンプをダウンロードできるようになりました。 
  • ユーザー同期診断により、AEM インスタンス全体でユーザー/グループの一貫性が維持されます。

コンテンツの配布

コンテンツの配布:AEM 6.1 より、次世代のコンテンツレプリケーション機能が導入されました。AEM 6.2 では、サポートされるユースケースが追加されました:

  • 大量のアクティベーションをサポートするパッケージレプリケーション
  • 緊急のアクティベーションとバックログを分割できる優先キューイングの設定
  • 動きのないレプリケーションキューの自動ロック解除(高度な通知を含む)

ツール/導入セクションにコンテンツ配布の UI が追加されました。

サポートされているプラットフォーム

AEM 6.2 では以下に対するサポートが導入されました。

  • 以下のプラットフォーム上でのリポジトリ保持: 
    • MongoDB Enterprise 3.2
    • MySQL 5.6(AEM Forms のみ - サポートレベル「R」)
    • Microsoft SQL Server 2012(AEM Forms のみ - サポートレベル「R」)
  • アプリケーションサーバー
    • Oracle WebLogic Server 12.2(12cR2)
  • サーバー OS
    • Debianディストリビューション(Ubuntu 14 を含む)

サポートされているプラットフォーム(サポートレベルを含む)の完全な一覧表は、AEM 6.2 の技術要件を参照してください。

詳細については、リリースノートのAEM のプラットフォームとリポジトリページを参照してください。

Oak MicroKernel 
Oak MicroKernel 

Experience Manager Sites

すべての変更点リストはAEM サイトとアドオンを参照してください。主な変更のいくつかを以下に示します。

テンプレートエディターとポリシー

これまで、既存のコンポーネントからのテンプレートの作成は JCR ベースで設定していました。AEM 6.2 では、テンプレートを視覚的に構成および設定できる UI が導入されました。テンプレートエディターでは、最初の場所にテンプレートを簡単に作成し、コンポーネントをより頻繁に再利用できるようにするための新しい概念がいくつか採用されています。

  • 第一に、コンポーネントで Sling インクルードを使用してテンプレートにネストする代わりに、ネストが新しい方法で、ページのレンダリング中にコンテンツ構造とマージされて格納されます。
  • 第二に、ポリシーの導入により、コンポーネントデザインの設定を再利用できるようになりました。
  • 第三に、技術的には新しくありませんが、テンプレートで新しいページを作成したときに表示される最初のコンテンツの管理を簡単にする方法が導入されています。

テンプレートエディターの UI の動作はページエディターと非常によく似ていますが、最初に空白のキャンバスが表示される点が異なります。

コンテンツフラグメント

コンテンツフラグメント(CF)の中心となるのは、テキストベースのコンテンツとその関連アセットを、様々なエクスペリエンスに使うためにドラフトからバリエーション作成する際に管理できる機能です。AEM 6.2 でのコンテンツフラグメントの導入により、編集スタッフはキュレーションとコピー作成に的を絞った UI を使用できるようになりました。

コンテンツフラグメントは:

  • (コンテンツフラグメントテンプレートに基づいて)入力され、
  • 様々な要素(たとえば、レシピであれば材料のリスト、作り方、要約)、
  • バリエーション(長さや閲覧者が異なる同じコンテンツ)、
  • 関連コンテンツ(同じエクスペリエンスに使用される一連の画像またはビデオ)を含むことができます。

ページエディターは、コンテンツフラグメントをサポートするよう拡張されました。エクスペリエンスでコンテンツフラグメントを使用すると、関連するアセットを使って迅速に仕上げることができるようになります。

Adobe Marketing Cloud との統合

AEM 6.1 では、Adobe Target を利用してターゲット設定およびテストされたコンテンツを管理するための新しいウィザードアプローチが導入されました。6.2 では、この機能が以下の対象に拡大されました。

マルチサイト管理アドオン

AEM 6.2 では、オファーおよびキャンペーンアクティビティに対してマルチサイト展開のための独自の継承モデルが提供されます。新しい「エリア」の概念を使用して、企業は責任範囲を定義し、サイトのブランチをエリアに割り当てることができます。これにより、中央管理を損なうことなく、ローカルチームがローカル市場向けのキャンペーンアクティビティをオーバーレイおよび適用することが可能になります。

Commerce アドオン

Commerce との統合が、Demandware および IBM Commerce をサポートするように拡張されました。

Screens アドオン

AEM Screens アドオンを使用すると、物理的な場所に配信されるパーソナライズされたエクスペリエンスを管理できます。物理的な場所とは、店舗、公共の場所、自動販売機などです。AEM Screens は、既存のコンテンツとエクスペリエンスを再利用して公開し、場所向けに最適化された方法で配信したいお客様に最適です。

注意:AEM 6.2 では、アドビは一部のお客様と協力してインタラクティブサイネージのプロジェクトに取り組んでいます。詳しくは、アドビのアカウントマネージャーまでお問い合わせください。

本番環境で AEM Screens を使用するには、AEM Screens アドオンのライセンスが必要です。

Experience Manager Communities

主な機能拡張は以下のとおりです。

  • 公開側のブログとコメントの作成に関するブログの強化
  • 質問とベストアンサーの指定に関する Q&A の強化
  • コミュニティイベントの共有に関するカレンダーの強化
  • 一括モデレーションとコンテキスト内モデレーションのエクスペリエンスの強化
  • 特定の寄稿またはメンバーに関する即時の通知を送信するフォロー機能の強化
  • フォーラムトピックと Q&A の質問のページ間移動に関する新しいサポート
  • Adobe Analytics と組み込み型レポートダッシュボードの新たな統合
  • 現在のトレンドをメンバーに公開する新しいコミュニティアクティビティコンポーネント
  • コミュニティメンバーおよびグループの新しい管理機能
  • (SCORM のサポートにより)コミュニティメンバー向けにイネーブルメント教材を作成、編成、公開できる、新しいイネーブルメントリソースおよび学習パスの管理機能
  • イネーブルメント教材の表示、コメント、評価が可能な、コミュニティ向けの新しいカタログと割り当ての機能
  • ゲーミフィケーションのための新しいスコア機能とバッジ機能
  • 選択したコミュニティメンバーにコンテンツの作成権限を与えるための、コミュニティメンバーの新しい役割(権限を持つメンバー)

詳細については、リリースノートのAEM Communitiesページを参照してください。

Experience Manager Assets

AEM Assets 6.2 では、いくつかの新機能と機能強化が加えられています。主なものを以下に示します。
  • デジタルアセットを URL ベースでアドホック共有するための新しいリンク共有機能
  • デジタルアセットのシームレスな共有および配布のための新しい Brand Portal クラウドサービス
  • アセットの使用状況、パフォーマンスに基づくマーケターおよびクリエイティブ向けの新しいアセットインサイト機能
  • Finder/Explorer との統合、チェックイン/チェックアウト、パフォーマンスの改善による、Adobe Experience Manager デスクトップアプリ(旧名称は AEM Assets Companion App)の強化
  • 新しいオムニサーチ、自動候補表示機能による検索エクスペリエンスの強化
  • 新しい更新ワークフロー、可変コンテンツの翻訳、翻訳ベンダーのサポート拡大による多言語アセットのサポートの強化
  • 自動更新、テンプレートの整理機能、ユーザーエクスペリエンスの改善によるカタログ作成機能の強化
  • Linux プラットフォームおよび最新のカメラプロファイルのサポートによる Adobe Camera Raw パッケージの強化
  • 新しいレスポンシブデザイン、ナビゲーションの改善、ユーザービリティの向上によるユーザーエクスペリエンスの強化
  • [ベータ] デジタルアセットを自動的にタグ付けおよび検出する、機械学習ベースの新しいスマートタグ機能

詳細については、リリースノートのAEM Assetsページを参照してください。

Assets への Experience Manager Dynamic Media アドオン

AEM Assets 6.2 での Dynamic Media アドオンの機能強化:
  • 新しいカルーセルバナー:主要なプロモーション、オファー、機能を紹介するためのローテーションインタラクティブヒーローバナーの作成
  • 新しいインタラクティブバナー:製品情報、サービス詳細、マーケティングリードジェネレーション、その他の関連コンテンツへのホットスポットを含んだバナーの作成
  • 新しいインタラクティブビデオ:製品情報、サービス詳細、マーケティングリードジェネレーション、その他の関連コンテンツを紹介するクリック可能なコンテンツを含んだビデオの作成
  • カスタムブランドのリッチメディアビューアを簡単に作成できる、Dynamic Media の新しいビューアデザイナー
  • WebVTT 形式を使用した新しいビデオキャプションと字幕のサポート 
  • ビデオのサポートを最大 20 GB に拡大
  • InDesign、Illustrator、PDF および Adobe Postscript ファイルに対するダイナミックイメージングレンディションのサポートの強化
  • ダイナミックイメージングの公開のスケーラビリティを向上 
  • Scene7 との統合の強化:公開のためのアセットタイプのフィルタリング、Scene7 ブラウザとコンポーネント用のタッチ UI、プレビューの保護、パフォーマンスの改善、Scene7 と Dynamic Media の同時使用のサポート

詳細については、リリースノートのAEM Assetsページを参照してください。

Experience Manager Mobile

AEM 6.2 から、AEM Apps は AEM Mobile に名称変更されています。
  • AEM Mobile On Demand コンテンツ配信コネクタ 
    • コンテンツの作成と管理(記事管理)
    • コレクションの作成と管理
    • バナーの作成と管理
  • アプリテンプレートパターン 
  • プッシュ通知のディープリンク
  • アプリコンテンツのパーソナライゼーション(Target との統合)
  • 既存のハイブリッドアプリケーションのインポート
  • アプリ管理
    • アイコンの更新
    • クラウドサービスの管理
    • AMS SDK の設定の更新

詳細については、リリースノートのAEM Mobileページを参照してください。

Experience Manager Forms

AEM 6.2 Forms では、いくつかの新機能と機能強化が加えられています。主なものを以下に示します。

  • 改善された新しいタッチ操作向け UI
  • アダプティブフォームの作成、カスタマイズ、テーマ適用を行うためのテーマエディター
  • アダプティブフォームテンプレートを作成するためのテンプレートエディター
  • アダプティブフォームおよびドキュメントを AEM Sites ページに埋め込む機能
  • アダプティブフォームを別のアダプティブフォームに埋め込む機能のサポート
  • AEM Mobile を使用して作成されたモバイルアプリでフォームおよびドキュメントを使用する機能
  • スタンドアロンフォームのサポートをはじめとする AEM Forms アプリのいくつかの機能強化
  • ドキュメントセキュリティで保護された PDF ドキュメントをインデクサーを使用して検索する機能による AEM ドキュメントセキュリティの強化
  • Correspondence Management のいくつかの機能強化

詳細については、リリースノートのAEM Formsページを参照してください。また、新機能と強化機能、ドキュメントリソースについてはAEM 6.2 Forms の新機能を参照してください。

顧客中心開発の強化

アドビは、お客様が開発のすべての段階、つまり仕様、開発、テストに関与できる顧客中心開発モデルを使用しています。このプロセスにご協力いただいているお客様とパートナーの皆様に感謝いたします。

アドビでは、お客様中心のバグ修正と機能強化リクエストの開発に関する収集、優先順位付け、追跡の手順およびプロセスを整備しています。Adobe Marketing Cloud サポート ポータルは、アドビの機能強化および欠陥追跡システムと統合されています。お客様からの問い合わせは、可能な場合はカスタマーケアで特定および解決されます。研究開発部門にエスカレートされた場合は、すべての顧客情報が収集され、優先順位付けとレポートに使用されます。開発では有償のサポート、保証の問題、有償の顧客向け強化機能が優先されます。

この優先順位付けのプロセスにより、AEM 6.2 では 500 件を超えるお客様中心の変更が行われました。

このリリースに含まれるファイルのリスト

  • スタンドアロンのクイックスタート:cq-quickstart-6.2.0.jar
  • アプリケーションサーバーのクイックスタート:cq-quickstart-6.2.0.war
  • 様々な Web サーバーおよびプラットフォーム向けの ディスパッチャー 4.1.12 以降(ダウンロードリンク
  • 拡張された RAW 画像サポートのパッケージ
    • cq-dam-cameraraw-content
  • Adobe Experience Manager Desktop App(旧名称Companion App(詳細およびダウンロード
  • AEM Forms の機能パッケージ:
    • adobe-aemfd-aix-pkg
    • adobe-aemfd-linux-pkg
    • adobe-aemfd-solaris-pkg
    • adobe-aemfd-win-pkg
    • cq-geometrixx-gov-all-pkg
  • 様々なプラットフォーム向けの AEM Screens Players(ダウンロード
  • Hybris eコマースの統合のためのパッケージ(ご要望に応じて提供)
  • Maven/Gradle の依存関係(ダウンロードリンク
  • リファレンス実装(詳細およびダウンロード
  • Eclipse IDE 用プラグイン(詳細およびダウンロード
  • Brackets コードエディターの拡張機能(詳細およびダウンロード
  • プロジェクトのブループリントのアーキタイプ(GitHub プロジェクト
  • コアコンポーネントのテクニカルプレビュー(GitHub プロジェクト

言語

次の言語のユーザーインターフェイスが使用できます。

  • 英語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • スペイン語
  • イタリア語
  • ポルトガル語(ブラジル)
  • 日本語
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語(限定的にサポート)
  • 韓国語

Experience Manager 6.2 は、中国語エンコーディング規格の使用に関する GB18030-2005 CITS の認定を受けています。

インストールと更新

設定の要件については、インストール手順を参照してください。

詳細な手順については、アップグレードドキュメントを参照してください。

認定プラットフォーム

このリリースでの実行が認定されているプラットフォームについては、サポートされているプラットフォームのリストを参照してください。

廃止および削除された機能

アドビでは、製品の機能を常時評価して、さらに強力なバージョンへの置き換えの計画や、将来の展望や拡張に備えた部分的な再実装の決定を継続的に行っています。

Adobe Experience Manager 6.2 についての情報は廃止および削除された機能を参照してください。このページには、2017 年に行われる変更の予告と、前のリリースからアップデートする顧客向けの重要な注意事項も含まれています。

変更点の詳細なリスト

既知の問題

リンク

製品のダウンロードとサポート(制限付きサイト)

以下のサイトは既存ユーザーのみが参照できます。アクセス権が必要な既存ユーザーの方は、アドビのアカウントマネージャーまでお問い合わせください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー