現在表示中:

注意:

Audience Manager 統合は AEM 6.2 では廃止されています。

詳しくは、廃止された機能を参照してください。

Adobe Marketing Cloud を構成する Adobe Audience Manager は、利用可能なすべてのリソースからオーディエンス情報を集約します。このツールは、価値の高いターゲットオーディエンスを特定、定量化および最適化します。その情報を、すべての広告配信プラットフォームに対して機能するセキュアでプライバシー保護された統合管理システムを通じて広告主に提供できます。

読み進める前に、Adobe Audience Manager について理解するために公式の Audience Manager ドキュメントに目を通しておいてください。

Audience Manager が設定されると、ClientContext に新しいコンポーネントが提供されます。

前提条件

この機能を使用するには、Adobe Marketing Cloud Audience Manager の有効なアカウントが必要です。

アドビのアカウント担当者または社内 Audience Manager 担当者から、必要な技術情報を入手できるようになります。

次が必要です。

  1. Adobe Audience Manager へのログイン(ユーザー名とパスワード)。
  2. Audience Manager 設定作業のための Adobe Audience Manager 管理 UI へのアクセス。
  3. Audience Manager クライアント ID およびクライアントシークレット。これは、前述のユーザー名およびパスワードではありません。AudienceManager サーバーに対する AEM インスタンスを特定して、AEM インスタンスのすべての設定で共有します。
  4. Audience Manager パートナー ID。
  5. Audience Manager コンテナ ID。

担当者に問い合わせて、OAuth Refresh Token がアカウントで有効になっていることを確認する必要があります。これは、管理目的で 30 日ごとに 1 度認証するように設定できます。Refresh Token がない場合、11 時間ごとに認証する必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー