現在表示中:

プロキシサーバーは、クライアントとサーバー間の要求をリレーする中間サーバーとして機能します。プロキシサーバーは、クライアントとサーバーのやり取りをすべて追跡し、TCP 通信全体のログを出力します。これにより、メインのサーバーにアクセスすることなく、現状を正確に監視できます。

プロキシサーバーは CRX または CQ インストール環境の次の場所にあります。

crx-quickstart/opt/helpers/proxy.jar

基盤となる通信プロトコルに関係なく、プロキシサーバーを使用して、クライアントとサーバーのやり取りをすべて監視できます。例えば、以下のプロトコルを監視できます。

  • HTTP(Web ページ用)
  • HTTPS(セキュリティで保護された Web ページ用)
  • SMTP(電子メールメッセージ用)
  • LDAP(ユーザー管理用)

例えば、TCP/IP ネットワーク経由で通信する任意の 2 つのアプリケーション(Web ブラウザーと CQ など)間にプロキシサーバーを配置できます。これにより、CQ ページの要求時の状況を正確に監視できます。

プロキシサーバーツールの起動

コマンドラインでサーバーを起動します。

java -jar proxy.jar <host> <remoteport> <localport> [options]

パラメーター

<host>

接続先の CRX インスタンスのホストアドレスです。インスタンスがローカルマシン上にある場合、このアドレスは localhost になります。

<remoteport>

ターゲット CRX インスタンスのホストポートです。例えば、新しくインストールする CQ インストールのデフォルト値は 4502 です。また、新しくインストールする CQ 作成者インスタンスのデフォルト値は 4502 です。

<localport>

プロキシ経由で CRX インスタンスにアクセスするために接続するローカルマシン上のポートです。

オプション

-q(静止モード)

コンソールウィンドウに出力を書き込みません。接続速度を低下させたくない場合や出力をファイルに記録する場合はこのオプションを使用します(-logfile オプションを参照)。

-b(バイナリモード)

トラフィック内で特定のバイトの組み合わせを検索する場合は、バイナリモードを有効にします。出力には 16 進および文字の出力が含まれます。

-t(タイムスタンプのログエントリ)

各ログ出力にタイムスタンプを追加します。タイムスタンプは秒単位なので、単一の要求の確認には適していない場合があります。長時間プロキシサーバーを使用する場合は、特定の時刻に発生したイベントを特定するためにこのオプションを使用します。

-logfile <filename>(ログファイルへの書き込み)

クライアントとサーバーのやり取りをログファイルに書き込みます。このパラメーターは静止モードでも使用できます。

-i <numIndentions>(インデントの追加)

アクティブな各接続には、読みやすさを考慮してインデントが指定されます。デフォルト値は 16 レベルです。この機能は proxy.jar バージョン 1.16 で導入されました。

ログ形式

proxy.jar が生成するログエントリはすべて次の形式になります。

[timestamp (optional)] [Client|Server]-[ConnectionNumber]-[BytePosition] ->[Character Stream]

例えば、Web ページの要求は次のようになります。

C-0-#000000 -> [GET /author/prox.html?CFC_cK=1102938422341 HTTP/1.1 ]

  • C は、このエントリがクライアントからの要求(Web ページの要求)であることを示します。
  • 0 は接続数です(接続カウンターは 0 から開始します)。
  • #00000 はバイトストリームのオフセットです。これは最初のエントリなので、オフセットは 0 です。
  • [GET <?>] は、サンプルの HTTP ヘッダー(url)における要求のコンテンツです。

接続を閉じると、次の情報がログに記録されます。

C-6-Finished: 758 bytes (1.0 kb/s)
S-6-Finished: 665 bytes (1.0 kb/s)

これは、6 番目の接続において平均速度でクライアント(C)とサーバー(S)間で渡されたバイト数を示します。

ログ出力の例

例として、要求時に次のコードを生成するページについて検討してみましょう。

例として、リポジトリ内にある非常にシンプルな次の html ドキュメントについて検討してみましょう。

/content/test.html

さらに、次の画像ファイルがあります。

/content/test.jpg

test.html のコンテンツは次のとおりです。

<html>
<head>
    <title>Test</title>
</head>  
<body>
    Test<br>
    <img src="test.jpg">
</body>
</html>

CQ/CRX インスタンスが localhost:4502 で実行されている場合は、次のようにプロキシを起動します。

java -jar proxy.jar localhost 4303 4444 -logfile test.log

これで、localhost:4444 にあるプロキシ経由で CQ/CRX インスタンスにアクセスできます。このポート経由のすべての通信は test.log に記録されます。

プロキシの出力を監視する場合は、ブラウザーと CQ/CRX インスタンス間のやり取りを確認します。

起動時に、プロキシは次の情報を出力します。

starting proxy for localhost:4303 on port 4444
using logfile: <some-dir>/crx-quickstart/opt/helpers/test.log

ブラウザーを開いてテストページにアクセスします。

http://localhost:4444/content/test.html

ブラウザーがそのページの GET 要求を行ったことを確認します。

C-0-#000000 -> [GET /content/test.html HTTP/1.1 ]
C-0-#000033 -> [Host: localhost:4444 ]
C-0-#000055 -> [Connection: keep-alive ]
C-0-#000079 -> [User-Agent: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_7_4) AppleWebKit/536.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/20.0.1132.57 Safari/536.11 ]
C-0-#000212 -> [Accept: text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8 ]
C-0-#000285 -> [Accept-Encoding: gzip,deflate,sdch ]
C-0-#000321 -> [Accept-Language: en-US,en;q=0.8 ]
C-0-#000354 -> [Accept-Charset: ISO-8859-1,utf-8;q=0.7,*;q=0.3 ]
C-0-#000402 -> [Cookie: login-token=179ba6bd-e0a7-4909-a965-e11c7f2bc2fc%3a618bd8a8-fbaf-43c5-827d-c84c62248c5e_22ee860cc9036fee%3acrx.default%3b21148fb0-eb6c]
C-0-#000543 -> [-43c9-a2b9-c8d40618d8ae%3ad87a3d1a-5e9a-4d5a-bab1-0ee60ad6d8df_d0e4ddce0fcd84b6%3acrx.default%3b5cb95227-ea51-47bf-850b-68ad1dfd7297%3af3bbb6]
C-0-#000684 -> [59-7913-4285-8857-832c087bafd5_c484727d3b3665ad%3acrx.default; ys-cq-siteadmin-tree=o%3Awidth%3Dn%253A240%5EselectedPath%3Ds%253A/content ]
C-0-#000824 -> [ ]

CQ/CRX インスタンスが test.html ファイルのコンテンツを使用して応答します。

S-0-#000000 -> [HTTP/1.1 200 OK ]
S-0-#000017 -> [Connection: Keep-Alive ]
S-0-#000041 -> [Server: Day-Servlet-Engine/4.1.24  ]
S-0-#000077 -> [Content-Type: text/html;charset=utf-8 ]
S-0-#000116 -> [Content-Length: 104 ]
S-0-#000137 -> [Date: Mon, 16 Jul 2012 11:23:38 GMT ]
S-0-#000174 -> [Last-Modified: Mon, 16 Jul 2012 11:19:27 GMT ]
S-0-#000220 -> [ ]
S-0-#000222 -> [<html>]
S-0-#000229 -> [<head>]
S-0-#000236 -> [    <title>Test</title>]
S-0-#000260 -> [</head> ]
S-0-#000269 -> [<body>]
S-0-#000276 -> [ Test<br>]
S-0-#000286 -> [    <img src="test.jpg">]
S-0-#000311 -> [</body>]
S-0-#000319 -> [</html>]

プロキシサーバーの使用

次のシナリオは、プロキシサーバーの用途の一部を示しています。

Cookie とその値の確認

次のサンプルのログエントリは、プロキシの起動後に開かれた 6 番目の接続でクライアントが送信したすべての Cookie とその値を示しています。

C-6-#000635 -> [Cookie: cq3session=7e39bc51-ac72-3f48-88a9-ed80dbac0693; Show=ShowMode; JSESSIONID=68d78874-cabf-9444-84a4-538d43f5064d ]

ヘッダーとその値の確認

次のサンプルのログエントリは、サーバーによるキープアライブ接続の確立が可能であり、Content-Length ヘッダーが適切に設定されていることを示しています。

S-7-#000017 -> [Connection: Keep-Alive ]
...
S-7-#000107 -> [Content-Length: 124 ]

キープアライブが機能するかどうかの確認

キープアライブは HTTP の機能の 1 つです。この機能により、クライアントはサーバーへの TCP 接続を再利用して、複数の要求(ページコード、写真、スタイルシートなどの要求)を行うことができます。キープアライブを使用しない場合、クライアントは要求ごとに新しい接続を確立する必要があります。

キープアライブが機能するかどうかを確認するには、次の手順を実行します。

  • プロキシサーバーを起動します。
  • ページを要求します。
  • キープアライブが機能している場合は、接続カウンターで接続数が 5 ~ 10 を超えることはありません。
  • キープアライブが機能していない場合は、接続カウンターが急激に増加します。

失われた要求の検索

複雑なサーバー設定で要求が失われた場合(例えば、ファイアウォールとディスパッチャーを使用する場合)は、プロキシサーバーを使用して、要求がどこで失われたかを特定できます。ファイアウォールの場合は、次の手順を実行します。

  • ファイアウォールの前にプロキシを起動します。
  • ファイアウォールの後にもう 1 つのプロキシを起動します。
  • この 2 つのプロキシを使用して、要求がどこまで届いているかを確認します。

要求のハング

要求がハングすることがある場合は、次の手順を実行します。

  • プロキシを起動します。
  • 待機するか、タイムスタンプを持つ各エントリと共にアクセスログをファイルに書き込みます。
  • 要求がハングし始めたら、開いた接続の数および問題の原因となった要求を確認できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー