現在表示中:

クリエイティブプロジェクトは、マーケティング担当者や制作担当者のために、組織内のマーケティングリクエストや関連する制作プロセスを計画、管理、追跡するツールを提供します。

特に、クリエイティブプロジェクトは、以下のタスクを含む写真撮影ワークフロー全体を能率化します。

  • 写真撮影リクエストの生成
  • 撮影した写真のアップロード
  • 写真撮影での共同作業
  • 承認されたアセットのパッケージ化

注意:

ユーザーの役割とワークフローの特定のユーザータイプへの割り当てについては、プロジェクトユーザーの役割を参照してください。

撮影した製品写真ワークフローの詳細

クリエイティブプロジェクトには、多様なプロジェクト要件に応じた様々なプロジェクトテンプレートが用意されています。製品撮影プロジェクトテンプレートは、すぐに使用できます。このテンプレートは、製品撮影リクエストを開始し、管理できる写真撮影ワークフローを提供します。適切なレビューおよび承認プロセスを通じて、製品のデジタル画像を取得できる一連のタスクも含まれます。

このテンプレートには、以下のワークフローが含まれます。

  • 撮影した製品写真(コマース統合)ワークフロー:このワークフローでは、製品情報管理(PIM)システムとのコマース統合を利用し、選択した製品(階層)に基づいて撮影リストを自動的に生成します。ワークフローの完了後、製品データをアセットメタデータの一部として表示できます。
  • 撮影した製品写真ワークフロー:このワークフローでは、コマース統合を利用する代わりに、プロジェクトマネージャーが撮影リストを提供します。これにより、アップロードされた画像をプロジェクトアセットフォルダー内の CSV ファイルにマップします。

注意:

撮影した製品写真ワークフローの撮影リストのアップロードタスクでアップロードする CSV ファイルのファイル名は shotlist.csv にしてください。

製品撮影プロジェクトを作成

  1. プロジェクトコンソールで「作成」をクリックし、リストから「プロジェクトを作成」を選択します。

  2. プロジェクトを作成ページで、写真撮影プロジェクトテンプレートを選択し、「次へ」をクリックします。

  3. タイトル、説明、期限などプロジェクトの詳細を入力します。ユーザーを追加し、様々な役割を割り当てます。

  4. 作成」をクリックします。プロジェクトが作成されたことを示す確認ダイアログが表示されます。

  5. 完了」をクリックして、プロジェクトコンソールに戻ります。または、「プロジェクトを開く」をクリックして、写真撮影プロジェクト内のアセットを表示します。

製品撮影プロジェクトのワークの開始

写真撮影リクエストを開始するには、プロジェクトをクリックまたはタップし、プロジェクトの詳細ページ内で「ワークを追加」をクリックして、ワークフローを開始します。

製品撮影プロジェクトには、以下の既製のワークフローが含まれています。

  • 撮影した製品写真(コマース統合)ワークフロー
  • 撮影した製品写真ワークフロー

撮影した製品写真(コマース統合)ワークフロー は、画像アセットを製品コンソールに表示される製品にマップするときに使用します。このワークフローでは、コマース統合を利用して、承認された画像を /etc/commerce にある既存の製品データにリンクします。

撮影した製品写真(コマース統合)ワークフローには、以下のタスクが含まれます。

  • 撮影リストの作成
  • 撮影した写真をアップロード
  • 撮影した写真をリタッチ
  • レビューおよび承認
  • 実稼動に移動タスク

撮影した製品写真ワークフロー は、製品情報がシステム内で使用できない場合に、CSV ファイルでアップロードされる製品情報に基づいて画像アセットを製品にマップするときに使用します。CSV ファイルには、製品 ID、カテゴリ、説明など、製品の基本情報を含める必要があります。このワークフローでは、製品の承認されたアセットを取得します。

このワークフローには、以下のタスクが含まれます。

  • 撮影リストのアップロード
  • 撮影した写真をアップロード
  • 撮影した写真をリタッチ
  • レビューおよび承認
  • 実稼動に移動タスク

ワークフロー設定オプションを使用して、このワークフローをカスタマイズできます。

どちらのワークフローにも、製品とその承認されたアセットをリンクするステップが含まれます。各ワークフローには、以下のステップが含まれます。

  • ワークフロー設定:ワークフローをカスタマイズするためのオプションを記述します。
  • プロジェクトワークフローの開始:撮影した製品写真ワークフローを開始する方法を説明します。
  • ワークフロータスクの詳細:ワークフローで使用可能なタスクの詳細を指定します。

プロジェクトの進行状況の追跡

プロジェクト内のアクティブなタスクまたは完了したタスクを監視することによって、プロジェクトの進行状況を追跡できます。

以下のものを使用して、プロジェクトの進行状況を判断します。

  • タスクカード:プロジェクト全体の進行状況を表示します。
  • タスクリスト:タスクカードをクリックすると、ワークフロータスクが一覧表示されます。このリストには、プロジェクトタスクに関する詳細情報が表示されます。

プロジェクトに関連タスクがある場合は、プロジェクトの詳細ページにタスクカードが表示されます。タスクカードには、プロジェクト全体の進行状況が表示されます。ワークフロー内の既存のタスクに基づいて、プロジェクトの現在のステータスが表示されます。今後のタスクは含まれません。

タスクカードには、以下の情報が表示されます。

  • アクティブなタスクの割合
  • 完了したタスクの割合

タスクカードをクリックすると、タスクリストが表示されます。タスクリストには、プロジェクトに関連するタスクに関する情報が一覧表示されます。タスクリストのタスクは、親ワークフローの下にグループ化されています。タスクの詳細に加え、タスクリストには期限、担当者、優先度、タスクのステータスなどのメタデータも表示されます。

ワークフロー設定

このタスクでは、役割に基づいてユーザーにワークフローのステップを割り当てます。

撮影した製品写真ワークフローを設定するには:

  1. レールからツール操作ワークフローをクリックし、リストから撮影した製品写真ワークフローをダブルクリックします。

  2. 撮影した製品写真ワークフローページで、プロジェクトタスクをダブルクリックすると、そのタスクの設定ウィンドウが開きます。例えば、撮影リストのアップロードタスクをダブルクリックすると、その設定ウィンドウが開きます。

  3. タスク」タブをクリックして、以下の項目を設定します。

    • タスクの名前
    • タスクを受信するデフォルトのユーザー(役割)
    • ユーザーのタスクリストに表示される、タスクのデフォルトの優先度
    • 担当者がタスクを開いたときに表示されるタスクの説明
    • タスクが開始された時間に基づいて計算されるタスクの期限
  4. OK」をクリックし、設定を保存します。

    同様に、撮影した製品写真ワークフローに対しても以下のタスクを設定できます。

    • 撮影した写真をアップロード
    • 撮影した製品写真をリタッチ
    • 撮影した写真のレビュー
    • 実稼動に移動

    同様の手順に従って、撮影した製品写真(コマース統合)ワークフローのタスクを設定します。

このセクションでは、製品情報管理とクリエイティブプロジェクトを統合する方法について説明します。

プロジェクトワークフローの開始

  1. 製品撮影プロジェクトに移動して、ワークフローカードの「ワークを追加」アイコンをクリックします。

  2. 撮影した製品写真(コマース統合)ワークフローカードを選択して、撮影した製品写真(コマース統合)ワークフローを開始します。製品情報が /etc/commerce にない場合は、代わりに撮影した製品写真ワークフローを選択して、撮影した製品写真ワークフローを開始します。

  3. 次へ」をクリックして、プロジェクト内でワークフローを開始します。

  4. 各ワークフローについては、次のページで詳しく説明します。

    送信」をクリックして、写真撮影ワークフローを開始します。写真撮影プロジェクトのプロジェクトの詳細ページが表示されます。

ワークフロータスクの詳細

写真撮影ワークフローには、複数のタスクが含まれています。各タスクは、そのタスク用に定義された設定に基づいて、ユーザーグループに割り当てられます。

撮影リストの作成タスク

撮影リストの作成タスクを使用して、プロジェクト所有者が画像を必要とする製品を選択できます。ユーザーが選択したオプションに基づいて、製品の基本情報を含む CSV ファイルが生成されます。

  1. プロジェクトフォルダーでタスクカードをクリックし、ワークフロー内のタスクのリストを表示します。

  2. タスクリストで撮影リストの作成タスクをクリックし、タスクの詳細を表示します。

  3. 撮影リストを作成」をクリックします。

  4. 製品コンソールから、製品データに画像が関連付けられていない製品を選択します。

  5. 追加」アイコンをクリックして、このような製品のリストを含む CSV ファイルを作成します。選択した製品についての撮影リストが作成されたことを示す確認ダイアログボックスが表示されます。「閉じる」をクリックして、ワークフローを完了します。

  6. 撮影リストを作成すると、「撮影リストを表示」リンクが表示されます。撮影リストにさらに製品を追加するには、「撮影リストに追加」をクリックします。この場合、最初に作成された撮影リストにデータが追加されます。

  7. 撮影リストを表示」をクリックして、新規作成された撮影リストを表示します。

    既存のデータを編集または新しいデータを追加するには、ツールバーから「編集」をクリックします。「製品」フィールドと「説明」フィールドのみ 編集可能です。

    ファイルを更新したら、ツールバーの「保存」をクリックしてファイルを保存します。

  8. 製品を追加したら、撮影リストの作成タスクの詳細ページの「完了」アイコンをクリックして、タスクを「完了」としてマークします。オプションで、コメントを追加できます。

    タスクが完了すると、プロジェクト内で以下の変更がおこなわれます。

    • 製品階層に対応するアセットが、ワークフローのタイトルと同じ名前を持つフォルダー内に作成されます。
    • 画像がフォトグラファーから提供される前でも、アセットコンソールを使用してアセットのメタデータを編集できるようになります。
    • フォトグラファーから提供された画像を保存する Photo Shoot フォルダーが作成されます。Photo Shoot フォルダーには、撮影リストの製品エントリごとのサブフォルダーが含まれます。

    撮影した製品写真(コマース統合なし)ワークフローの場合は、撮影リストのアップロードが最初のタスクです。「撮影リストをアップロード」をクリックして、shotlist.csv ファイルをアップロードします。CSV ファイルには、製品 ID を含める必要があります。その他のフィールドはオプションです。オプションのフィールドを使用して、アセットを製品にマップできます。

撮影リストのアップロードタスク

このタスクでは、画像アセットが必要な製品のリストを CSV ファイルでアップロードします。プロジェクトカードの下の「撮影リストを表示」リンクを使用して、サンプルの CSV ファイルをダウンロードします。サンプルファイルをレビューして、CSV ファイルの通常の内容を理解してください。

製品リストまたは CSV ファイルには、カテゴリ、製品 ID、説明およびパスなどのフィールドを含めることができます。「ID」フィールドは必須で、製品 ID が格納されます。その他のフィールドはオプションです。

製品は、特定のカテゴリに属することができます。製品カテゴリは、CSV ファイルの「カテゴリ」列に表示することができます。「製品」フィールドには製品名が格納されます。「説明」フィールドに、製品の説明またはフォトグラファーに対する指示を入力します。

注意:

アップロードする画像の名前は、「<ProductId>_」で始める必要があります。製品 ID は、shotlist.csv ファイルの「ID」フィールドから参照されます。例えば、撮影リストの ID397122 の製品に対しては、397122_highcontrast.jpg または 397122_lowlight.png などの名前のファイルをアップロードできます。

  1. プロジェクトフォルダーの下のタスクカードをクリックして、ワークフロー内のタスクのリストを表示します。タスクリストで撮影リストのアップロードタスクをクリックし、タスクの詳細を表示します。

  2. 撮影リストをアップロード」をクリックして、shotlist.csv というファイル名の CSV ファイルをアップロードします。このファイルは、次のタスクで製品データを抽出するためのソースとして使用されます。

  3. 適切な形式の製品情報を含む CSV ファイルをアップロードします。CSV ファイルをアップロードすると、カードの下に、「アップロードされたアセットを表示」リンクが表示されます。

    完了」アイコンをクリックして、タスクを完了します。

撮影した写真のアップロードタスク

このタスクでは、エディター役割を持つユーザーが、前のタスクで作成またはアップロードした shotlist.csv ファイルにリストされている製品の写真をアップロードします。

アップロードする画像の名前は、「<productId>_」で始める必要があります。この製品 ID は、shotlist.csv ファイルの「ID」フィールドから参照されます。例えば、撮影リストに含まれている ID 397122 の製品について、397122_highcontrast.jpg397122_lowlight.png といった名前の画像ファイルをアップロードできます。

画像を直接アップロードすることも、画像を含む ZIP ファイルをアップロードすることもできます。画像はそれぞれの名前に基づいて、Photo Shoot フォルダー内の製品フォルダーに配置されます。

  1. プロジェクトフォルダーの下のタスクカードをクリックして、ワークフロー内のタスクのリストを表示します。タスクリストで撮影リストのアップロードタスクをクリックし、タスクの詳細を表示します。

  2. 撮影した写真をアップロード」をクリックして、撮影した写真の画像をアップロードします。

  3. 完了」アイコンをクリックして、タスクを完了します。

  4. 画像を ZIP ファイルから抽出してそれぞれの製品フォルダー内に配置するには、画像をアップロードしてから「アップロードされたアセットを表示」リンクをクリックします。

    アップロードされた画像は、Photo Shoot フォルダー内の製品フォルダーに配置されます。

撮影した写真のリタッチタスク

撮影した写真のリタッチタスクでは、エディター役割のユーザーが、Photo Shoot フォルダーにアップロードされた画像を編集できます。Adobe Drive を使用して、Adobe Experience Manager Assets に接続し、Creative Suite 製品を使用して画像を編集します。

  1. プロジェクトフォルダーの下のタスクカードをクリックして、ワークフロー内のタスクのリストを表示します。タスクリストで撮影した写真のリタッチタスクをクリックします。

  2. 撮影した写真のリタッチページで「アップロードされたアセットを表示」リンクをクリックして、アップロードされた画像を参照およびリタッチします。

    Adobe Experience Manager Assets 内の Adobe Drive 統合を利用して、Photoshop および Bridge でアセットを編集またはリタッチします。Adobe DriveDAM コネクターを使用して、Adobe Experience Manager Assets をシステム上のドライブとしてマウントします。

    Adobe Experience Manager Assets をドライブとして利用できるようになったら、必要なアセットパスに移動し、Creative Suite アプリケーションでアセットを開いて、編集できます。

    編集した画像を AEM Assets に保存するには、メニュー/ファイル/チェックインに移動し、バージョン管理コメントを入力して、「OK」をクリックします。

レビューおよび承認タスク

このタスクでは、エディター役割のユーザーが、フォトグラファーからアップロードされた写真画像をレビューし、使用可能な画像として承認します。

  1. プロジェクトフォルダーの下のタスクカードをクリックして、ワークフロー内のタスクのリストを表示します。タスクリストで、レビューと承認タスクをクリックします。

  2. レビューと承認ページで、レビュータスクを例えばレビュアーなどの役割に割り当て、「レビュー」をクリックして、アップロードされた製品画像のレビューを開始します。

  3. 製品ごとに 1 つ以上の画像を選択して、承認済みとしてマークします。 

  4. 「承認」アイコンをクリックして、画像を承認します。

    画像を承認すると、承認済みバナーが画像に重ねて表示されます。

    注意:

    製品を画像なしのままにすることもできます。後でこのタスクを再訪問し、完了後に「完了」としてマークできます。

  5. 完了」をクリックします。承認された画像が、作成済みの空のアセットとリンクされます。

アセットコンソールを使用してプロジェクトアセットに移動し、承認された画像を確認することができます。

次のレベルをクリックして、製品データ階層どおりに製品を表示します。

クリエイティブプロジェクトは、承認されたアセットと参照されている製品を関連付けます。アセットメタデータは、「製品データ」タブの製品リファレンスと基本情報を使用して、「AEM アセットメタデータ」セクションに表示されるアセットプロパティの下で更新されます。

注意:

撮影した製品写真ワークフロー(コマース統合なし)では、承認された画像は製品と関連付けられていません。

実稼動に移動タスク

このタスクによって、承認されたアセットが実稼動用フォルダーに移動し、利用できるようになります。 

  1. プロジェクトフォルダーの下のタスクカードをクリックして、ワークフロー内のタスクのリストを表示します。タスクリストで、実稼動に移動タスクをクリックします。

  2. 実稼動用フォルダーに移動する前に、撮影した写真の承認されたアセットを表示するには、実稼動に移動タスクページのプロジェクトのサムネールの下にある「承認されたアセットを表示」リンクをクリックします。

  3. 実稼動用フォルダーのパスを「移動先」フィールドに入力します。

    実稼動に移動」をクリックします。確認メッセージを閉じます。アセットが前述のパスに移動し、フォルダー階層に基づいて、各製品の承認されたアセット用のスピンセットが自動的に作成されます。

  4. アセットを移動すると、カード上に「実稼動アセットを表示」リンクが表示されます。このリンクをクリックすると、実稼動フォルダーに移動します。

    実稼動アセットを表示」をクリックして、図のように、実稼動用アセットを表示します。

    クリックしてフォルダーを開き、製品データに基づいて製品階層をレビューします。

  5. 完了」アイコンをクリックします。最後のステップが「完了」とマークされると、ワークフローが完了します。

DAM アセットメタデータの表示

アセットを承認すると、そのアセットが対応する製品にリンクされます。承認されたアセットのプロパティページには、「製品データ」(リンクされた製品の情報)タブが追加されています。このタブには、製品の詳細、SKU 番号およびアセットにリンクしているその他の製品に関連する詳細が表示されます。アセットのプロパティを更新するには、編集アイコンをクリックします。製品関連情報は、読み取り専用のままです。

リンクをクリックすると、アセットが関連付けられている製品コンソール内の製品詳細ページが表示されます。

プロジェクト撮影ワークフローのカスタマイズ

要件に基づいて、プロジェクト撮影ワークフローをカスタマイズできます。これは、役割に基づくオプションのタスクであり、プロジェクト内の変数の値を設定するために実行します。後で、この設定値を判断に使用することができます。

  1. AEM のロゴをクリックまたはタップし、ツールワークフローモデルに移動して、ワークフローのモデルページを開きます。

  2. 撮影した製品写真(コマース統合)ワークフローまたは撮影した製品写真ワークフローを選択し、ツールバーから「編集」をクリックまたはタップして、ワークフローを編集モードで開きます。

  3. サイドキックでプロジェクトタスクを開き、役割に基づくプロジェクトタスクを作成ステップをワークフローにドラッグします。

  4. ワークフローの「役割に基づくタスク」をダブルクリックして、このステップを開き、設定します。

  5. タスク」タブで、タスクリストに表示されるタスクの名前 を指定します。タスクを役割に割り当て、デフォルトの優先度を設定し、説明を入力し、タスクが期限切れになる時間を指定することもできます。

  6. ルーティング」タブで、タスクのアクションを指定します。複数のアクションを追加するには、「項目を追加」リンクをクリックします。

  7. オプションを追加したら、「OK」をクリックして変更をステップに追加します。

    注意:

    OK」をクリックしても、ワークフロー内の変更は保存されません。ワークフロー内の変更を保存するには、「保存」をクリックします。

  8. サイドキックからワークフロータスクを開き、移動タスクを追加します。

  9. 移動タスクを開き、「プロセス」タブをクリックします。

  10. スクリプト」ボックスに次のスクリプトを指定します。

    function check() {

        if (workflowData.getMetaDataMap().get("lastTaskAction","") == "Reject All") {

            return true

        }

        // set copywriter user in metadata

        var previousId = workflowData.getMetaDataMap().get("lastTaskCompletedBy", "");  

        workflowData.getMetaDataMap().put("copywriter", previousId);

        return false;

    }

    注意:

    ワークフローステップのスクリプトの詳細については、OR 分割のルールの定義を参照してください。

  11. OK」をクリックします。

  12. 保存」をクリックして、ワークフローを保存します。

  13. 実稼動に移動タスクが完了し、所有者に割り当てられたら、新しいプロジェクト所有者の同意タスクが表示されます。

    所有者の役割を持つユーザーは、タスクを完了し、コメントポップアップのリストから(ワークフローステップ設定で追加されたアクションのリストから)アクションを選択できます。

    適切なオプションを選択し、「完了」をクリックして、ワークフロー内の移動ステップを実行します。

注意:

サーバーを起動すると、プロジェクトタスクリストのサーブレットが、/libs/cq/core/content/projects/tasktypes で定義される、タスクタイプと URL のマッピングをキャッシュします。その後、通常のオーバーレイを実行し、/apps/cq/core/content/projects/tasktypes に配置することによって、カスタムタスクタイプを追加できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー