現在表示中:

JCR、Apache Sling または AEM のアプリケーションを開発するために、以下のツールセットが用意されています。

  • CRXDE Lite と WebDAV で構成されたツールセット。CRXDE Lite は CRX/AEM に搭載されており、これを使用してブラウザー内で標準的な開発作業を実行できます。CRXDE Lite を使用すると、ファイル(.jsp、.java など)、フォルダー、テンプレート、コンポーネント、ダイアログ、ノード、プロパティ およびバンドルを作成、編集することができ、さらに SVN によるロギングや統合が可能です。
    CRXDE Lite は、CRX/AEM サーバーに直接アクセスできない場合、すぐに使用可能なコンポーネントと Java バンドルを拡張または変更してアプリケーションを開発する場合、または専用のデバッガー、コード補完、および構文のハイライト表示を必要としない場合にお勧めします。
  • 統合開発環境(例:Eclipse または IntelliJ)、ビルドツール(例:Apache Maven)、リポジトリをファイルシステムにマッピングするために開発された FileVault、バージョン管理システム(例:Subversion)、バグ追跡システム(例:JIRA)、依存関係中央管理システム(例:Apache Archiva)およびビルド自動化システム(例:Apache Continuum)から構成されたツールセット。
    このセットアップで、アプリケーション(コンテンツ、コード、設定)をあらゆる開発環境とプロセスに完全に統合できます。リポジトリのファイルシステムは FileVault によって様々な要素間のリンクで表わされ、前述のすべての開発ツールでファイルを操作できます。

統合開発環境の拡張機能

アドビは以下の拡張機能をリリースしました。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー