現在表示中:

このページでは、Geometrixx-outdoors テンプレート(/apps/geometrixx-outdoors/components/page_campaign_profile)の実装方法を考察することによって、Adobe Campaign フォームコンポーネントを使用するカスタムページテンプレートの作成方法を説明し、独自のカスタムテンプレート作成時に必要になる場合がある重要な情報を示します。

Adobe Campaign フォームコンポーネントを使用してカスタム AEM ページテンプレートを作成するには以下が必要な条件となります。

  1. 適切な resourceSuperType

    ページコンポーネントを mcm/campaign/components/profile から継承します。

    これは、サーブレットが情報を取得および保存するために必要です。

    • com.day.cq.mcm.campaign.servlets.TemplateListServlet
    • com.day.cq.mcm.campaign.servlets.SaveProfileServlet
  2. ClientContext 設定

    ClientContext 設定(/etc/designs/geometrixx-outdoors/jcr:content/page_campaign_profile)には、次の設定があります。

    • ClientContext が /etc/clientcontext/campaign を指している
    • 追加の config ノードもあります。
  3. head.jsp(/apps/geometrixx-outdoors/components/page_campaign_profile/head.jsp)

    head.jsp には、clientcontext-configcloudservice-hook を使用する以下の行があります。

    <cq:include path="config" resourceType="cq/personalization/components/clientcontext_optimized/config"/>
    <sling:include path="contexthub" resourceType="granite/contexthub/components/contexthub"/>
    <cq:include script="/libs/cq/cloudserviceconfigs/components/servicelibs/servicelibs.jsp"/>
  4. body.jsp(/apps/geometrixx-outdoors/components/page_campaign_profile/body.jsp)

    body.jsp では、クラウドサービスがページ下部に読み込まれます。

    <cq:include path="cloudservices" resourceType="cq/cloudserviceconfigs/components/servicecomponents"/>
  5. Campaign のページプロパティ

    Adobe Campaign テンプレートを選択できるようにするには、「Campaign」タブを使用して、ページプロパティを拡張します。

    /apps/geometrixx-outdoors/components/page_campaign_profile/dialog/items/tabs/items/campaign

  6. テンプレートの設定

    テンプレート(/apps/geometrixx-outdoors/templates/campaign_profile/jcr:content)には、次のデフォルト値があります。

    acMapping mapRecipient(Adobe Campaign 6.1 の場合)、profile(Adobe Campaign Standard の場合)
    acTemplateId mail

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー