現在表示中:

このセクションでは、Adobe Experience Manager(AEM)でページを作成および管理しそれらのページ上でコンテンツを作成する方法について説明します。

注意:

適切なアクセス権と、ページに対するアクション(作成、コピー、移動、編集、削除など)を実行するための権限を持つアカウントが必要です。

問題が発生した場合は、システム管理者にお問い合わせください。

Web サイトの整理

作成者は、AEM 内で Web サイトを構成する必要があります。この作業中に、次の目的でコンテンツページを作成して名前を付けます。

  • 作成者がオーサー環境でコンテンツページを容易に検索できるようにする
  • サイトへの訪問者がパブリッシュ環境でコンテンツページを容易に閲覧できるようにする

コンテンツの整理に役立つフォルダーを使用することもできます。

Web サイトの構造は、コンテンツページを保持する「ツリー構造」と見なすことができます。これらのコンテンツページの名前は、URL の形成に使用されます。一方でタイトルは、ページコンテンツを表示したときに表示されます。

以下は、Geometrixx サイトからの引用です。例として、Triangle ページにアクセスする場合を示しています。

  • オーサー環境 - タッチ操作向け UI
    http://localhost:4502/editor.html/content/geometrixx/en/products/triangle.html
  • オーサー環境 - クラシック UI
    http://localhost:4502/cf#/content/geometrixx/en/products/triangle.html
  • パブリッシュ環境
    http://localhost:4503/content/geometrixx/en/products/triangle.html
    インスタンスの設定によっては、パブリッシュ環境での /content の利用は必須ではありません。
  /content
    /geometrixx
      /en
        /toolbar...
        /products
          /triangle
            /overview 
            /features
          /square...
          /circle...
          /...
        /...
      /fr...
      /de...
      /es...
      /...
    /...

使用している UI に応じて、この構造は次の方法で表示できます。

  • タッチ操作向け UI

    サイトコンソールから、Web サイトのページ間を移動し、ページ上でアクションを実行します。新しいサイトや新しいページを作成することもできます。

    どの地点からでも、ヘッダーバーのパンくず(経路表示)から上位のブランチを確認できます。

  • クラシック UI

    Web サイトコンソールから、ツリー構造内を移動できます。

ページ命名規則

新しいページを作成する際の主要なフィールドは 2 つあります。

  • タイトル:
    • これはコンソール内のユーザーに、編集中のページコンテンツの上部に表示されます。
    • このフィールドは必須です。
  • 名前
    • これは URI の生成に使用されます。
    • このフィールドへの入力はオプションです。指定しない場合、名前はタイトルから派生します。

新しいページを作成するとき、AEM では AEM と JCR によって課された規則に基づいてページ名が検証されます。

許可された実装と文字の一覧は UI によってわずかに異なります(タッチ操作向け UI のほうがより広範)。最小限許可される文字は次のとおりです。

  • 'a' から 'z'から
  • 'A' から 'Z'
  • '0' から '9'
  • _(アンダースコア)
  • -(ハイフン/マイナス記号)

これらの文字のみを使用すれば、その名前は確実に受け入れられ、使用されます(許可されるすべての文字の完全な詳細が必要な場合は、命名規則を参照してください)。

タイトル

新しいページを作成するときにページのタイトルのみを指定した場合、AEM ではページの名前がこの文字列から派生され、AEM と JCR によって課された規則に基づいてページ名が検証されます。両方の UI とも、無効な文字が含まれている「タイトル」フィールドは受け入れられますが、派生された名前の無効な文字は別の文字に置き換えられます。次に例を示します。

タイトル 派生された名前
Schön schoen.html
SC%&*ç+ sc---c-.html

名前

新しいページを作成するときにページの名前を指定すると、AEM では AEM と JCR によって課された規則に基づいてページ名が検証されます。

:

  • タッチ操作向け UI では、「名前」フィールドに無効な文字は指定できません。AEM で無効な文字が検出されると、そのフィールドは強調表示され、対象の文字を削除または置換する必要があることを示す説明メッセージが表示されます。
  • クラシック UI では、「名前」フィールドに無効な文字は入力できません

テンプレート

AEM では、テンプレートはページの特殊なタイプを指定するものです。テンプレートは、作成中のあらゆる新規ページの基礎として使用されます。

テンプレートによって、サムネール画像やその他のプロパティなど、ページの構造が定義されます。例えば、製品ページ、サイトマップおよび問い合わせ先に、それぞれ別のテンプレートを使用することができます。テンプレートは、コンポーネントで構成されています。

AEM では、複数のテンプレートが標準提供されています。使用するテンプレートは、個々の Web サイトや、(新しいページの作成時に)指定する必要のある情報によって異なり、また使用される UI によっても異なります。主なフィールドは次のとおりです。

  • タイトル
    生成される Web ページに表示されるタイトルです。
  • 名前
    ページに名前を付ける際に使用されます。
  • テンプレート
    新しいページを生成する際に使用できるテンプレートのリストです。

コンポーネント

コンポーネントは、AEM で提供される、特定のタイプのコンテンツを追加できる要素です。AEM には、すぐに使用できるコンポーネントが幅広く付随しており、次のような包括的な機能が提供されています。

  • テキスト
  • 画像
  • スライドショー
  • ビデオ
  • その他

ページを作成して開いたら、コンポーネントを使用してコンテンツを追加できます(コンポーネントブラウザー(タッチ操作向け UI)またはサイドキック(クラシック UI)から使用可能)。

注意:

コンポーネントコンソールは、インスタンス上のコンポーネントの概要を示します。

タッチ操作向け UI

新しいページの作成

コンテンツの作成を開始する前に、事前に各ページが作成されていない場合は、ページを作成する必要があります。

  1. サイトコンソールを開きます(例:http://localhost:4502/sites.html/content)。

  2. 新しいページを作成する場所に移動します。 

  3. ツールバーの「作成」を使用してドロップダウンセレクターを開き、リストから「ページ」を選択します。

  4. ウィザードの最初のステージで、次のいずれかを実行できます。

    • 新しいページの作成時に使用するテンプレートを選択し、「次へ」をクリックまたはタップして次に進みます。
    • キャンセル」を使用してプロセスを中止します。
  5. ウィザードの最後のステージで、次のいずれかを実行できます。

    • 2 つのタブを使用して、新しいページに割り当てるページプロパティを入力し、「作成」をクリックまたはタップしてページを実際に作成します。
    • 戻る」を使用してテンプレートの選択に戻ります。

    主なフィールドは次のとおりです。

    • タイトル:
      • このフィールドはユーザーに表示されます。
    • 名前
      • これは URI の生成に使用されます。指定しない場合、名前はタイトルから派生します。
      • 新しいページを作成するときにページの名前を指定すると、AEM では AEM と JCR によって課された規則に基づいてページ名が検証されます。
      • タッチ操作向け UI では、「名前」フィールドに無効な文字は指定できません。AEM で無効な文字が検出されると、そのフィールドは強調表示され、対象の文字を削除または置換する必要があることを示す説明メッセージが表示されます。

    注意:

    ページ命名規則を参照してください。

    新しいページの作成に必要となる最小限の情報は、「タイトル」です。

  6. 作成」を使用してプロセスを完了し、新しいページを作成します。ページをすぐに「開く」かコンソールに戻る(「完了」する)かを確認するダイアログが表示されます。

    注意:

    ページの作成先に同名のページが既に存在する場合は、その名前のバリエーションが自動的に生成されます。例えば、「square」は「square0」になります。

  7. コンソールに戻ると、新しいページが表示されます。

警告:

作成済みのページのテンプレートは変更できません。ただし、新しいテンプレートでローンチを作成する場合を除きます。ただしその場合、既存のコンテンツはすべて失われます。

ページを開いて編集

ページを作成するか、既存ページ(コンソール内)に移動した後、そのページを開いて編集できます。

  1. サイトコンソールを開きます(例:)。

  2. 編集対象のページが表示されるまで移動します。

  3. 次のいずれかを使用します。

    ページを選択して、編集アイコンをクリックします。

  4. ページが開き、必要に応じて編集できるようになります。

注意:

ページエディターから他のページへの移動は、プレビューモードでのみ実行できます。タッチ操作向け UI のページエディターでは、編集モードでリンクがアクティブになりません。

ページのコピーと貼り付け

コピー操作では、ページとそのすべてのサブページをコピーできます。

  1. サイトコンソールで、コピー対象のページが表示されるまで移動します。

  2. 次のいずれかを使用します。

    ページを選択して、ページをコピーアイコンをクリックします。

    注意:

    選択モードの場合は、ページのコピー後に選択モードが自動的に終了します。

  3. ページの新しいコピーを配置する場所に移動します。

  4. 貼り付けページアイコンを使用します。

    この場所に元のページのコピーが作成されます。

    注意:

    ページのコピー先に同名のページが既に存在する場合は、その名前のバリエーションが自動的に生成されます。例えば、「square」は「square1」になります。

ページの移動または名前の変更

注意:

ページ名の変更で新しいページ名を指定する際にも、ページ命名規則に従います。

ページの移動手順と名前の変更手順は基本的に同じで、1 つのウィザードで処理します。このウィザードでは、ページを移動せずに名前の変更だけを行うことも、名前を変更せずに移動だけを行うことも、移動と名前の変更を同時に行うこともできます。

AEM では、名前変更または移動が行われるページへの内部リンクを更新する機能が用意されています。この機能はページ単位で実行できるので、非常に柔軟性があります。

  1. 移動対象のページが表示されるまで移動します。

  2. 次のいずれかを使用します。

    ページを選択して、移動ページアイコンをクリックします。

    これにより、ページを移動ウィザードが開きます。

  3. ウィザードの名前を変更ステージで、次のいずれかを実行できます。

    • 移動後にページに付ける名前を指定し、「次へ」をクリックまたはタップして次に進みます。
    • キャンセル」を使用してプロセスを中止します。

    ページ名について次の点に留意してください。

    • 新しい場所に同じ名前のページがなければ、同じ名前を引き続き使用できます。
    • ページの移動先に、元の名前と同じ名前のページが既に存在する場合は、新しい名前を付ける必要があります(同じ名前を使用する場合、この名前のバリエーションが自動的に生成されます。例えば、「square」が「square1」になります)。
  4. ウィザードの宛先を選択ステージで、次のいずれかを実行できます。

    • ページの新しい場所に移動します(パンくずおよびカード表示を使用)。
    • 戻る」を使用してページ名の指定に戻ります。

    注意:

    ページの移動先に同名のページが既に存在する場合は、その名前のバリエーションが自動的に生成されます。例えば、「square」は「square1」になります。

  5. ページがリンクされている場合、または参照されている場合は、それらのページがリストに表示されます。適宜、調整および再公開するページを指定できます。

    注意:

    ページが参照されていない場合は、調整 / 再公開手順がスキップされます。

  6. 移動」を選択すると、プロセスが完了し、ページの移動または名前変更が適宜確定されます。

ページの削除

  1. 削除対象のページが表示されるまで移動します。

  2. 選択モードを使用して必要なページを選択してから、ツールバーの「削除」を使用します。

    注意:

    セキュリティ対策のため、削除ページアイコンはクイックアクションとしては使用できません。

  3. 確認を求めるダイアログが表示されます。次のように実行できます。

    • キャンセル」で、アクションを中止します。
    • 削除」で、アクションの実行を確定します。
      • ページに参照がない場合は、ページが削除されます。
      • ページに参照がある場合は、メッセージボックスに「1 つ以上のページが参照されています。」と表示されます。「削除を強制」または「キャンセル」を選択できます。

ページのロック

コンソールから、または個々のページの編集時にページをロック/ロック解除できます。ページがロックされているかどうかに関する情報も、両方の場所で示されます。

新しいフォルダーの作成

ファイルやページの整理に役立つフォルダーを作成できます。

注意:

フォルダーに新しいフォルダー名を指定する際にも、ページ命名規則に従います。

警告:

  • フォルダーは、サイト直下か、他のフォルダーの下にのみ作成できます。ページの下には作成できません。
  • フォルダーでは、移動、コピー、貼り付け、削除、公開、非公開、プロパティの表示や編集など、標準的なアクションを実行できます。
  • ライブコピー内ではフォルダーを選択できません。

  1. サイトコンソールを開いて、必要な場所まで移動します。

  2. オプションリストを開くには、ツールバーの「作成」を選択します。

  3. フォルダー」を選択してダイアログを開きます。ここで、「名前」と「タイトル」を入力できます。

  4. 作成」を選択してフォルダーを作成します。

クラシック UI

新しいページの作成 - クラシック UI

コンテンツの作成を開始する前に、事前に各ページが作成されていない場合は、ページを作成する必要があります。

  1. Web サイトコンソールから、新しいページを作成するレベルを選択します。

    次の例では、左側のパネルに表示される Products レベルの下にページを作成します。右側のパネルでは、Products レベルに既に存在しているページが表示されます。

  2. 新規... メニュー(「新規...」の横の矢印をクリック)で、「新しいページ...」を選択します。ページを作成ウィンドウが開きます。

    新規...」自体をクリックして、「新しいページ...」オプションを直接開くこともできます。

  3. ページを作成ダイアログでは次の操作を実行できます。

    • タイトル」を入力します。この項目はユーザーに表示されます。
    • 名前」を入力します。この項目は URI の生成に使用されます。指定しない場合、名前はタイトルから派生します。
      • 新しいページを作成するときにページの名前を指定すると、AEM では AEM と JCR によって課された規則に基づいてページ名が検証されます。
      • クラシック UI では、「名前」フィールドに無効な文字は入力できません
    • 新しいページの作成に使用するテンプレートをクリックします。
      テンプレートは、例えばコンテンツページの基本レイアウトを決定するための、新しいページの基礎として使用します。

    注意:

    ページ命名規則を参照してください。

    新しいページの作成に必要となる最小限の情報は、タイトルと必要なテンプレートです。

    注意:

    URL 内に Unicode 文字を使用する場合は、「エイリアス」(sling:alias)プロパティ(ページプロパティ)を設定します。

  4. 作成」をクリックしてページを作成します。Web サイトコンソールに戻ると、新しいページのエントリを確認できます。

    このコンソールでは、ページに関する情報(最終編集日時や編集者)が表示されます。この情報は必要に応じて更新されます。

    注意:

    また、既存のページの編集中にページを作成することもできます。サイドキックの「ページ」タブにある「子ページを作成」を使用すると、編集中のページ直下に新しいページが作成されます。

ページを開いて編集 - クラシック UI

次のいずれかの方法で、ページを編集用に開くことができます。

  • Web サイトコンソールから、ページタイトルをダブルクリックしてページを編集用に開くことができます。
  • Web サイトコンソールから、ページ項目を右クリックして(コンテキストメニューを表示し)、メニューから「開く」を選択できます。
  • ページを開いた後で、ハイパーリンクをクリックすると、サイト内の他のページに移動できます(その後、編集できます)。

注意:

タッチ操作向け UI のページエディターがデフォルトです(標準インストールの場合)。クラシック UI のエディターを使用するには、具体的に UI を選択または設定する必要があります。

ページのコピーと貼り付け - クラシック UI

コピーできる対象は次のいずれかです。

  • 単一のページ
  • ページとそのすべてのサブページ
  1. Web サイトコンソールで、コピーするページを選択します。

    注意:

    この段階では、コピーする対象が単独のページかそのサブページかは関係ありません。

  2. コピー」をクリックします。

  3. 新しい場所に移動して、次のいずれかをクリックします。

    • 貼り付け」:ページとそのすべてのサブページを貼り付けます。
    • Shift キーを押しながら「貼り付け」:選択したページのみを貼り付けます。

    ページが新しい場所に貼り付けられます。

    注意:

    同じ名前のページが既に存在する場合は、貼り付けたページの名前が自動的に更新されます。

    注意:

    サイドキックの「ページ」タブから「ページをコピー」を使用することもできます。開かれるダイアログで、コピー先などを指定できます。

ページの移動または名前の変更 - クラシック UI

注意:

ページ名の変更で新しいページ名を指定する際にも、ページ命名規則に従います。

ページの移動や名前変更の手順は同じです。同じアクションにより次の操作を実行できます。

  • 新しい場所へのページの移動
  • 同じ場所でのページの名前変更
  • 新しい場所へのページの移動と名前変更の同時実行

AEM では、名前変更または移動が行われるページへの内部リンクを更新する機能が用意されています。この機能はページ単位で実行できるので、非常に柔軟性があります。

ページの移動や名前変更を行うには:

  1. 移動を開始するには、次のような様々な方法があります。

    • Web サイトコンソールで、クリックしてページを選択し、「移動...」を選択します。
    • Web サイトコンソールで、ページ項目を選択して右クリックし、「移動」を選択することもできます。
    • ページの編集中にサイドキックの「ページ」タブから「ページを移動」を選択できます。
  2. 移動ウィンドウが開きます。ここでは、新しい場所を指定するか、ページの新しい名前を入力する、あるいはこの両方を行うことができます。

    このページには、移動するページを参照しているページのリストが表示されます。参照しているページのステータスに応じて、リンクの更新やページの再公開を実行できます。

  3. 以下のフィールドを適宜入力します。

    • 宛先
      サイトマップ(ドロップダウンセレクターで表示)を使用して、ページの移動先を選択します。
      ページの名前変更のみを行う場合は、このフィールドを無視してください。
    • 移動
      移動するページを指定します。通常は、移動操作の開始方法と開始場所に応じて、移動するページがデフォルトで入力されています。
    • 変更後の名前
      現在のページラベルがデフォルトで表示されます。必要に応じて、新しいページラベルを指定します。
    • 調整
      リストに示されているページに、移動するページを指すリンクがある場合は更新します。例えば、ページ A にページ B へのリンクがある場合、ページ B を移動するとページ A のリンクが調整されます。
      この項目は、参照しているページごとに選択または選択解除できます。
    • 再発行
      参照しているページを再公開します。この項目も、ページごとに選択または選択解除できます。
  4. 移動」をクリックします。確認が必要です。「OK」をクリックして確定します。

    注意:

    ページタイトルは更新されません。

ページの削除 - クラシック UI

  1. 次のような様々な場所で、ページを削除できます。

    • Web サイトコンソール内で、ページをクリックして選択し、右クリックして表示されるメニューから「削除」を選択します。
    • Web サイトコンソール内で、ページをクリックして選択し、ツールバーメニューの「削除」を選択します。
    • サイドキック内で、「ページ」タブを使用して「ページを削除」を選択します。現在開いているページが削除されます。
  2. ページの削除を選択すると、この要求を確認する必要があります。削除の操作を元に戻すことはできません。

    注意:

    削除後にページを公開した場合は、最新の(または特定の)バージョンを復元できますが、前回のバージョンからさらに変更があった場合は、前回のバージョンと全く同じコンテンツとはならない可能性があります。詳しくは、ページの復元方法を参照してください。

ページのロック - クラシック UI

コンソールから、または個々のページの編集時にページをロック/ロック解除できます。ページがロックされているかどうかに関する情報も、両方の場所で示されます。

新しいフォルダーの作成 - クラシック UI

注意:

フォルダーに新しいフォルダー名を指定する際にも、ページ命名規則に従います。

  1. Web サイトコンソールを開いて、必要な場所まで移動します。

  2. 新規 メニュー(「新規」の横の矢印をクリック)で、「新しいフォルダー」を選択します。

  3. フォルダーを作成ダイアログが開きます。ここで、「名前」と「タイトル」を入力できます。

  4. 作成」を選択してフォルダーを作成します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー