現在表示中:

次の記事には、AEM でのオーサリングの 2 種類の概要が記載されています。

強力なオーサリング機能について詳しくは、オーサリングユーザーガイドを参照してください。

注意:

ここでは、コンテンツページのオーサリングに関連するタスクについて取り上げます。ページオーサリングに密接に関連する多くの追加機能があります。これらについては、オーサリングユーザーガイドのサイトおよびページ機能のトピックに記載されています。

ページのオーサリングに使用される機能の概要

オーサー環境では、ページのオーサリングに役立つ次の機能を利用できます。

  • ドラッグ&ドロップ
    コンポーネント(テキスト、画像など)およびデジタルアセット(画像など)は、目的の位置にドラッグ&ドロップするだけで、ページ上で簡単に配置できます。
  • 編集
    コンポーネントをページ上に配置すれば、コンポーネント特有のダイアログが開いて、コンテンツを入力したり、そのコンポーネントの特徴(画像サイズなど)を設定したりすることができます。
  • インプレース編集
    テキストおよび画像コンポーネントは、ダイアログボックスを開いたり明示的に保存することなく、Web ページ上で直接編集できます。
  • コンポーネントブラウザー(タッチ操作向け UI)
    編集可能なページの左側に表示されるスライド機能付きブラウザーです。このブラウザーから、コンポーネントをページにドラッグして編集できます。
  • アセットブラウザー(タッチ操作向け UI)
    編集可能なページの左側に表示されるスライド機能付きブラウザーです。このブラウザーから、アセットをページにドラッグして、例えばアセットを配置したり、他のページへのリンクを作成したりすることができます。
  • サイドキック(クラシック UI)
    編集可能なページに表示される、「インスペクター」の役割を持つフローティングウィンドウです。このウィンドウから新しいコンポーネントをページにドラッグして、ページ固有のアクションを実行できます。
  • コンテンツファインダー(クラシック UI)
    作成可能な各ページの左側に表示されます。ここから、デジタルアセット(他の画像、Flash 要素、ドキュメントなど)、他のページ、段落などの様々なアセットにすばやくアクセスできます。これらの項目をページにドラッグして、例えばアセットを配置したり、他のページへのリンクを作成したりすることができます。
  • コンポーネントツールバー(タッチ操作向け UI)
    1 回、またはゆっくり 2 回クリックまたはタップすると、状況に応じたツールバーが表示されます(1 回の場合はインプレース編集ツールバー、ゆっくりとした 2 回の操作の場合は完全なツールバー)。
  • コンテキストメニュー(クラシック UI)
    ほとんどの画面上の要素(ページ上の段落など)で、右クリックすると状況に応じた操作オプションを含むコンテキストメニューが開きます。
  • レスポンシブレイアウト(タッチ操作向け UI)
    レスポンシブグリッド内にコンポーネントを配置できる段落システムを提供します。
  • 入力中の検索
    特定のシナリオ(編集ダイアログでのパスの選択など)において、AEM インターフェイスを使用したコンテンツの検索では、クエリを入力中に動的に一致するものが表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー