現在表示中:

以下のプロセスは、WCM 関連のタスクを実行します。

ActivatePageProcess

このプロセスはペイロードをアクティベートし、最初にアクセス制御をチェックします。プロセスを開始するセッションに複製権限がない場合に備えて、「アクティベーションのリクエスト」ワークフローイベントが送信されます。その後、このイベントのリスナーがこの状況に対応できます。

  • Java クラスcom.day.cq.wcm.workflow.process.ActivatePageProcess
  • ペイロード:JCR パスまたは UUID。
  • 引数:なし
  • タイムアウト:無視されます。

ConfirmRegistrationProcess

このプロセスは購読リクエストの確認を有効にします。つまり、ユーザーがニュースレターの購読をリクエストするフォームを送信すると、その購読が保存されます。その後、別のプロセスが、購読が有効であることを確認するワークフローを開始します。このプロセスは、例えばユーザーに確認の電子メールを送信して、受信者がニュースレターが購読するつもりであることを確認する場合に使用できます。

  • Java クラスcom.day.cq.wcm.newsletter.impl.ConfirmRegistrationProcess
  • ペイロード:JCR パスまたは UUID。
  • 引数:なし
  • タイムアウト:無視されます。

DeactivatePageProcess

このプロセスはペイロードのアクティベートを解除し、最初にアクセス制御をチェックします。プロセスを開始するセッションに複製権限がない場合に備えて、「アクティベーション解除のリクエスト」ワークフローイベントが送信されます。その後、このイベントのリスナーがこの状況に対応できます。

  • Java クラスcom.day.cq.wcm.workflow.process.DeactivatePageProcess
  • ペイロード:JCR パスまたは UUID。
  • 引数:なし
  • タイムアウト:無視されます。

ReverseReplicateProcess

ワークフローペイロードのリバースレプリケーションを発生させるイベントを生成します。レプリケーションのアクションタイプは ACTIVATE です。

  • Java クラス:com.day.cq.wcm.workflow.process.ReverseReplicateProcess
  • ペイロード:JCR パスまたは UUID。
  • 引数:
    • 参加者としてレプリケート:ワークフローの最新の参加者のコンテキストを使用してリバースレプリケーションを実行するには、このオプションを選択します。ワークフローインスタンスで以前実行したステップから参加者が見つからない場合は、admin ユーザーのコンテキストが使用されます。このオプションが選択されていない場合は、admin ユーザーのコンテキストが使用されます。 
  • タイムアウト:無視されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー