現在表示中:

AEM では、レイアウトコンテナコンポーネントを使用して、ページのレスポンシブレイアウトを実現します。

レスポンシブグリッド内にコンポーネントを配置できる段落システムを提供します。このグリッドでは、デバイスやウィンドウのサイズおよび形式に従ってレイアウトを再編成できます。このコンポーネントを、レイアウトモードと連動して使用すると、デバイスに依存するレスポンシブレイアウトを作成および編集できます。

レイアウトコンテナには、次の特徴があります。

  • 水平方向のスナップをグリッドに提供します。また、コンポーネントをグリッドに並べて配置して、折りたたみやリフローのタイミングを定義できます。
  • 事前定義済みのブレークポイント(「電話」、「タブレット」など)を使用して、関連するデバイスや向きで必要とされるコンテンツの動作を定義できます。例えば、コンポーネントのサイズや、特定のデバイスでコンポーネントを表示するかどうかをカスタマイズできます。
  • ネストして、列の制御を実現できます。

その後、エミュレーターを使用して、特定のデバイスのコンテンツのレンダリング方法を確認できます。

レイアウトコンテナは、お使いのインスタンスに応じて、ページのデフォルトの段落システムとして使用するか、ページにドロップできるコンポーネントとして使用できます(その両方も可能です)。

警告:

レイアウトコンテナコンポーネントはクラシック UI でも使用できますが、完全な機能を利用できるのはタッチ操作向け UI のみです。

AEM は、次のメカニズムを組み合わせて使用することにより、ページのレスポンシブレイアウトを実現します。

  • レイアウトコンテナコンポーネント
    このコンポーネントは、コンポーネントブラウザーで使用でき、レスポンシブグリッド内にコンポーネントを追加および配置できるグリッド段落システムを提供します。ページ上のデフォルトの段落システムとしても設定できます。
  • レイアウトモード
    レイアウトコンテナをページに配置したら、レイアウトモードを使用して、レスポンシブグリッド内にコンテンツを配置できます。
  • エミュレーター
    コンポーネントをインタラクティブにサイズ変更することによってデバイスやウィンドウのサイズに従ってレイアウトを再編成する、レスポンシブ Web サイトを作成および編集できます。その後、エミュレーターを使用して、コンテンツのレンダリング方法を確認できます。

これらのレスポンシブグリッドメカニズムを使用すると、次のことが可能になります。

  • ブレークポイントを使用して、(デバイスのタイプと向きを基準とした)デバイスの幅に基づいて異なるコンテンツのレイアウトを定義する。
  • これらの同じブレークポイントとコンテンツのレイアウトを使用して、デスクトップ上のブラウザーウィンドウのサイズに応じたコンテンツを作成する。
  • グリッドに対して水平方向のスナップを使用(グリッドにコンポーネントを配置し、必要に応じてサイズ変更し、横方向や上限方向への折たたみやリフローのタイミングを定義)する。
  • 特定のデバイスレイアウトのコンポーネントを非表示にする。
  • 列の制御を実現する。

プロジェクトによって、レイアウトコンテナは、ページのデフォルトの段落システムとして使用できるほか、(ページに追加できるコンポーネントとして)コンポーネントブラウザーから選択することもできます。

注意:

前述のメカニズムの使用は、テンプレートでの設定によって有効になります。詳しくは、レスポンシブレイアウトの設定を参照してください。

レイアウトの定義、デバイスのエミュレーションおよびブレークポイント

Web サイトのコンテンツを作成する場合は、使用するデバイスに適した方法でコンテンツが表示されるようにする必要があります。

AEM では、デバイスの幅に依存するレイアウトを定義できます。

  • エミュレーターを使用すると、これらのレイアウトを様々なデバイスに基づいてエミュレートできます。デバイスタイプと同様に、回転デバイスによって選択した方向も、幅の変更として選択されるブレークポイントに影響する場合があります。
  • ブレークポイントとは、レイアウトの定義を区切るポイントのことです。
    • ブレークポイントでは、専用のレイアウトを使用するあらゆるデバイスの最大幅を(ピクセル単位で)効果的に定義します。
    • ブレークポイントは通常、デバイスのディスプレイの幅に応じて、様々なデバイスに使用できます。
    • ブレークポイントの範囲は、次のブレークポイントまで、左側に広がります。
    • ブレークポイントを具体的に選択することはできず、デバイスと向きの選択によって、適切なブレークポイントが自動的に選択されます。

デスクトップデバイスには、特定の幅がなく、デフォルトのブレークポイントに関連します(つまり、すべてが最後に設定したブレークポイントを上回る)。

注意:

個別のデバイスごとにブレークポイントを定義するという方法も考えられますが、そうするとレイアウトの定義とメンテナンスに必要となる作業が大幅に増加することになります。

エミュレーターを使用してエミュレーションおよびレイアウト定義用の特定のデバイスを選択すると、関連するブレークポイントもハイライト表示されます。レイアウト変更は、ブレークポイントが適用される他のデバイス(アクティブなブレークポイントマーカーの左側で、次のブレークポイントマーカーの前に位置するすべてのデバイス)にも適用できます

例えば、エミュレーションおよびレイアウト用に iPhone 6 Plus デバイス(幅 540 ピクセルとして定義)を選択した場合、電話(768 ピクセルとして定義)ブレークポイントもアクティブになります。iPhone 6 に対して行ったレイアウト変更はすべて、iPhone 5(320 ピクセルとして定義)など、電話ブレークポイントを下回る他のデバイスにも適用されます。

エミュレートするデバイスの選択

  1. 必要なページを編集用に開きます。次に例を示します。

    http://localhost:4502/editor.html/content/geometrixx-media/en.html

  2. 上部のツールバーからエミュレーターアイコンを選択します。

  3. エミュレーターツールバーが開きます。ここから次の操作ができます。

    • デバイスの回転
    • マーカーから特定のデバイスを選択
  4. エミュレートするデバイスを選択するには、次のどちらかの方法を使用できます。

    • ドロップダウンセレクターを使用する。
    • エミュレーターツールバーのデバイスのインジケーターをタップまたはクリックする。
  5. 特定のデバイスを選択すると、次のことができます。

    • 選択したデバイス(iPad など)のアクティブマーカーを確認する。
    • 該当するブレークポイントタブレットなど)のアクティブマーカーを確認する。
    • 現在のデバイスの折り目を表す点線が表示されます。例えば、iPhone 5 では次のようになります。

レイアウトコンテナとそのコンテンツの追加(編集モード)

レイアウトコンテナは、次の特徴を持つ段落システムです。

  • 他のコンポーネントを含む
  • レイアウトの定義に使用できる
  • 変更に対応する

注意:

まだ使用可能になっていない場合は、レイアウトコンテナを、明示的に段落システムまたはページ用にアクティベートする必要があります(デザインモードを使用するなどの方法があります)。

  1. レイアウトコンテナは、コンポーネントブラウザーで標準機能として使用できます。ここから、ページ上の必要な場所へドラッグできます。そうすると、「コンポーネントをここにドラッグ」プレースホルダーが表示されます。

  2. その後、コンポーネントをレイアウトコンテナに追加できます。これらのコンポーネントには実際のコンテンツが含まれます。

レイアウトコンテナでの選択およびアクションの実行(編集モード)

他のコンポーネントと同様に、レイアウトコンテナは、選択してからアクション(コピー、切り取り、削除)を実行できます(編集モードのとき)。

警告:

レイアウトコンテナは段落システムなので、このコンポーネントを削除すると、レイアウトグリッドに加えて、そのコンテナ内にあるすべてのコンポーネント(およびそのコンテンツ)も削除されます。

  1. グリッドプレースホルダ―の上にマウスポインターを置くと、選択肢は「」のみとなります。

  2. レイアウトコンポーネントがネストされている場合は、アクションを実行するインスタンスを選択する必要があります(オプションの上にマウスポインターを置くと、ページ上の選択項目を示す黒いボーダーが表示されます)。

  3. グリッド全体が、コンテンツも含めて強調表示されます。コンポーネントツールバーが表示され、ここから、「削除」などのアクションを選択できます。

レイアウトの定義(レイアウトモード)

注意:

ブレークポイントごとに別々のレイアウトを定義できます(エミュレートされたデバイスのタイプと向きによって決定)。

レイアウトコンテナと共に実装されているレスポンシブグリッドのレイアウトを設定するには、レイアウトモードを使用する必要があります。ここから、グリッドに対する様々なアクションを実行できます。

  • 青いドットを使用して、コンテンツのコンポーネントのサイズを変更します。サイズ変更は常にグリッドにスナップされます。背景のサイズを変更する際には、次のように位置揃えを補助するためのグリッドが表示されます。

    注意:

    コンポーネント(画像など)のサイズが変更されても、割合と比率は維持されます。

  • コンテンツコンポーネントをクリックまたはタップします。ツールバーで次の操作を実行できます。


    • 全体的にアクションを実行するために、レイアウトコンテナコンポーネント全体を選択できます。
    • 新規行にフロート
      コンポーネントが、グリッド内の空きスペースに応じて、新しい行に移動します。
    • コンポーネントを非表示
      コンポーネントが非表示になります(レイアウトコンテナのツールバーから復元できます)。
  • レイアウトモードでは、「コンポーネントをここにドラッグ」をタップまたはクリックすると、コンポーネント全体を選択できます。そうすると、このモードのツールバーが次のように表示されます。


    • 親コンポーネントを選択します。
    • 非表示のコンポーネントを表示
      すべてのコンポーネントまたは個々のコンポーネントを表示します。数値は、現在非表示になっているコンポーネントの個数を示します。
      次の例のインジケーターは、非表示のコンポーネントが 1 つあることを示しています(一番上のテキストコンポーネント)。
    • ブレークポイントレイアウトを元に戻す
      デフォルトのレイアウトに戻します。カスタマイズされたレイアウトが適用されなくなります。
    • 新規行にフロート
      コンポーネントの位置を上に移動します(間隔が許可される場合)。
    • コンポーネントを非表示
      現在のコンポーネントを非表示にします。

    注意:

    上記の例では、フロートと非表示のアクションが使用可能になっています。これは、このレイアウトコンテナが親レイアウトコンテナ内にネストされているからです。

    • コンポーネントを表示
      親コンポーネントを選択してその中に含まれる非表示のコンポーネントの数(例:2)を示します。

    その後、「すべてを復元」を選択して非表示のコンポーネントを復元できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー