現在表示中:

SiteCatalyst に送信するデータを収集するフレームワークにコンポーネントを追加します。データを収集するために設計されたコンポーネントは、CQ 変数にデータを保存します。そのようなコンポーネントをフレームワークに追加する場合、フレームワークは CQ 変数のリストを表示して、SiteCatalyst 変数にマッピングできるようにします。SiteCatalyst 変数は、コンテンツファインダーに表示されます。 

同じ SiteCatalyst 変数を複数の CQ 変数にマッピングできます。また、複数の SiteCatalyst 変数を同じ CQ 変数にマッピングできます。

マッピングされたデータは、ページが読み込まれ、次の条件を満たした場合に、SiteCatalyst に送信されます。

  • ページがフレームワークに関連付けられている
  • ページが、フレームワークに追加されたコンポーネントを使用する。

次の手順を実行して、CQ コンポーネント変数を SiteCatalyst レポートプロパティにマッピングします。

  1. トラッキングコンポーネントをサイドキックからフレームワークにドラッグします。例えば、ページコンポーネントを「一般」カテゴリからドラッグします。 

    デフォルトのコンポーネントグループには、「一般」、「コマース」、「Search&Promote」、「Social プラグイン」および「その他」があります。AEM インスタンスは、異なるグループおよびコンポーネントを表示するように設定されていることがあります。

  2. SiteCatalyst 変数をコンポーネントで定義された変数にマッピングするには、SiteCatalyst 変数をコンテンツファインダーからトラッキングコンポーネントのフィールドにドラッグします。例えば、ページ名(pageName)から pagedata.title にドラッグします。

    注意:

    フレームワーク用に選択されたレポートスイート ID によって、コンテンツファインダーに表示される SiteCatalyst 変数が決まります。

  3. 他のコンポーネントおよび変数について、上記の 2 つの手順を繰り返します。

    注意:

    複数の SiteCatalyst 変数(つまり、props、eVars、events)を同じ CQ 変数(つまり、pagedata.title)にマッピングできます。

    警告:

    events は eventdata.events.X から始まる変数にマッピングする必要があるのに対して、eVars および props は、pagedata.X または eventdata.X のどちらかから始まる CQ 変数にマッピングすることを強くお勧めします。

  4. サイトのパブリッシュインスタンスでフレームワークを使用できるようにするには、サイドキックの「ページ」タブで「フレームワークをアクティベート」をクリックします。

製品関連変数のマッピング

AEM は、SiteCatalyst 製品関連プロパティにマッピングされるための製品関連変数およびイベントの命名に規則を使用します。

CQ 変数 SiteCatalyst プロパティ 説明
product.category product.category(コンバージョン変数) 製品カテゴリです。
product.sku product.sku(コンバージョン変数) 製品 SKU です。
product.quantity product.quantity(コンバージョン変数) 購入される製品の数です。
product.price product.price(コンバージョン変数) 製品価格です。
product.events.eventName レポートで製品に関連付けるための成功イベントです。 product.events は、eventName という名前のイベントのプレフィックスです。
product.evars.eVarName 製品に関連付けるためのコンバージョン変数(eVar)です。 product.evars は、eVarName という名前の eVar 変数のプレフィックスです。

いくつかの AEM eCommerce コンポーネントは、これらの変数名を使用します。

注意:

SiteCatalyst Products プロパティを CQ 変数にマッピングしないでください。この表で説明している製品関連マッピングの設定は、Products 変数へのマッピングと実質的に同じです。 

SiteCatalyst 設定およびフレームワークの編集と削除

特定の SiteCatalyst 設定またはフレームワークを削除するには、次の手順を実行します。

  1. ようこそ画面からツールクラウドサービス設定Adobe SiteCatalyst に移動します。
    • フレームワークを削除するには、そのフレームワークが属している SiteCatalyst 設定を選択して、もう 1 ノード下まで移動します。
  2. 右側のパネルから、削除する設定またはフレームワークを選択します。
  3. 削除する設定またはフレームワークを右クリックし、ポップアップするメニューから「削除」を選択します。
  4. 設定またはフレームワークの削除を確定します。

AEM 内で SiteCatalyst 設定およびフレームワークを編集する方法は 2 つあります。

  1. ツール/クラウドサービス設定/Adobe SiteCatalyst に移動します。
  2. 右側のパネルから設定またはフレームワークを選択します。
    • フレームワークページを編集用に開くには、そのフレームワークが属している SiteCatalyst 設定をまず選択して、少なくとも、もう 1 ノード下まで移動する必要があります。
  3. 右側のパネルで設定またはフレームワークをダブルクリックし、編集用に開きます。

もうひとつの方法は、次の手順を実行します。

  1. ようこそ画面からクラウドサービスダッシュボードに移動します。
  2. ダッシュボードの「SiteCatalyst」メニュー項目を選択します。
  3. 「設定を表示」ボタンを押します。
  4. ツリーからいずれかの設定またはフレームワークを選択して、編集用に開きます。

注意:

SiteCatalyst 設定の編集時には、編集パネルを表示するために、設定ページ自体が表示されているときにも「編集」ボタンを押す必要があります。

SiteCatalyst のレポートのチェック

  1. Sitecatalyst Web サイト(https://sitecatalyst.omniture.com)に移動し、AEM 内で提供されるのと同じ資格情報を使用してログインします。
  2. 選択した RSID が、前の手順で使用したものであることを確認します。
  3. (ページの左側の)レポートで、カスタムコンバージョン/カスタムコンバージョン 1 ~ 10 を選択して、eVar7 に対応する変数を選択します。
  4. 使用している SiteCatalyst のバージョンに応じて、例として使用される検索語句(つまり濃紫)でレポートを更新するために平均 45 分待つ必要があります。

SiteCatalyst Analytics フレームワークでのコンテンツファインダー(cf#)の使用

最初に、SiteCatalyst フレームワークを開く際に、コンテンツファインダーが次の事前定義済みの SiteCatalyst 変数を含んでいる必要があります。

  • トラフィック変数:channel、pageName、pageType、pageURL、server、hier1、hier2、hier3、hier4、hier5
  • コンバージョン変数:purchaseID、campaign、transactionID、visitorID、products、product.category、product.sku、product.quantity、product.price、state、zip、list1、list2、list3
  • イベント:prodView

RSID が選択されている場合、その RSID に属するすべての変数がリストに追加されます。
SiteCatalyst 変数を別のトラッキングコンポーネントにある CQ 変数にマッピングするために、cf# が必要です(基本トラッキングのためのフレームワークのセットアップを参照)。

フレームワーク用に選択したビューに応じて、コンテンツファインダーは、SiteCatalyst 変数(CQ ビュー)または CQ 変数(SiteCatalyst ビュー)のどちらかによって入力されます。

リストは、次の方法で操作できます。

  1. CQ ビューでは、リストは、3 つのフィルターボタンを使用してどの変数の型が選択されているかに応じて、フィルターできます。
    • どのボタンも選択されていない場合、完全なリストが表示されます。
    • 「トラフィック」ボタンが選択されている場合、リストには、「トラフィック」セクションに属する変数のみが表示されます。
    • 「コンバージョン」ボタンが選択されている場合、リストには「コンバージョン」セクションに属する変数のみが表示されます。
    • 「イベント」ボタンが選択されている場合、リストには、「イベント」セクションに属する変数のみが表示されます。

注意:

1 度に 1 つのフィルターのみアクティブにできます。

注意:

マーチャンダイジング変数も「コンバージョン」セクションに属しています。

  1. また、リストには検索機能があり、検索フィールドに入力されたテキストに従って要素をフィルタリングします。
  2. リストの要素の検索中にフィルターオプションを有効にした場合、表示される結果も、アクティブなボタンに従ってフィルタリングされます。
  3. リストは、渦巻き矢印ボタンを使用して、いつでもリロードできます。
  4. 複数の RSID がフレームワークで選択されている場合、リストのすべての変数は、選択した RSID 内で使用されたすべてのラベルを使用して表示されます。
  1. SiteCatalyst ビューの場合、コンテンツファインダーは、CQ ビューでドラッグしたトラッキングコンポーネントに属するすべての CQ 変数を表示します。
    • つまり、CQ ビューでドラッグした唯一のものダウンロードコンポーネントである場合(eventdata.downloadLinkeventdata.events.startDownload の 2 つのマッピング可能な変数を持つ)、SiteCatalyst ビューに切り替えると、コンテンツファインダーは次のようになります。

  • 変数は、3 つの変数セクション(トラフィックコンバージョンおよびイベント)のいずれかに属する SiteCatalyst 変数にドラッグ&ドロップできます。
  • 新しいトラッキングコンポーネントを CQ ビューのフレームワークにドラッグすると、コンポーネントに属する CQ 変数は、SiteCatalyst ビューのコンテンツファインダー(cf#)に自動的に追加されます。

注意:

1 度に 1 つの CQ 変数だけを SiteCatalyst 変数にマッピングできます。

CQ ビューおよび SiteCatalyst ビューの使用

フレームワークページでは、ユーザーは、いつでも SiteCatalyst マッピングを表示する 2 つの方法を切り替えることができます。2 つのビューは、2 つの異なる見方からのフレームワーク内のマッピングの概要をわかりやすく提供します。

CQ ビュー

上記の図を例にあげると、CQ ビューには次のプロパティがあります。

  1. これは、フレームワークを開く際のデフォルトのビューです。
  2. 矢印 1 - コンテンツファインダー(cf#)は、選択された RSID に基づいて SiteCatalyst 変数によって入力されます。
    • コンテンツファインダーの使い方について詳しくは、このチュートリアルを参照してください。
  3. 矢印 2 - ここで、2 つのビューを切り替えることができます。
  4. 矢印 3 - フレームワークにその親から継承されるコンポーネントがある場合、ここに、コンポーネントにマッピングされた変数と共にリストが表示されます。
    • 継承されたダウンロードコンポーネントはロックされています。
    • 継承されたコンポーネントのロックを解除するには、コンポーネントの名前の横にある鍵アイコンをダブルクリックします。
    • 継承を復帰するために、ロックされていないコンポーネントを削除する必要があります。その後、ロックされた状態に復帰します。
  5. 矢印 4 - 現在分析フレームワークに含まれるすべてのコンポーネントを検索できます。
    • コンポーネントを追加するには、サイドキックの「コンポーネント」タブからドラッグ&ドロップします。
    • コンポーネントとそのすべてのマッピングを削除するには:
      • Del(Windows の場合)または fn + Delete(Mac の場合)を押します。次に、確認ダイアログで削除に同意します。
      • 右クリックして、メニューから「削除」を選択し、確認ダイアログで削除に同意します。
    • コンポーネントは、作成したフレームワークからのみ削除でき、従来のように子フレームワークからは削除できません(上書きのみ可能です)。
  6. 分析フレームワークにコンポーネントを追加するには、ここにコンポーネントをドラッグします - サイドキックからのコンポーネントは、ここにドラッグ&ドロップできます。

SiteCatalyst ビュー

  1. このビューには、フレームワークの「Sitecatalyst」タブに切り替えることでアクセスできます。 
  2. 矢印 1 - コンテンツファインダー(cf#)は、CQ ビューのフレームワークにドラッグしたコンポーネントに基づく CQ 変数によって入力されます。
    • これについて詳しくは、このチュートリアルを参照してください。
  3. 矢印 2 - ここから CQ ビューに切り替えます。
  4. 3 つの表(トラフィック、コンバージョン、イベント)に、選択した RSID が属するすべての利用可能な SiteCatalyst 変数が記載されています。ここに示されるマッピングは、CQ ビューのものと同じです。
    • 矢印 3.a - CQ 変数(eventdata.downloadLink)にマッピングされたトラフィック変数(prop1)。
      • コンポーネントは、隣に鍵アイコンがあります。これは、親フレームワークからの継承であり、そのため編集できないことを意味します。
    • 矢印 3.b - CQ 変数(pagedata.title)にマッピングされたコンバージョン変数(eVar1)。
    • 矢印 3.c - CQ 変数フィールドをダブルクリックしてコードを手動で入力することにより、JavaScript 式にマッピングされたコンバージョン変数(eVar3)をインラインで追加しました。
    • 矢印 3.d - CQ イベント(eventdata.events.pageView)にマッピングされたイベント変数(event1)。

注意:

いつでも 1 つの CQ 変数だけを SiteCatalyst 変数にマッピングできます。

  1. すべての表の CQ 変数列は、フィールドをダブルクリックしてテキストを追加することで、インラインで入力することもできます。これらのフィールドは、JavaScript を入力として受け取ります。
    • つまり、prop3 の隣に
      'Adobe:'+pagedata.title+':'+pagedata.sitesection
      を追加して、ページの title を送信できます(ページは、:(コロン)を使用して sitesection と連結され、先頭には prop3 としてAdobe が付きます)。
  2. サイドポッドは、両方のビューで同じです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー