現在表示中:

Adobe Experience Manager(AEM)Assets の言語コピー機能を使用すると、多言語プロジェクトで使用するアセットおよびフォルダーの翻訳されたバイナリ、メタデータ、タグを作成することができます。

注意:

アセットのバイナリが翻訳されるのは、選択した翻訳サービスプロバイダーがバイナリの翻訳をサポートしている場合のみです。

多言語プロジェクトを作成および保守するために、アセットの翻訳を自動化します。翻訳ワークフローを自動化するには、翻訳サービスプロバイダーと AEM とを統合して、アセットを複数のロケールに翻訳するためのプロジェクトを作成します。AEM では人間翻訳と機械翻訳のワークフローがサポートされています。

  • 人間翻訳:アセットが翻訳プロバイダーに送信され、専門の翻訳者によって翻訳されます。完了すると、翻訳アセットが返されて、AEM に読み込まれます。翻訳プロバイダーが AEM と統合されているときは、アセットが AEM と翻訳プロバイダーとの間で自動的に送信されます。
  • 機械翻訳:機械翻訳サービスでは、アセットがすぐに翻訳されます。

翻訳サービスプロバイダーが AEM との統合のためのコネクターを提供していない場合は、代替プロセスを使用してください。

言語コピーを作成するには、アセットコンソールの参照レールに表示される以下の言語コピーワークフローのいずれかを実行します。

DAM 言語コピーを作成

このワークフローでは、言語コピーのみが作成されます。言語コピーのコンテンツを翻訳するには、翻訳プロジェクトを手動で作成し、アセットをプロジェクトに追加して、翻訳ジョブを実行します。

DAM 言語コピー作成 / 翻訳

これは、アセットが格納されているフォルダーを自動的に翻訳するためのワークフローです。このワークフローでは、言語コピーを作成するために、フォルダーとそのコンテンツ(基になるフォルダー構造を含む)がコピーされます。翻訳プロジェクトが作成され、フォルダーのコンテンツが翻訳プロジェクトの翻訳ジョブに自動的に追加されます。その後、プロジェクトコンソールから翻訳を実行できます。

翻訳の設定の作成

AEM Assets の翻訳を実施するには、サードパーティの翻訳サービスと統合する翻訳統合フレームワークを設定します。この設定には、翻訳方法、翻訳プロバイダー、翻訳に使用する設定、翻訳プロバイダーの認証資格情報の指定が含まれます。

翻訳の設定

翻訳の設定では、次の翻訳プロジェクトの設定を指定します。

  • 使用する翻訳サービスプロバイダー
  • 人間翻訳と機械翻訳のどちらを実行するか
  • タグなど、アセットに関連付けられた他のコンテンツを翻訳するか
  • 翻訳ジョブが作成されたらすぐ自動的に翻訳を実行するか

アセット翻訳の場合は、翻訳の設定ダイアログの「アセット」タブでこれらの設定を指定します。

資格情報の設定

資格情報の設定には、認証資格情報やプロジェクト ID など、翻訳プロバイダーとの接続に必要な情報が含まれます。デフォルトでは、AEM で Microsoft Translator に接続できます。

詳しくは、翻訳統合フレームワークの設定を参照してください。

DAM 言語コピーを作成ワークフロー

このワークフローでは、オリジナルのフォルダーまたはアセットのコピーが作成されるので、柔軟に翻訳プロジェクトを作成し、都合のいいときに翻訳ワークフローを実行できます。このコピーを後で翻訳プロジェクトに追加できます。

  1. アセットコンソールで、言語コピーを作成するソースフォルダーを選択します。

  2. ツールバーの「参照」アイコンをクリックします。参照パネルの「コピー」セクションの下に、そのフォルダーに対して既に存在する言語コピーが表示されます。

  3. コピー」の下の「言語コピー」を選択します。「言語コピー」セクションには、そのフォルダーに対して現在使用可能な翻訳コピーが表示されます。

  4. 言語コピーを作成するには、下部にある「作成」オプションをクリックします。

  5. 翻訳ワークフローリストから、「DAM 言語コピーを作成」を選択します。

  6. 言語リストから、翻訳言語を選択します。

  7. ワークフローのタイトルを入力します。

  8. 開始」をクリックします。選択したフォルダーの言語コピーが、ターゲット言語のルートを名前として作成されます。英語のメタデータを持つアセットを格納したソースフォルダー en に対して、翻訳ワークフローをイタリア語で設定した場合は、言語コピーの名前は it になります。この言語コピーは、参照レールの「言語コピー」セクションに表示されます。

    ソースフォルダーの名前が異なる場合、ターゲットフォルダー名には、ハイフンで分けられたソースフォルダー名とターゲットロケールの言語ルートが含まれます。例えば、ソースフォルダー名が test の場合は、イタリア語用に作成される言語コピーフォルダーの名前は test-it になります。

    ターゲットフォルダーに移動するには、言語コピーを選択して、「リンクに移動」をクリックします。

  9. ワークフローが完了すると、ターゲット言語コピーのフォルダーが作成されます。翻訳プロジェクトを作成し、言語コピーを翻訳プロジェクトに追加します。

    レールからプロジェクトコンソールに移動し、ツールバーの「作成」アイコンをクリックして、翻訳プロジェクトを作成します。

  10. プロジェクトを作成ページで、「翻訳プロジェクト」を選択し、「次へ」をクリックします。

  11. 基本」タブで、プロジェクトのタイトルとオプションの説明を入力します。

  12. オプションのプロジェクトの期限を入力し、ユーザーリストからメンバーを追加します。

  13. 詳細」タブで、ターゲット言語リストから翻訳言語を選択します。

  14. 翻訳方法として「機械翻訳」を選択します。

  15. 対応するリストから、適切な翻訳プロバイダーとコンテンツのカテゴリを選択します。

  16. 選択した設定に応じて、選択した翻訳プロバイダーに使用できる設定がクラウド設定リストに表示されます。適切な設定を選択し、「作成」をクリックします。

  17. 完了」をクリックしてダイアログを閉じます。または、「プロジェクトを開く」をクリックして、翻訳プロジェクトを開きます。

  18. プロジェクトの詳細ページから、翻訳ジョブカードの下部にある省略記号をクリックします。

  19. 翻訳ジョブページのツールバーから「追加」アイコンをクリックします。その後、ステップ 8 で作成した言語コピーフォルダーを選択して、翻訳ワークフローにアセットを追加します。

  20. 追加するアセットを選択したら、「確認」をクリックします。

    言語コピーフォルダー内のアセットが翻訳ジョブに追加されます。翻訳ジョブリストには、アセットのメタデータとタグのエントリも表示されます。これらのエントリは、アセットのメタデータとタグも翻訳されることを意味します。

    タグまたはメタデータのエントリを削除した場合は、どのアセットのタグまたはメタデータも翻訳されません。

    注意:

    機械翻訳を使用する場合は、アセットのバイナリは翻訳されません。

    注意:

    翻訳ジョブに追加したアセットがサブアセットを含んでいる場合は、問題を避けるために、サブアセットを選択して翻訳から除外してください。

  21. プロジェクトの詳細ページに移動し、翻訳ジョブカード上の矢印をクリックし、リストから「開始」を選択して、翻訳ワークフローを開始します。

  22. 翻訳ジョブのステータスを表示するには、翻訳ジョブカードの下部にある省略記号をクリックします。

    ジョブステータスの詳細については、翻訳ジョブのステータスの監視を参照してください。

  23. 翻訳されたメタデータを表示するには、アセットコンソールに移動して、翻訳された各アセットのプロパティページを開きます。

    注意:

    この機能は、アセットに対してもフォルダーに対しても使用できます。フォルダーではなくアセットを選択すると、そのアセットの言語コピーを作成するために、言語ルートまでのフォルダーの階層全体がコピーされます。

DAM 言語コピー作成/翻訳ワークフロー

  1. アセットコンソールで、言語コピーを作成するフォルダーを選択します。

  2. ツールバーの「参照」アイコンをクリックします。参照パネルの「コピー」セクションの下に、そのフォルダーに対して既に存在する言語コピーが表示されます。

  3. コピー」の下の「言語コピー」を選択します。「言語コピー」セクションには、そのフォルダーに対して現在使用可能な翻訳コピーが表示されます。

  4. 翻訳コピーを作成するには、下部にある「作成」オプションをクリックします。

  5. 翻訳ワークフローリストから「DAM 言語コピー作成/翻訳」を選択して、フォルダーに対して翻訳ワークフローを実行します。

  6. 翻訳設定リストから、作成した翻訳プロジェクトに関連付ける翻訳設定を選択します。

  7. 選択した翻訳設定で指定されている翻訳プロバイダーに応じて、その翻訳プロバイダーの資格情報設定が資格情報設定リストに表示されます。Microsoft Translator ライセンス用の資格情報設定を選択します。

  8. ソース言語とターゲット言語をソース言語リストとターゲット言語リストからそれぞれ選択します。例えば、ソース言語として英語を選択し、翻訳言語としてイタリア語を選択します。

  9. 新しい翻訳プロジェクトを作成するには、プロジェクトリストから「新しい翻訳プロジェクトを作成」を選択します。既存の翻訳プロジェクトを再利用する場合は、「既存の翻訳プロジェクトに追加」を選択します。

    注意:

    既存の翻訳プロジェクトに追加」オプションを選択すると、プロジェクトの設定が既存のプロジェクトの設定と完全に一致する場合にのみ、翻訳プロジェクトが既存のプロジェクトに追加されます。プロジェクトの設定が既存のプロジェクトの設定と何らかの点で一致しない場合は、新しいプロジェクトが作成されます。

  10. プロジェクトタイトル」フィールドに翻訳プロジェクトのタイトルを入力します。翻訳ワークフローのタイトルも入力します。

  11. 開始」をクリックします。選択したフォルダーの言語コピーが、ターゲット言語のルートを名前として作成されます。英語のメタデータを持つアセットを格納したソースフォルダー en に対して、翻訳ワークフローをイタリア語で設定した場合は、言語コピーの名前は it になります。この言語コピーは、参照レールの「言語コピー」セクションに表示されます。

    ソースフォルダーの名前が異なる場合、ターゲットフォルダー名には、ハイフンで分けられたソースフォルダー名とターゲット言語のルートが含まれます。例えば、ソースフォルダー名が test の場合は、イタリア語用に作成される言語コピーフォルダーの名前は test-it になります。

    作成した言語コピーに加え、同じタイトルを持つ翻訳プロジェクトがプロジェクトコンソールに作成されます。言語コピー内のアセットが、このプロジェクトの翻訳ジョブに追加されます。

    ターゲットフォルダーに移動するには、言語コピーを選択して、「リンクに移動」をクリックします。

  12. レールからプロジェクトコンソールに移動して、翻訳ジョブを開始または表示します。

  13. 翻訳プロジェクトをクリックして、プロジェクトの詳細ページに移動します。

  14. 翻訳ワークフロー内のアセットを表示するには、翻訳ジョブカードの下部にある省略記号をクリックします。翻訳ジョブリストには、アセットのメタデータとタグのエントリも表示されます。これらのエントリは、アセットのメタデータとタグも翻訳されることを意味します。

    タグまたはメタデータのエントリを削除した場合は、どのアセットのタグまたはメタデータも翻訳されません。

    注意:

    機械翻訳を使用する場合は、アセットのバイナリは翻訳されません。

    注意:

    翻訳ジョブに追加したアセットがサブアセットを含んでいる場合は、問題を避けるために、サブアセットを選択して翻訳から除外してください。

  15. アセットの翻訳を開始するには、翻訳ジョブカード上の矢印をクリックし、リストから「開始」を選択します。

    翻訳ジョブの開始を通知するメッセージが表示されます。

  16. 翻訳ジョブのステータスを表示するには、タスクカードの下部にある省略記号をクリックします。

    ジョブステータスの詳細については、翻訳ジョブのステータスの監視を参照してください。

  17. 翻訳が完了すると、ステータスが「レビューへの準備完了」に変更されます。翻訳されたメタデータを表示するには、アセットコンソールに移動して、翻訳された各アセットのプロパティページを開きます。

    ジョブステータスの詳細については、翻訳ジョブのステータスの監視を参照してください。

警告:

メタデータとアセットのバイナリの両方をプロジェクト用に翻訳する必要がある場合は、バイナリ翻訳完了後にのみ、メタデータ翻訳用にプロジェクトを送信することを推奨します。

この順序に従わないと、バイナリから抽出されるメタデータによって、翻訳フレームワークを使用して送信するメタデータが上書きされることがあります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー