現在表示中:

AEM のオーサリング環境は、コンテンツを構造化および編集するための様々なメカニズムを提供しています。提供されるツールには、使用中の UI に応じて様々なコンソールおよびページエディターからアクセスされます。

タッチ操作向け UI

サイトの管理

タッチ操作向け UI のサイトコンソールでは、ヘッダーバー、ツールバー、アクションアイコン(選択されたリソースに対して適用)、パンくず、選択時のセカンダリレール(例:タイムラインや参照)を使用して Web サイト内を移動および管理できます。

例えば、カード表示では次のようになります。

ページのコンテキストの編集

タッチ操作向け UI ページエディターで、次のようにページを編集できます。

   http://localhost:4502/editor.html/content/geometrixx/en/products/triangle.html

注意:

タッチ操作向け UI で編集対象のページを初めて開くと、機能を紹介する一連のスライドが表示されます。

必要がない場合は、このツアーをスキップすることができます。このツアーは、ページ情報メニューからいつでも表示できます。

ヘルプへのアクセス

ページの編集中、ヘルプには次の場所からアクセスできます。

  • ページ情報セレクター。これにより、(エディターに初めてアクセスしたときに表示される)紹介用のスライドが表示されます。
  • 特定のコンポーネントの設定ダイアログ(ダイアログツールバーの?アイコンを使用)。これにより、コンテキスト依存のヘルプが表示されます。

その他のヘルプ関連リソースは、コンソールから表示できます

コンポーネントブラウザー

コンポーネントブラウザーには、現在のページで使用可能なすべてのコンポーネントが表示されます。これらのコンポーネントを適切な場所にドラッグして編集することで、コンテンツを追加できます。

コンポーネントブラウザーは、サイドパネル内のタブです(アセットブラウザーと一緒に表示されます)。サイドパネルを開く(または閉じる)には、ツールバーの左上にある次のアイコンを使用します。

サイドパネルを開く際、パネルは(左側から)スライドして開きます。必要に応じて「コンポーネント」タブを選択し、開いたら、ページで使用可能なすべてのコンポーネントを閲覧することができます。

コンポーネントグループは、テキストと色で区別されます。「一般」は常に緑系で表示され、その他のグループにはランダムな色が割り当てられます(最大で 10 色が使用され、グループの数がそれを超える場合は色が再度利用されます)。

コンポーネントブラウザーの上部のツールバーでは、次の操作を実行できます。

  • コンポーネントを名前で検索します。
  • ドロップダウンから選択して特定のグループのみを表示します。

実際の外観や処理は、使用しているデバイスの種類によって異なります。

注意:

モバイルデバイスは、幅が 1,024 px 未満の場合に検出されます。つまり、画面の小さいデスクトップも検出されます。

  • モバイルデバイス(例:iPad)

    コンポーネントブラウザーは、編集中のページ全体に開かれます。

    ページにコンポーネントを追加するには、目的のコンポーネントをタッチ&ホールドし、右側に移動します。コンポーネントブラウザーが閉じてページが再表示され、このページ上でコンポーネントを配置できます。

  • デスクトップデバイス

    コンポーネントブラウザーがウィンドウの左側に開きます。

    ページにコンポーネントを追加するには、目的のコンポーネントをクリックして、必要な位置までドラッグします。

アセットブラウザー

アセットブラウザーには、現在のページで直接使用可能なすべてのアセットが表示されます。

アセットブラウザーは、サイドパネル内のタブです(コンポーネントブラウザーと一緒に表示されます)。サイドパネルを開く(または閉じる)には、ツールバーの左上にある次のアイコンを使用します。

サイドパネルを開く際、パネルは(左側から)スライドして開きます。必要に応じて「アセット」タブを選択し、開いたら、ページで使用可能なすべてのアセットを閲覧することができます。必要に応じて無限スクロールを使用してリストを拡大できます。

ページにアセットを追加するには、選択して必要な位置までドラッグします。次のアセットを使用できます。

  • 適切な種類の既存のコンポーネント。
    例えば、画像タイプのアセットを画像コンポーネントにドラッグできます。
  • 適切なタイプの新しいコンポーネントを作成するための段落システム内のプレースホルダー
    例えば、画像タイプのアセットを段落システムにドラッグして画像コンポーネントを作成できます。

注意:

これは特定のタイプのアセットとコンポーネントで使用できます。詳しくは、アセットブラウザーを使用したコンポーネントの挿入を参照してください。

アセットブラウザーの上部のツールバーでは、アセットを次の項目で検索できます。

  • 名前
  • パス
  • アセットタイプ(画像、原稿、ドキュメント、ビデオ、ページ、段落、商品)
  • アセットの特徴:この機能は、特定のアセットタイプで利用できます。例えば、画像は向き正方形)、スタイルカラーモノクログレースケール)で検索できます。

実際の外観や処理は、使用しているデバイスの種類によって異なります。

注意:

モバイルデバイスは、幅が 1,024 px 未満の場合に検出されます。つまり、画面の小さいデスクトップも検出されます。

  • モバイルデバイス(例:iPad)

    アセットブラウザーは、編集中のページ全体に表示されます。

    ページにアセットを追加するには、目的のアセットをタッチ&ホールドし、右側に移動します。アセットブラウザーが閉じてページが再表示され、このページ上で目的のコンポーネントにアセットを追加できます。

  • デスクトップデバイス

    アセットブラウザーがウィンドウの左側に開きます。

    ページにアセットを追加するには、目的のアセットをクリックして、必要なコンポーネントまたは場所までドラッグします。

フラグメント - 関連コンテンツブラウザー

ページにコンテンツフラグメントが含まれている場合、関連コンテンツのブラウザーにもアクセスできます。

参照

参照には、選択したページへの接続が表示されます。

  • ブループリント
  • ローンチ
  • ライブコピー
  • 言語コピー
  • 参照コンポーネントの使用
  • 商品ページへの参照(コマース/製品コンソールから)

必要なコンソールを開いたら、必要なリソースに移動し、次を使用して「参照」を開きます。

必要なリソースを選択し、そのリソースに関連する参照タイプの一覧を表示します。

適切な参照タイプを選択すると、詳細情報が表示されます。状況によっては、次のような特定の参照の選択時にアクションを追加で実行できます。

例えば、壊れている参照は、参照コンポーネントで修正できます。

イベント - タイムライン

該当するリソース(例:サイトコンソールからのページ、アセットコンソールからのアセット)では、タイムラインを使用して、選択した項目に対する最近のアクティビティを表示できます

必要なコンソールを開いたら、必要なリソースに移動し、次を使用して「タイムライン」を開きます。

必要なリソースを選択し、「すべて表示」または「アクティビティ」を選択すると、選択したリソースに対する最近のアクションが一覧表示されます。

ページ情報

ページ情報(イコライザーアイコン)によって開くメニューでは、前回の編集(鉛筆のアイコン)および前回のパブリケーションに関する詳細情報も表示されます。ページの特徴(およびページが位置するサイトの特徴)に応じて、他のオプションも利用できる場合があります。

例えば、適切な場合はページ情報で次の操作も実行できます。

  • 分析や推奨へのアクセス
  • ページのロールアウトの実行
  • ローンチの昇格の実行

ページモード

タッチ操作向け UI を使用してページを編集する場合のモードは次のとおりです。

  • 編集 - ページコンテンツの編集時に使用するモード。
  • 基礎モード - 同じ構造を共有しながらコンテンツが異なるページを大量に作成する場合に役立ちます。
  • 開発者 - 様々なアクションを実行できます(権限が必要です)。このアクションには、ページやそのコンポーネントの技術的な詳細の検査が含まれます。
  • デザイン - ページで使用するコンポーネントを有効または無効にできます。コンポーネントのデザインを設定することもできます。
  • ターゲット設定 - すべてのチャネルにわたるターゲット設定と測定を通じてコンテンツの関連性を高めます。
  • ライブコピーステータス - ライブコピーのステータスの簡単な概要および継承される(または継承されない)コンポーネントを示します。
  • プレビュー - パブリッシュ環境とまったく同じ形式でページを表示する、またはコンテンツ内のリンクを使用して移動するために使用します。
  • 注釈 - ページで注釈の追加または表示を行う場合に使用するモード.

これらのモードには右上のアイコンを使用してアクセスできます。実際のアイコンは、現在利用中のモードを表すように変更されます。

注意:

  • 開発者モードは、(スペースの制約により)モバイルデバイスでは利用できません。
  • 一部のモードにアクセスするには、適切な権限が必要です。
  • キーボードショートカットCtrl + Shift + m)で、プレビューと、現在選択されているモード(編集モード基礎モードなど)を切り替えできます。

クラシック UI

サイト管理 - クラシック UI

クラシック UI の Web サイトコンソールでも、Web サイト内を移動および管理できます。2 つのパネルを使用して Web サイトの構造を展開し、目的の要素に対してアクションを実行できます。

ページコンテンツの編集 - クラシック UI

クラシック UI には、コンテンツファインダーとサイドキックを利用する個別のページエディターがあります。

http://localhost:4502/cf#/content/geometrixx/en/products/triangle.html

ヘルプへのアクセス - クラシック UI

AEM から様々なヘルプリソースに直接アクセスできます。

  • タッチ操作向け UI

    ページの編集中、ヘルプには次の場所からアクセスできます。

    • ページ情報セレクター。これにより、(エディターに初めてアクセスしたときに表示される)紹介用のスライドが表示されます。
    • 特定のコンポーネントの設定ダイアログ(ダイアログツールバーの?アイコンを使用)。これにより、コンテキスト依存のヘルプが表示されます。

    その他のヘルプ関連リソースは、コンソールから表示できます

  • クラシック UI

    コンソールツールバーからヘルプにアクセスするほかにも、サイドキックから(?アイコンを使用して)ページ編集中にアクセスできます。

    または、特定のコンポーネントの編集ダイアログのヘルプボタンを使用してアクセスできます。これにより、コンテキスト依存のヘルプが表示されます。

サイドキック - クラシック UI

サイドキックの「コンポーネント」タブでは、現在のページに追加可能なコンポーネントを閲覧できます。目的のグループを展開して、コンポーネントをページ上の必要な位置までドラッグできます。

コンテンツファインダー - クラシック UI

コンテンツファインダーを使用すると、ページを編集しているときに、リポジトリ内のアセットやコンテンツをすばやく簡単に見つけることができます。

コンテンツファインダーを使用して、幅広いリソースを検索できます。適宜、次の項目をドラッグしてページ上の段落にドロップできます。

すべてのオプションについて、特定の項目を検索できます。

画像の検索

このタブには、リポジトリ内の画像が一覧表示されます。

ページで画像の段落を作成したら、その段落に項目をドラッグ&ドロップできます。

ドキュメントの検索

このタブには、リポジトリ内のドキュメントが一覧表示されます。

ページでダウンロードの段落を作成したら、その段落に項目をドラッグ&ドロップできます。

ムービーの検索

このタブには、リポジトリ内のムービー(Flash 項目など)が一覧表示されます。

ページで適切な段落(Flash など)を作成したら、その段落に項目をドラッグ&ドロップできます。

製品

このタブには、商品が一覧表示されます。ページで適切な段落(商品など)を作成したら、その段落に項目をドラッグ&ドロップできます。

ページの検索

このタブには、すべてのページが表示されます。 任意のページをダブルクリックし、編集用に開きます。

他のページからの段落の参照

このタブを使用すると、他のページを検索できます。そのページのすべての段落が一覧表示されます。段落を現在のページにドラッグできます。これにより、元の段落への参照が作成されます。

原稿の検索

このタブを使用して原稿を検索できます。

リポジトリの一覧表示の使用

このタブには、リポジトリ内のすべてのリソースが一覧表示されます。

コンテンツブラウザーでの検索の使用

すべてのオプションについて、特定の項目を検索できます。検索パターンに一致するタグとリソースが一覧表示されます。

検索にワイルドカードを使用することもできます。サポートされているワイルドカードは、次のとおりです。

  • *
    0 個または 1 個以上の連続した文字に一致します。
  • ?
    1 個の文字に一致します。

注意:

ワイルドカード検索を実行するには、擬似プロパティの「name」を使用する必要があります。

例えば、次の名前でアクセス可能な画像があるとします。

    ad-nmvtis.jpg

以下の検索パターンで、この画像(およびこのパターンに一致するその他の画像)が見つかります。

  • name:*nmv*
  • name:AD*
    文字の一致では、大文字と小文字は区別されません
  • name:ad?nm??is.*
    1 つのクエリー内で任意の数のワイルドカードを使用できます。

注意:

SQL2 検索を使用することもできます。

参照の表示 - クラシック UI

AEM では、現在作業しているページにリンクしているページを表示できます。

直接ページ参照を表示するには:

  1. サイドキックで、「ページ」タブのアイコンを選択します。

  2. AEM で「参照を表示」を選択すると、参照ウィンドウが開き、選択したページを参照するページとそのパスが表示されます。

状況によっては、サイドキックから次のようなアクションを追加で実行できます。

また、その他のページ間の関係を Web サイトコンソールから確認できます

監査ログ - クラシック UI

監査ログには、サイドキックの「情報」タブからアクセスできます。ここには、現在のページで実行された最近のアクションが一覧表示されます。次に例を示します。

ページ情報 - クラシック UI

Web サイトコンソールでは、ページの現在のステータスに関する情報も提供されます(パブリケーション、変更、ロック、ライブコピーなど)。

ページモード - クラシック UI

クラシック UI でページを編集中に、サイドキックの下部のアイコンを使用して次のモードにアクセスできます。

サイドキックの下部に並ぶ 1 行のアイコンは、ページを操作するモードの切り替えに使用します。

  • 編集
    これがデフォルトのモードで、ページの編集、コンポーネントの追加または削除およびその他の変更を行うことができます。
  • プレビュー
    このモードを使用すると、ページが Web サイトで最終的にどのように表示されるかをプレビューできます。
  • デザイン
    このモードでは、アクセス可能なコンポーネントを設定して、ページのデザインを編集できます。

注意:

その他、次のオプションも利用できます。

  • 基礎モード
  • ClientContext
  • Web サイト - Web サイトコンソールを開きます。
  • 再読み込み - ページを更新します。

キーボードショートカット

タッチ操作向け UI とクラシック UI では、様々なキーボードショートカットを利用できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー