現在表示中:

CQ は Sling ベースであり JCR リポジトリを使用しているので、これらが提供する次のようなノードタイプを利用できます。

これらに加えて、CQ では幅広いカスタムノードタイプも提供しています。

監査

cq:AuditEvent

説明

監査イベントノードのノードタイプを定義します。

  • @prop cq:time
  • @prop cq:userid
  • @prop cq:path
  • @prop cq:type
  • @prop cq:category
  • @prop cq:properties

定義

[cq:AuditEvent]
  - * (undefined)
  - * (undefined) multiple
  + * (nt:base) = nt:base multiple version
- cq:time (date)
- cq:userid (string)
- cq:path (string)
- cq:type (string)
- cq:category (string)
- cq:properties (binary)

コメント

cq:Comment

説明

コメントノードのノードタイプを定義します。

  • @prop userIdentifier
    ユーザー ID。

定義

[cq:Comment] > mix:title, mix:created, mix:language, nt:unstructured, cq:Taggable
- email (string)
- ip (string)
- referer (string)
- url (string)
- userAgent (string)
- userIdentifier (string)
- authorizableId (string)

cq:CommentAttachment

説明

コメント添付ノードのノートタイプを定義します。

定義

[cq:CommentAttachment] > nt:file
  - * (undefined)
  - * (undefined) multiple

cq:CommentContent

説明

コメントコンテンツノードのノードタイプを定義します。

定義

[cq:Comment] > mix:title, mix:created, mix:language, nt:unstructured, cq:Taggable
- email (string)
- ip (string)
- referer (string)
- url (string)
- userAgent (string)
- userIdentifier (string)
- authorizableId (string)

cq:GeoLocation

説明

地理的な位置を 10 進数の度(DD)で定義する mixin です。

  • @prop latitude
    倍精度浮動小数点数としてエンコードされた緯度(十進角を使用)。
  • @prop longitude
    倍精度浮動小数点数としてエンコードされた経度(十進角を使用)。

定義

[cq:GeoLocation]
mixin
- latitude (double)
- longitude (double)

cq:Trackback

説明

トラックバックノードのノードタイプを定義します。

定義

[cq:Trackback] > mix:title, mix:created, mix:language, nt:unstructured

コア

cq:Page

説明

デフォルトの CQ ページを定義します。

  • @node jcr:content
    ページのプライマリコンテンツ。

定義

[cq:Page] > nt:hierarchyNode
    orderable
    + jcr:content (nt:base) = nt:unstructured copy primary
    + * (nt:base) = nt:base version

cq:PseudoPage

説明

ノードを疑似ページとしてマークする mixin タイプを定義します。この設定により、ノードをページおよび WCM 編集をサポートするように適応させることができます。

定義

[cq:PseudoPage] mixin

cq:PageContent

説明

ページコンテンツのデフォルトノードと、WCM によって使用される最小限のプロパティを定義します。

  • @prop jcr:title
    ページのタイトル。
  • @prop jcr:description
    このページの説明。
  • @prop cq:template
    ページの作成に使用されるテンプレートへのパス。
  • @prop cq:allowedTemplates
    許可されたテンプレートへのパスを定義するために使用する正規表現のリスト。
  • @prop pageTitle
    通常、<title> タグで表示されるタイトル。
  • @prop navTitle
    通常、ナビゲーション内で使用されるタイトル。
  • @prop hideInNav
    ナビゲーション内でこのページを非表示にするかを指定します。
  • @prop onTime
    このページが有効になる時刻。
  • @prop offTime
    このページが無効になる時刻。
  • @prop cq:lastModified
    ページ(またはその段落)が前回変更された日付。
  • @prop cq:lastModifiedBy
    ページ(またはその段落)を前回変更したユーザー。
  • @prop jcr:language
    ページコンテンツの言語。

注意:

ページコンテンツでのこのタイプの使用は必須ではありません。

定義

[cq:PageContent] > nt:unstructured, mix:title, mix:created, cq:OwnerTaggable, sling:VanityPath, cq:ReplicationStatus, sling:Resource
    orderable
    - cq:template (string)
    - cq:allowedTemplates (string) multiple
    - pageTitle (string)
    - navTitle (string)
    - hideInNav (boolean)
    - onTime (date)
    - offTime (date)
    - cq:lastModified (date)
    - cq:lastModifiedBy (string)
    - cq:designPath (string)
    - jcr:language (string)

cq:Template

説明

CQ テンプレートを定義します。

  • @node jcr:content
    新しいページのデフォルトコンテンツ。
  • @node icon.png
    特有のアイコンを保持するファイル。
  • @node thumbnail.png
    特有のサムネール画像を保持するファイル。
  • @node workflows
    ワークフロー設定を自動で割り当てます。設定は次の構造に従います。
        + workflows
          + name1
            - cq:path
            - cq:workflowName
  • @prop allowedParents
    親テンプレートとして許可されるテンプレートへのパスを定義するための正規表現パターン。
  • @prop allowedChildren
    子テンプレートとして許可されるテンプレートへのパスを定義するための正規表現パターン。
  • @prop ranking
    ページ作成ダイアログでのテンプレートリスト内の位置。

定義

[cq:Template] > nt:hierarchyNode, mix:title
    - * (undefined)
    - * (undefined) multiple
    + * (nt:base) = nt:base multiple version
    + jcr:content (nt:base) copy
    + icon.png (nt:file) copy
    + thumbnail.png (nt:file) copy
    + workflows (nt:base) copy
    - allowedParents (string) multiple
    - allowedChildren (string) multiple
    - ranking (long)

cq:Component

説明

CQ コンポーネントを定義します。

  • @prop jcr:title
    コンポーネントのタイトル。
  • @prop jcr:description
    コンポーネントの説明。
  • @node dialog
    プライマリダイアログ。
  • @prop dialogPath
    プライマリダイアログのパス(dialog の代替)。
  • @node design_dialog
    デザインダイアログ。
  • @prop cq:cellName
    デザインセルの名前。
  • @prop cq:isContainer
    これがコンテナコンポーネントであるかを示します。パス名ではなく子コンポーネントのセル名が必ず使用されます。例えば、parsys はコンテナコンポーネントです。この値が定義されていない場合は、cq:childEditConfig が存在するかどうかによってチェックが行われます。
  • @prop cq:noDecoration
    true の場合、このコンポーネントをインクルードする際に装飾用の div タグは描画されません。
  • @node cq:editConfig
    編集バーのパラメーターを定義する設定。
  • @node cq:childEditConfig
    子コンポーネントによって継承される編集設定。
  • @node cq:htmlTag
    コンポーネントがインクルードされたときに「周囲の」div タグに追加される追加タグ属性を定義します。
  • @node icon.png
    特有のアイコンを保持するファイル。
  • @node thumbnail.png
    特有のサムネール画像を保持するファイル。
  • @prop allowedParents
    親コンポーネントとして許可されるコンポーネントのパスを定義するための正規表現パターン。
  • @prop allowedChildren
    子コンポーネントとして許可されるコンポーネントのパスを定義するための正規表現パターン。
  • @node virtual
    コンポーネントのドラッグ&ドロップに使用される仮想コンポーネントを反映するサブノードが含まれます。
  • @prop componentGroup
    コンポーネントグループの名前。コンポーネントのドラッグ&ドロップで使用されます。
  • @node cq:infoProviders
    サブノードが含まれます。各サブノードには、PageInfoProvider を参照するプロパティ className があります。

定義

[cq:Component] > nt:folder, mix:title, sling:ResourceSuperType
    - * (undefined)
    - * (undefined) multiple
    + * (nt:base) = nt:base multiple version
    + dialog (nt:base) = nt:unstructured copy
    - dialogPath (string)
    + design_dialog (nt:base) = nt:unstructured copy
    - cq:cellName (string)
    - cq:isContainer (boolean)
    - cq:noDecoration (boolean)
    + cq:editConfig (cq:EditConfig) = cq:EditConfig copy
    + cq:childEditConfig (cq:EditConfig) = cq:EditConfig copy
    + cq:htmlTag (nt:base) = nt:unstructured copy
    + icon.png (nt:file) copy
    + thumbnail.png (nt:file) copy
    - allowedParents (string) multiple
    - allowedChildren (string) multiple
    + virtual (nt:base) = sling:Folder copy
    - componentGroup (string)
    + cq:infoProviders (nt:base) = nt:unstructured copy

cq:ComponentMixin

説明

CQ コンポーネントを mixin タイプとして定義します。

定義

[cq:ComponentMixin] > cq:Component mixin

cq:EditConfig

説明

「編集バー」用の設定を定義します。

  • @prop cq:dialogMode
    ダイアログのモード:
    • floating - 通常のフローティングダイアログの場合
    • inline - インライン編集
    • auto - 自動検出(空きスペースによって異なる)
  • @node cq:inplaceEditing
    このコンポーネントのインプレース編集設定。
  • @prop cq:layout
    編集バーのレイアウト:
    • editbar - 編集バー
    • rollover - ロールオーバーフレーム
    • auto - 自動検出
  • @node cq:formParameters
    ダイアログフォームに追加する追加パラメーター。
  • @prop cq:actions
    アクションのリスト(編集バーのボタンまたはメニュー項目)。
  • @node cq:actionConfigs
    編集バーまたはメニュー項目のウィジェット設定。
  • @prop cq:emptyText
    視覚的なコンテンツがない場合に表示されるテキスト。
  • @node cq:dropTargets
    {@link cq:DropTargetConfig} ノードのコレクション。

定義

[cq:EditConfig] > nt:unstructured, nt:hierarchyNode
    orderable
    - cq:dialogMode (string) < 'auto', 'floating', 'inline'
    - cq:layout (string) < 'editbar', 'rollover', 'auto'
    + cq:formParameters (nt:base) = nt:unstructured
    - cq:actions (string) multiple
    + cq:actionConfigs (nt:base) = nt:unstructured
    - cq:emptyText (string)
    + cq:dropTargets (nt:base) = nt:unstructured
    + cq:listeners (nt:base) = cq:EditListenersConfig

cq:DropTargetConfig

説明

コンポーネントの 1 つのドロップターゲットを設定します。このノードの名前が、ドラッグ&ドロップの ID として使用されます。

  • @prop accept
    このドロップターゲットによって受け入れられる MIME タイプのリスト。例:["image/*"]
  • @prop groups
    ソースを受け入れるドラッグ&ドロップグループのリスト。
  • @prop propertyName
    参照を格納するために使用されるプロパティの名前。

定義

[cq:DropTargetConfig] > nt:unstructured
    orderable
    - accept (string) multiple
    - groups (string) multiple
    - propertyName (string)
    + parameters (nt:base) = nt:unstructured

cq:VirtualComponent

説明

仮想 CQ コンポーネントを定義します。これらは現時点で、新しいコンポーネントのドラッグ&ドロップウィザードでのみ使用されます。

  • @prop jcr:title
    このコンポーネントのタイトル。
  • @prop jcr:description
    このコンポーネントの説明。
  • @node cq:editConfig
    この編集バーのパラメーターを定義する編集設定。
  • @node cq:childEditConfig
    子コンポーネントによって継承される編集設定。
  • @node icon.png
    特有のアイコンを保持するファイル。
  • @node thumbnail.png
    特有のサムネール画像を保持するファイル。
  • @prop allowedParents
    親コンポーネントとして許可されるコンポーネントのパスを定義するための正規表現パターン。
  • @prop allowedChildren
    子コンポーネントとして許可されるコンポーネントのパスを定義するための正規表現パターン。
  • @prop componentGroup
    コンポーネントのドラッグ&ドロップ用のコンポーネントグループの名前。

定義

[cq:VirtualComponent] > nt:folder, mix:title
    - * (undefined)
    - * (undefined) multiple
    + * (nt:base) = nt:base multiple version
    + cq:editConfig (cq:EditConfig) = cq:EditConfig copy
    + icon.png (nt:file) copy
    + thumbnail.png (nt:file) copy
    - allowedParents (string) multiple
    - allowedChildren (string) multiple
    - componentGroup (string)

cq:EditListenersConfig

説明

編集イベントに対して実行される、(クライアント側の)リスナーを定義します。値は有効なクライアント側リスナーの関数を参照しているか、次の事前定義済みのショートカットが格納されている必要があります。

  • REFRESH_PAGE
  • REFRESH_SELF
  • REFRESH_PARENT

 

  • @prop aftercreate
    コンポーネントが作成された後に呼び出されます。
  • @prop afteredit
    コンポーネントが編集(変更)された後に呼び出されます。
  • @prop afterdelete
    コンポーネントが削除された後に呼び出されます。
  • @prop afterinsert
    コンポーネントがこのコンテナに追加された後に呼び出されます。
  • @prop afterremove
    コンポーネントがこのコンテナから削除された後に呼び出されます。
  • @prop aftermove
    コンポーネントがこのコンテナ内に移動された後に呼び出されます。

定義

[cq:EditListenersConfig]
    - * (undefined)
    - * (undefined) multiple
    + * (nt:base) = nt:base multiple version
    - aftercreate (string)
    - afteredit (string)
    - afterdelete (string)
    - afterinsert (string)
    - afterremove (string)
    - aftermove (string)

DAM

dam:AssetContent

説明

DAM アセットのコンテンツ。

定義

[dam:AssetContent] > nt:unstructured
 + metadata (nt:unstructured)
 + renditions (nt:folder)

dam:Asset

説明

DAM アセット。

定義

[dam:Asset] > nt:hierarchyNode
 + jcr:content (dam:AssetContent) = dam:AssetContent copy primary
 + * (nt:base) = nt:base version

dam:Thumbnail

説明

DAM アセットを表すサムネール。

定義

[dam:Thumbnails]
  mixin
  + dam:thumbnails (nt:folder)

配信コンテナリスト

cq:containerList

説明

コンテナリスト。

定義

[cq:containerList]
    mixin

配信ページ

cq:Cq4PageAttributes

説明

cq:attributes は、ContentBus バージョンタグ用のノードタイプです。このノードには一連のプロパティのみが含まれ、そのうち 3 つのプロパティが「created」、「csd」および「timestampe」として事前定義されています。

  • @prop created (long) mandatory copy
    バージョン情報の作成時のタイムスタンプ。通常は、以前のバージョンのチェックイン時またはページ作成時。
  • @prop csd (string) mandatory copy
    csd 標準属性。ページノードの cq:csd プロパティのコピー。
  • @prop timestampe (long) mandatory copy
    前回のバージョン変更のタイムスタンプ。通常はチェックイン時。
  • @prop * (string) copy
    親ノードによってバージョン管理される追加属性。

定義

[cq:Cq4PageAttributes] > nt:base
  - created (long) mandatory copy
  - csd (string) mandatory copy
  - timestampe (long) mandatory copy
  - * (string) copy

cq:Cq4ContentPage

説明

ノードタイプ cq:contentPage には、ContentBus コンテンツページのプロパティと子ノードの定義が含まれます。この mixin タイプがタイプ「cq:page」のノードに追加されたときにのみ、ノードは ContentBus コンテンツページになります。

「cq:Cq4ContentPage」の項目は次のとおりです。

  • @prop cq:csd
    ページの ContentBus CSD。
  • @node cq:content
    ページのコンテンツ。この子ノードは、ページノードが「コンテンツなしで存在」または「削除済み」の状態の場合には存在しません。
  • @node cq:attributes
    ページ属性のリスト(以前はバージョンタグとして知られていたもの)。cq:contentPage タイプの場合、このノードは必須です。attrbutes ノードは、ページノードがバージョン設定されるときにバージョン設定されます。

定義

[cq:Cq4ContentPage]
    - cq:csd (string) mandatory copy
    + cq:attributes (cq:Cq4PageAttributes)

インポーター

cq:PollConfig

説明

ポールの設定。

  • @prop source (String) mandatory
    データソース URI。必須であり、空にはできません。
  • @prop target (String)
    データソースから取得されたデータが保存されるターゲットの場所。これはオプションであり、デフォルトは cq:PollConfig ノードです。
  • @prop interval (Long)
    データソースから新しいデータまたは更新されたデータをポーリングする間隔(秒単位)。これはオプションで、デフォルトは 30 分(1,800 秒)です。
  • Adobe Experience Manager の Custom Data Importer Service の作成

定義

[cq:PollConfig]
    mixin
  - source (String) mandatory
  - target (String)
  - interval (Long)

cq:PollConfigFolder

説明

ポール設定ノードを簡単に作成するための便利なプライマリノードタイプ。

定義

[cq:PollConfigFolder] > sling:Folder, cq:PollConfig

場所

cq:GeoLocation

説明

地理的な場所を十進角(DD)で定義した mixin。

  • @prop latitude 
    倍精度浮動小数点数としてエンコードされた緯度(十進角を使用)。
  • @prop longitude
    倍精度浮動小数点数としてエンコードされた経度(十進角を使用)。

定義

[cq:GeoLocation]
  mixin
  - latitude (double)
  - longitude (double)

メーラー

cq:mailerMessage

説明

MailerService ノードタイプ。メーラーは、この mixin をメッセージ定義のルートノードとして持つノードを使用します。

定義

[cq:mailerMessage]
    mixin
    - messageStatus (string)
    = 'new'
    mandatory autocreated

MSM

cq:LiveRelationship

説明

LiveRelationship mixin を定義します。マスターノードとスレーブノードは、LiveRelationship を通して仮想的にリンクできます。

定義

[cq:LiveRelationship] mixin
    - cq:lastRolledout (date)
    - cq:lastRolledoutBy (string)
    - cq:sourceUUID (string)

cq:LiveSync

説明

LiveSync mixin を定義します。ノードがマスターノードによってスレーブとして LiveRelationship に参加
させられる場合に、LiveSync としてマークされます。

  • @prop cq:master
    LiveRelationship のマスターノードのパス。
  • @prop cq:isDeep
    関係が子にも利用できるかを定義します。
  • @prop cq:syncTrigger
    同期がトリガーされるタイミングを定義します。
  • @node * LiveSyncAction
    同期時に実行するアクション。

定義

[cq:LiveSync] > cq:LiveRelationship mixin orderable
    + * (cq:LiveSyncAction) = cq:LiveSyncAction
    + cq:LiveSyncConfig (nt:base) = cq:LiveSyncConfig

cq:LiveSyncCancelled

説明

LiveSyncCancelled mixin を定義します。いずれかの親によって LiveRelationship に参加させられる可能性のあるスレーブノードの LiveSync 動作を取り消します。

  • @prop cq:isCancelledForChildren
    LiveSync が子でもキャンセルされるかを定義します。

定義

[cq:LiveSyncCancelled] > cq:LiveRelationship mixin
    - cq:isCancelledForChildren (boolean)

cq:LiveSyncAction

説明

LiveSync に関連付けられた LiveSyncAction を定義します。

  • @prop name
    アクション名。
  • @prop value
    アクションの値。

定義

[cq:LiveSyncAction] > nt:unstructured

cq:LiveSyncConfig

説明

Live Sync 設定。

定義

[cq:LiveSyncConfig]
    - cq:master (string) mandatory
    - cq:isDeep (boolean)
    - cq:trigger (string) /** deprecated **/

CQ 5.4 ではリストの最後に以下を追加:

    - cq:rolloutConfigs (string) multiple  deprecated **/

cq:BlueprintAction

説明

ブループリントアクション。

定義

[cq:BlueprintAction] > nt:unstructured

プラットフォーム

cq:Console

説明

コンソールノードのノードタイプを定義します。

定義

[cq:Console] > sling:VanityPath, mix:title
    mixin

レプリケーション

cq:ReplicationStatus

説明

レプリケーションステータス情報 mixin を定義します。

  • @prop cq:lastPublished
    前回ページが公開された日付(使用されません)。
  • @prop cq:lastPublishedBy
    前回ページを公開したユーザー(使用されません)。
  • @prop cq:lastReplicated
    前回ページがレプリケートされた日付。
  • @prop cq:lastReplicatedBy
    前回ページをレプリケートしたユーザー。
  • @prop cq:lastReplicationAction
    レプリケーションアクション:アクティベートまたはアクティベート解除。
  • @prop cq:lastReplicationStatus
    レプリケーションステータス(使用されません)。

定義

[cq:ReplicationStatus]
    mixin
    - cq:lastPublished (date) ignore
    - cq:lastPublishedBy (string) ignore
    - cq:lastReplicated (date) ignore
    - cq:lastReplicatedBy (string) ignore
    - cq:lastReplicationAction (string) ignore
    - cq:lastReplicationStatus (string) ignore

セキュリティ

cq:ApplicationPrivilege

説明

アプリケーション権限を定義します。

定義

[cq:ApplicationPrivilege] mixin

cq:PrivilegeAcl

説明

アプリケーション権限の ACL を定義します。

  • @prop cq:isPathDependent
  • @node * ACE

定義

[cq:PrivilegeAcl] > cq:ApplicationPrivilege mixin orderable
    - cq:isPathDependent (boolean)
    + * (cq:PrivilegeAce) = cq:PrivilegeAce

cq:PrivilegeAce

説明

アプリケーション権限の ACE を定義します。

  • @prop path
  • @prop deny

定義

[cq:PrivilegeAce]
    - path mandatory
    - deny (boolean)

cq:ApplicationPrivilege

説明

アプリケーション権限を定義します。

定義

[cq:ApplicationPrivilege] mixin

cq:PrivilegeAcl

説明

アプリケーション権限の ACL を定義します。

  • @prop cq:isPathDependent
  • @node * ACE

定義

[cq:PrivilegeAcl] > cq:ApplicationPrivilege mixin orderable
    - cq:isPathDependent (boolean)
    + * (cq:PrivilegeAce) = cq:PrivilegeAce

cq:PrivilegeAce

説明

アプリケーション権限の ACE を定義します。

  • @prop path
  • @prop deny

定義

[cq:PrivilegeAce]
    - path mandatory
    - deny (boolean)

サイトインポーター

cq:ComponentExtractorSource

説明

コンポーネントエクストラクターによって開くことができるファイルをマークする mixin タイプを定義します。

定義

[cq:ComponentExtractorSource] mixin

タグ付け

cq:Tag

説明

1 つのタグを定義しますが、複数のタグを含めて分類を作成することもできます。

定義

[cq:Tag] > nt:base, mix:title
    - sling:resourceType (String)
    - * (undefined) multiple
    - * (undefined)
    + * (nt:base) = cq:Tag version

cq:Taggable

説明

タグ付け可能コンテンツ用の抽象基本 mixin。

  • @node cq:tags

定義

[cq:Taggable]
    - cq:tags (string) multiple

cq:OwnerTaggable

説明

作成者または所有者のみにコンテンツへのタグ付けを許可します(モデレート/管理されたタグ付け)。

定義

[cq:OwnerTaggable] > cq:Taggable

cq:UserTaggable(ToDo)

説明

すべてのユーザー/公開 Web サイトで、cq:userContent 内部で使用されているコンテンツ(Web 2.0 スタイル)にタグを付けることができます。

定義

[cq:UserTaggable] > cq:Taggable
    mixin

cq:AllowsUserContent

説明

ユーザーが変更可能な cq:userContent サブノードを追加します。各ユーザーは独自の cq:userContent/<userid> サブノードを持ちます。このサブノードには通常、mixin の cq:UserTaggable が含まれます。

定義

[cq:AllowsUserContent]
    mixin
    + cq:userContent (nt:unstructured)

TODO: extended variant, more explicitly defining the cq:userContent tree

[cq:AllowsUserContent]
   mixin
    + cq:userContent (cq:UserContent)

cq:UserContent

説明

ユーザーが変更できます。

定義

[cq:UserContent] > nt:unstructured
    // userids
    + * (cq:UserData)
    // other content
    + * (nt:base)

cq:UserData

説明

ユーザーデータ。

定義

[cq:UserData] > nt:unstructured, cq:UserTaggable

ウィジェット

cq:ClientLibraryFolder

説明

クライアントライブラリフォルダー。

定義

[cq:ClientLibraryFolder] > sling:Folder
  - categories (string) multiple
  - dependencies (string) multiple

cq:Widget

説明

ウィジェット。

定義

[cq:Widget] > nt:unstructured orderable
  - xtype (string)
  - name (string)
  - title (string)
  + items (nt:base) = cq:WidgetCollection copy

cq:WidgetCollection

説明

ウィジェットのコレクション。

定義

[cq:WidgetCollection] > nt:unstructured
  orderable
  + * (cq:Widget) = cq:Widget copy

cq:Dialog

説明

ダイアログ。

定義

[cq:Dialog] > cq:Widget orderable

cq:Panel

説明

パネル。

定義

[cq:Panel] > cq:Widget orderable

cq:TabPanel

説明

タブパネル。

定義

[cq:TabPanel] > cq:Panel orderable
  - activeTab (long)

cq:Field

説明

フィールド。

定義

[cq:Field] > cq:Widget orderable
  - fieldLabel (string)
  - value (string)
  - ignoreData (boolean)

Wiki

wiki:Topic

説明

Wiki トピック。

定義

[wiki:Topic] > nt:unstructured, nt:hierarchyNode, mix:versionable, mix:lockable
  + * (wiki:Topic) version
  + wiki:attachments (nt:folder) = nt:folder version
  + wiki:properties (wiki:Properties) = wiki:Properties copy
  - wiki:text (string) mandatory primary
  - wiki:lastModified (date) mandatory
  - wiki:lastModifiedBy (string) mandatory
  - wiki:topicName
  - wiki:topicTitle
  - wiki:lockedBy
  - wiki:logMessage (string)
  - wiki:quietSave (boolean)

wiki:User

説明

Wiki ユーザー。

定義

[wiki:User] mixin
  - wiki:subscriptions (string) multiple

wiki:Properties

説明

Wiki のプロパティ。

定義

[wiki:Properties]
  - wiki:isGlobal (boolean)
  - * (undefined)

ワークフロー

cq:Workflow

説明

ワークフローインスタンスを表します。

定義

[cq:Workflow] > nt:base, mix:referenceable
 - modelId (String)
 - modelVersion (String)
 - startTime (Date)
 - endTime (Date)
 - initiator (String)
 - * (undefined)
 - * (undefined) multiple
 - sling:resourceType (String)
   = "cq/workflow/components/instance" mandatory autocreated
 + workflowStack (nt:unstructured)
 + wait (nt:unstructured)
 + orTab (nt:unstructured)
 + data (cq:WorkflowData)
 + history (nt:unstructured)
 + metaData (nt:unstructured)
 + workItems (nt:unstructured)

cq:WorkItem

説明

作業項目。

定義

[cq:WorkItem]
 - assignee (String)
 - workflowId (String)
 - nodeId (String)
 - startTime (Date)
 - endTime (Date)
 - dueTime (Date)
 - sling:resourceType (String)
   = "cq/workflow/components/workitem" mandatory autocreated
 + metaData (nt:unstructured)

cq:Payload

説明

ペイロード。

定義

[cq:Payload]
 - path (Path)
 - uuid (String)
 - jcr:url (String)
 - binary (Binary)
 - javaObject (String)
 - * (undefined)
 - * (undefined) multiple

cq:WorkflowData

説明

ワークフローデータ。

定義

[cq:WorkflowData]
 - * (undefined)
 - * (undefined) multiple
 + payload (cq:Payload)
 + metaData (nt:unstructured)
   copy

cq:WorkflowModel

説明

ワークフロー設定を自動で割り当てます。この設定は次の構造に従います。
 workflows
     + name1
         - cq:path
         - cq:workflowName
  + workflows (nt:base)

定義

[cq:WorkflowModel] > nt:base, mix:versionable
 orderable
 - title (String)
 - description (String)
 - sling:resourceType (String)
   = "cq/workflow/components/model" mandatory autocreated
 + nodes (nt:unstructured)
   copy
 + transitions (nt:unstructured)
   copy
 + metaData (nt:unstructured)
   copy

cq:WorkflowNode

説明

ワークフローノード。

定義

[cq:WorkflowNode]
 orderable
 - title (String)
 - description (String)
 - maxIdleTime (long)
 - type (String)
 - * (undefined)
 - * (undefined) multiple
 + metaData (nt:unstructured)
   copy
 + timeoutConfiguration (nt:unstructured)
   copy

cq:WorkflowTransition

説明

ワークフロー遷移。

定義

[cq:WorkflowTransition]
 orderable
 - from (String)
 - to (String)
 - rule (String)
 + metaData (nt:unstructured)
   copy

cq:OrTab

説明

OR タブ。

定義

[cq:OrTab]
 - workflowId (String) // not compulsory as this node will
   already be attached to the workflow node
 - nodeId (String)

cq:Wait

説明

待機。

定義

[cq:Wait]
  - workflowId (String) // not compulsory as this node will be already attached to the workflow node
  - destNodeId (String)
  - fromNodeId (String)

cq:WorkflowStack

説明

ワークフロースタック。

定義

[cq:WorkflowStack]
  - containeeInstanceId (String)
  - parentInstanceId (String)
  - nodeId (String)

cq:ProcessStack

説明

プロセススタック。

定義

[cq:ProcessStack]
  - workflowId (String) // not compulsory as this node will be already attached to the workflow node
  - containerWorkflowModelId (String)
  - containerWorkflowNodeId
  - containerWorkflowEndNodeId // still needed (if name already defines that id)

cq:WorkflowLauncher

説明

ワークフローランチャー。

定義

[cq:WorkflowLauncher]
  - nodetype (String)
  - glob (String)
  - eventType (Long)
  - description (String)
  - condition (String)
  - workflow (String)
  - * (undefined)
  - * (undefined) multiple

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー