現在表示中:

Web サイトのページにコンテンツを追加すると、実際に公開する前に議論の対象となることが多くあります。このために、レイアウトなどではなく、コンテンツに直接関係するコンポーネントの多くに注釈を追加することができます。

注釈は両方の UI で利用でき、基本的な機能は同じですが、その使用方法は少し異なります。両方の UI で、注釈によってページ上に色付きのマーカーまたは付箋紙が配置されます。注釈を使用すれば、そのユーザー(または他のユーザー)がコメントや質問を他の作成者またはレビュー担当者に残すことができます。テキストに加えて、注釈にはスケッチ機能もあり、簡単な線図を追加できます。この線図を配置して、ページ内の領域を強調表示したり、テキストに関連付けてシナリオを図示したりすることができます。

注意:

個々のコンポーネントの種類の定義によって、そのコンポーネントのインスタンスに注釈を追加できるかどうかが決まります。

一方の UI で作成した注釈は、スケッチを除きもう一方の UI でも表示されます。スケッチはそれぞれの UI に固有です。スケッチは作成された UI でのみ表示され、作成できるスケッチの性質も次のように異なります。

  • タッチ UI - 矢印、円または楕円
  • クラシック UI - 自由な形の線

警告:

リソース(段落など)を削除すると、そのリソースに添付されていた注釈およびスケッチが、ページ全体での位置に関係なく、すべて削除されます。

注意:

必要に応じて、注釈が追加、更新または削除されたときに通知を送信するワークフローを開発することもできます。

注釈 - タッチ操作向け UI

タッチ操作向け UI の場合、注釈の作成と表示用に特殊なモードが使用されます。

注意:

タッチ操作向け UI では、コメントを使用してページへのフィードバックを提供することもできます。

注意:

タッチ操作向け UI の使用時には様々なリソースに注釈を付けることができます。

コンポーネントへの注釈 - タッチ操作向け UI

注釈モードでは、コンテンツに対する注釈の作成、編集、移動または削除を行うことができます。

  1. 注釈モードは、ページの編集中にツールバー(右上)のアイコンを使用して開始できます。

    既存の注釈を表示できるようになりました。

    注意:

    注釈モードを終了するには、上部のツールバーの右側にある注釈アイコン(x 記号)をタップまたはクリックします。

  2. 注釈の追加を開始するには、注釈を追加アイコン(ツールバーの左側にあるプラス記号)をクリックまたはタップします。

    注意:

    注釈の追加を終了して表示に戻るには、上部のツールバーの左側にあるキャンセルアイコン(白い円で囲まれた x 記号)をタップまたはクリックします。

  3. 注釈を追加するために必要なコンポーネント(注釈を追加できるコンポーネントは青いボーダーで強調表示されます)をクリックまたはタップして、ダイアログを開きます。

    このダイアログで適切なフィールドやアイコンを使用し、次の操作を実行できます。

    • 注釈テキストを入力します。
    • スケッチ(線と図形)を作成して、コンポーネントの特定の領域を強調表示します。
      スケッチの作成中は、カーソルが十字型に変わります。複数の異なる線を描くことができます。スケッチ線は注釈と同じ色で、矢印、円または楕円のいずれかを使用できます。
    • 色を選択または変更します。
    • 注釈を削除します。
  4. ダイアログの外側をクリックまたはタップして、注釈ダイアログを閉じることができます。注釈の一部の表示(最初の単語)とスケッチが一緒に表示されます。

  5. 特定の注釈の編集が完了した後は、次の操作を実行できます。

    • テキストマーカーをクリックまたはタップして注釈を開きます。注釈が開いたら、テキスト全体を表示して、注釈に変更を加えたり、削除したりすることができます。
      • タッチ操作向け UI では、スケッチを注釈と分離して削除することはできません。
    • テキストマーカーの位置を変更します。
    • スケッチの線をクリックまたはタップしてそのスケッチを選択し、必要な位置までドラッグします。
    • コンポーネントを移動またはコピーします。この操作により、関連する注釈およびスケッチも移動またはコピーされます。段落に対する位置は変わりません。
  6. 注釈モードを終了し、使用していたモードに戻るには、上部のツールバーの右側にある注釈アイコン(x 記号)をタップまたはクリックします。

注釈インジケーター - タッチ操作向け UI

注釈は編集モードでは表示されませんが、ツールバーの右上にあるバッジに、現在のページに存在する注釈の数が示されます。このバッジは、デフォルトの注釈アイコンに代わるものですが、注釈モードと切り替えるクイックリンクとしても動作します。

注釈 - クラシック UI

段落のデザインによって、注釈は、コンテキストメニュー(通常は必要な段落の上で右クリックして表示)のオプションとして、または段落編集バーのボタンとして使用できます。

どちらの場合も、「Annotate」を選択します。色付き付箋紙の注釈が段落に適用されます。すぐに編集モードになるので、テキストを直接追加できます。

注釈は、ページ上の新しい位置に移動できます。上部の境界部分をクリックし、マウスボタンを押したまま、注釈を新しい位置までドラッグします。ページ上ならどこにでも移動できますが、通常は、何らかの方法で元の段落に関連付けておくことが重要です。

注釈(関連するスケッチも含む)は、添付先の段落で実行されるコピー、切り取り、削除のアクションにも含められます。コピーや切り取りのアクションでは、注釈(および関連するスケッチ)の位置は、元の段落と相対的な位置を保持します。

注釈のサイズは、右下隅をドラッグして拡大したり縮小したりすることもできます。

追跡に使用するため、フッター行に注釈を作成したユーザーと日付が表示されます。後続の作成者が、同じ注釈を編集したり(フッターは更新されます)、同じ段落に新しい注釈を作成したりできます。

注釈の削除を選択すると、確認を求められます(注釈を削除すると、その注釈に添付されているスケッチも削除されます)。

左上にある 3 つのアイコンを使用すると、注釈(および関連するスケッチ)を最小化したり、色を変更したり、スケッチを追加したりできます。

注意:

オーサー環境のクラシック UI でページをオーサリングしている場合は、注釈は編集モードでのみ表示されます。

パブリッシュ環境、およびオーサー環境のプレビューモードやデザインモードでは表示されません。

注釈のスケッチ

注意:

スケッチは、Internet Explorer では使用できません。したがって、

  • アイコンは表示されません。
  • 別のブラウザーで作成した既存のスケッチは表示されません。

スケッチは、注釈の機能の 1 つであり、ブラウザーウィンドウ(表示部分)のどこにでも、簡単な線図を作成できます。

  • スケッチモードのとき、カーソルは十字型に変わります。複数の異なる線を描くことができます。
  • スケッチ線は、注釈と同じ色で、次の 2 種類があります。
    • フリーハンド
      デフォルトのモードです。マウスボタンを離すと終了します。
    • 直線
      Alt キーを押したまま、開始点と終了点をクリックします。ダブルクリックで終了します。
  • スケッチモードの終了後、スケッチ線をクリックすると、そのスケッチが選択されます。
  • スケッチを移動するには、スケッチを選択して、必要な位置までドラッグします。
  • スケッチはコンテンツの上に重ねて表示されます。つまり、スケッチの 4 隅の内側では、下にある段落をクリックできません。段落の編集やリンクへのアクセスなどが必要な場合でも同様です。これが問題になる場合(スケッチがページの大部分を覆っている場合など)は、該当する注釈を最小化すると、関連するスケッチもすべて最小化され、下の領域に対する処理が可能になります。
  • 個々のスケッチを削除するには、削除するスケッチを選択して、Delete キー(MAC の場合は Fn + Backspace キー)を押します。
  • 段落を移動またはコピーすると、関連する注釈およびスケッチも移動またはコピーされます。段落に対する位置は変わりません。
  • 注釈を削除すると、その注釈に添付されているスケッチもすべて削除されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー