現在表示中:

オーサリングのベストプラクティスでは、AEM を可能な限り効率的かつ効果的に使用する方法を説明しています。AEM の様々な領域を対象としたトピックが順次追加されています。

次の領域について、ベストプラクティスに関するドキュメントが提供されています。

  • Assets/ダイナミックメディア
  • WCM 作成者
管理、デプロイ、メンテナンスまたは開発のベストプラクティスについては、次のページを参照してください。
以下の表では、特定のドキュメントの説明とリンクを示します。

Assets

ダイナミックメディア機能および Scene 7 統合を含むアセットのベストプラクティスについては、次のトピックで説明されています。

ファイル形式 Assets のファイル形式のベストプラクティス AEM Assets 内でのファイルサポートのベストプラクティスについて説明します。
ビデオエンコーディング エンコーディングのベストプラクティス ソースビデオファイルのエンコーディングに関するベストプラクティスのヒントを示します。
ダイナミックイメージング ダイナミックイメージングのベストプラクティス

最適な結果に向けて画像をシャープにする方法や、ダイナミックメディア機能を使用している場合または Scene7 と統合している場合に画質を最適化するための最善策について説明します。 

多言語のアセット 翻訳のベストプラクティス AEM のアセットの効率的な翻訳に関するベストプラクティスを示します。

WCM オーサリング

Web コンテンツ管理のオーサリングおよび管理には次のようなベストプラクティスがあります。

タッチ操作向け UI とクラシック UI のオーサリング オーサー環境とツール タッチ操作向け UI とクラシック UI を使用したオーサリング方法の概要を示します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー