現在表示中:

この節では、Adobe Experience Manager(AEM)をアプリケーションサーバーと共にインストールする方法について説明します。個々のアプリケーションサーバーに提供されているサポートのレベルについては、サポートされているプラットフォームを参照してください。

以下のアプリケーションサーバーのインストール手順について説明します。

Web アプリケーションのインストール、サーバーの設定、サーバーの起動および停止方法について詳しくは、該当するアプリケーションサーバーのドキュメントを参照してください。

注意:

WAR デプロイメントでダイナミックメディアを使用している場合は、ダイナミックメディアのドキュメントを参照してください。

概要

アプリケーションサーバーに AEM をインストールするときのデフォルトの動作

AEM は、単一の war ファイルとしてデプロイされます。

デプロイすると、デフォルトで次のようになります。

  • 実行モードは author
  • インスタンス(リポジトリ、Felix OSGI 環境、バンドルなど)が、${user.dir}/crx-quickstart にインストールされる(ここで、${user.dir} は現在の作業ディレクトリで、crx-quickstart へのこのバスを sling.home と呼ぶ)
  • コンテキストルートは war ファイル名(例:aem-6)

設定

デフォルトの動作は次のように変更できます。

  • 実行モード:デプロイメント前に、AEM war ファイルの WEB-INF/web.xml ファイルで sling.run.modes パラメーターを設定
  • sling.home:デプロイメント前に、AEM war ファイルの WEB-INF/web.xml ファイルで sling.home パラメーターを設定
  • コンテキストルート:AEM war ファイル名を変更

パブリッシュインストール

パブリッシュインスタンスをデプロイするには、実行モードをパブリッシュに設定する必要があります。

  • AEM war ファイルから WEB-INF/web.xml を解凍
  • sling.run.modes パラメーターを publish に変更
  • web.xml ファイルを AEM war ファイルに再圧縮
  • AEM war ファイルをデプロイ

インストールの確認

すべてがインストールされているかどうかは、次の手順で確認します。

  • error.log ファイルを追跡して、すべてのコンテンツがインストールされていることを確認
  • /system/console を調べて、すべてのバンドルがインストールされていることを確認

同じアプリケーションサーバーに 2 つのインスタンス

デモンストレーション目的で、オーサーインスタンスとパブリッシュインスタンスを 1 つのアプリケーションサーバーにインストールすることが適切な場合があります。そのためには、次の手順を実行します。

  1. パブリッシュインスタンスの sling.home 変数と sling.run.modes 変数を変更します。

  2. AEM war ファイルから WEB-INF/web.xml ファイルを解凍します。

  3. sling.home パラメーターを別のパス(絶対パスと相対パスが指定可能)に変更します。

  4. sling.run.modes を、パブリッシュインスタンス用に publish に変更します。

  5. web.xml ファイルを再圧縮します。

  6. war ファイルの名前を、別々の名前になるように変更します。例えば、一方を aemauthor.war に、もう一方を aempublish.war に変更します。

  7. 高めのメモリ設定を使用します。例えば、デフォルトの AEM インスタンスの場合は、-Xmx3072m などを使用します。

  8. 2 つの Web アプリケーションをデプロイします。

  9. デプロイ後に、2 つの Web アプリケーションを停止します。

  10. オーサーインスタンスとパブリッシュインスタンスの両方で、sling.properties ファイルで property felix.service.urlhandlers=false が false に設定されていると仮定します(デフォルトでは true に設定)。

  11. 2 つの Web アプリケーションを再度起動します。

アプリケーションサーバーのインストール手順

WebSphere 8.5

デプロイ前に、上記の概要を読んでください。

サーバーの準備

  • Basic 認証ヘッダーを無効にします。
    • AEM でユーザーを認証する方法の 1 つは、WebSphere サーバーのグローバル管理セキュリティを無効にすることです。これを行うには、Security/Global Security で「Enable administrative security」チェックボックスを解除し、保存して、サーバーを再起動します。
  • set "JAVA_OPTS= -Xmx2048m"
  • コンテキストルート = / を使用して AEM をインストールする場合は、まず既存のデフォルト Web アプリケーションのコンテキストルートを変更する必要があります。

AEM Web アプリケーションのデプロイ

  • AEM war ファイルをダウンロードします。
  • 必要に応じて、web.xml で設定します(上記の「概要」を参照)。
    • WEB-INF/web.xml ファイルを解凍します。
    • sling.run.modes パラメーターを publish に変更します。
    • sling.home 初期パラメーターをコメント解除し、必要に応じてこのパスを設定します。
    • web.xml ファイルを再圧縮します。
  • AEM war ファイルをデプロイします。
    • コンテキストルートを選択します(sling 実行モードを設定する場合は、デプロイウィザードの詳細な手順を選択し、ウィザードの手順 6 でコンテキストルートを指定する必要があります)。
  • AEM Web アプリケーションを起動します。

JBoss EAP 6.3.0/6.4.0

デプロイ前に、上記の概要を読んでください。

JBoss サーバーの準備

設定ファイル(standalone.conf など)でメモリ引数を設定します。

  • JAVA_OPTS="-Xms64m -Xmx2048m"

deployment-scanner を使用して AEM Web アプリケーションをインストールする場合は、deployment-timeout の値を増やすことをお勧めします。そのためには、インスタンスの xml ファイル(configuration/standalone.xml など)で deployment-tiimeout 属性を設定します。

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:deployment-scanner:1.1">
            <deployment-scanner path="deployments" relative-to="jboss.server.base.dir" scan-interval="5000" deployment-timeout="1000"/>
</subsystem>

AEM Web アプリケーションのデプロイ

- JBoss 管理コンソールで AEM Web アプリケーションをアップロードします。

- AEM Web アプリケーションを有効にします。

Oracle WebLogic 12.1.3/12.2

デプロイ前に、上記の概要を読んでください。

管理サーバーが 1 つだけのシンプルなサーバーレイアウトを使用します。

WebLogic Server の準備

  • ${myDomain}/config/config.xml で、security-configuration セクションに以下を追加します。
    • <enforce-valid-basic-auth-credentials>false</enforce-valid-basic-auth-credentials>:正確な位置については、http://xmlns.oracle.com/weblogic/domain/1.0/domain.xsd を参照してください(デフォルトではセクションの最後に追加すれば問題ありません)。
  • VM メモリ設定の値を増やします。
    • ${myDomain}/bin/setDomainEnv.cmd(resp .sh)を開き、WLS_MEM_ARGS を探して、例えば WLS_MEM_ARGS_64BIT=-Xms256m -Xmx2048m と設定します。
    • WebLogic Server を再起動します。
  • ${myDomain} に packages フォルダーを作成し、その中に cq フォルダー、その中に Plan フォルダーを作成します。

AEM Web アプリケーションのデプロイ

  • AEM war ファイルをダウンロードします。
  • AEM war ファイルを the ${myDomain}/packages/cq フォルダー内に配置します。
  • 必要に応じて、WEB-INF/web.xml で設定します(上記の「概要」を参照)。
    • WEB-INF/web.xml  ファイルを解凍します。
    • sling.run.modes パラメーターを publish に変更します。
    • sling.home 初期パラメーターをコメント解除し、必要に応じてこのパスを設定します(「概要」を参照)。
    • web.xml ファイルを再圧縮します。
  • AEM war ファイルをアプリケーションとしてデプロイします(他の設定にはデフォルト設定を使用)。
  • インストールには時間がかかる場合があります。
  • 上記の「概要」で説明した方法で、インストールが完了したことを確認します(error.log を追跡するなど)。
  • コンテキストルートは、WebLogic /console の Web アプリケーションの「Configuration」タブで変更できます。

Tomcat 8/8.5

デプロイ前に、上記の概要を読んでください。

  • Tomcat サーバーの準備

    • VM メモリ設定の値を増加します。
      • bin/catalina.bat(Unix の場合は catalina.sh)に、次の設定を追加します。
      • set "JAVA_OPTS= -Xmx2048m
    • Tomcat では、インストール時は admin アクセスも manager アクセスも有効にはなりません。したがって、tomcat-users.xml を手動で編集して、これらのアカウントのアクセスを許可する必要があります。
      • tomcat-users.xml を編集して、admin および manager のアクセスを含めます。設定は次の例のようになります。
      • <?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
        <tomcat-users>
        <role rolename="manager"/>
        <role rolename="tomcat"/>
        <role rolename="admin"/>
        <role rolename="role1"/>
        <role rolename="manager-gui"/>
        <user username="both" password="tomcat" roles="tomcat,role1"/>
        <user username="tomcat" password="tomcat" roles="tomcat"/>
        <user username="admin" password="admin" roles="admin,manager-gui"/>
        <user username="role1" password="tomcat" roles="role1"/>
        </tomcat-users>
    • コンテキストルート「/」を使用して AEM をデプロイする場合は、既存の ROOT Web アプリケーションのコンテキストルートを変更する必要があります。
      • ROOT Web アプリケーションを停止してデプロイ解除します。
      • Tomcat の webapps フォルダーで ROOT.war フォルダーの名前を変更します。
      • Web アプリケーションを再度起動します。
    • manager-gui を使用して AEM Web アプリケーションをインストールする場合は、アップロードファイルの最大サイズを増やす必要があります。デフォルトで許可されているアップロードサイズは 50 MB のみです。そのためには、manager Web アプリケーションの web.xml
          webapps/manager/WEB-INF/web.xml 
      を開きます。次に、max-file-size と max-request-size を 500 MB 以上に増やします。そのような web.xml ファイルの例として、以下の multipart-config を参照してください。
      • <multipart-config>
        <!-- 500MB max -->
        <max-file-size>524288000</max-file-size>
        <max-request-size>524288000</max-request-size>
        <file-size-threshold>0</file-size-threshold>
        </multipart-config>
  • AEM Web アプリケーションのデプロイ

    • AEM war ファイルをダウンロードします。
    • 必要に応じて、web.xml で設定します(上記の「概要」を参照)。
      • WEB-INF/web.xml ファイルを解凍します。
      • sling.run.modes パラメーターを publish に変更します。
      • sling.home 初期パラメーターをコメント解除し、必要に応じてこのパスを設定します。
      • web.xml ファイルを再圧縮します。
    • AEM war ファイルは、ルート Web アプリケーションとしてデプロイする場合は ROOT.war に名前を変更し、aemauthor をコンテキストルートとする場合は aemauthor.war などに名前を変更します。
    • ファイルを Tomcat の webapps フォルダーにコピーします。
    • AEM がインストールされるまで待ちます。

     

トラブルシューティング

インストール中に発生する可能性のある問題の処理について詳しくは、以下を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー