現在表示中:

一般的な使用例ではデフォルトの設定が適していますが、変更が必要になる場合もあります。

Maya および Maya 以外のソフトウェアと AEM 3D の統合に適用する高度な設定は、以下のとおりです。

注意:

パッケージを再インストールすると、すべての設定がデフォルト値にリセットされます。

警告:

以下の表に記載されていない設定を編集すると、予期しないまたは望ましくないプログラムの動作が生じる可能性があります。

すべての設定は、AEM の CRXDE Lite を使用してアクセスします(ツール一般CRXDE Lite)。

パス 説明  

/apps/cq-scene7-v3D/config/Paths/magickPath

ImageMagick 変換ユーティリティへのパスおよび名前。アニメーションサムネールの作成が有効な場合は、絶対パスが必要です。  
/apps/cq-scene7-v3D/config/Paths/mayaWorkPath Maya の変換およびレンダリング用作業フォルダーの名前と場所。フォルダーが存在しない場合は自動的に作成されます。  
/apps/cq-scene7-v3D/config/Paths/mayaBinPath    
/apps/cq-scene7-v3D/config/settings/addGroundPlaneImageOnIngest IBL ステージでの表示またはレンダリング時にアンビエントオクルージョンのドロップシャドウ生成が有効になります。Rapid Refine でのプレビューおよびレンダリングに適用されます。  

/apps/cq-scene7-v3D/config/settings/cleanupRenderWorkDir

false に設定すると、変換およびレンダリング後に MayaWork フォルダーに一時ファイルが保持されます。Maya での変換およびレンダリングでの問題をデバッグする場合に役立ちます。  
/apps/cq-scene7-v3D/config/settings/debugNative true に設定すると、Rapid Refine レンダラーでのフォーマット変換およびレンダリング時にデバッグ情報を作成できます。  
/apps/cq-scene7-v3D/config/settings/dynamicIBL true に設定すると、事前生成のライトマップが使用できない(invokeLightMapsOnIngest=false)場合に、Rapid Refine レンダラーがレンダリング中にライトマップを作成して、レンダリング品質を向上させます。この設定を有効にすると、レンダリング時間が大幅に長くなる場合があります。false に設定すると、このような場合に CPU 使用率を最小限に抑えることができますが、レンダリング品質が低下する場合があります。   
/apps/cq-scene7-v3D/config/settings/gPlaneZero

true(デフォルト)に設定すると、オブジェクトのすべてのパーツが基面(y=0)の上になるように、必要に応じてオブジェクトが垂直に移動します。

false(デフォルト)に設定すると、オブジェクトは再配置されず、一部がステージの基面の下に隠れて非表示になる場合があります(Rapid Refine でのプレビューとレンダリングにのみ適用されます)。ただし、Maya でのレンダリングには影響しません。true に設定すると、Maya でのオブジェクトの垂直位置が、Rapid Refine でのプレビューおよびレンダリング時の位置と異なる場合があります。

 
/apps/cq-scene7-v3D/config/settings/invokeAnimationOnIngest

有効にすると、ImageMagick がサーバーにインストールされ、magickPath が設定されます。Rapid Refine を使用して、カード表示やその他の表示でサムネールとして使用される 3D オブジェクトのシンプルなアニメーションが作成されます。

アニメーションを作成すると、取り込みプロセス中に CPU リソースを大量に消費します。

 
/apps/cq-scene7-v3D/config/settings/invokeLightMapsOnIngest 取り込み時のライトマップの自動作成が有効になります。false に設定すると、ライトマップの自動作成が無効になります。これにより、CPU リソースの消費が大幅に削減されますが、Rapid Refine でのプレビューおよびレンダリング時の画質が低下する場合があります。Maya でのレンダリングには影響しません。  
/apps/cq-scene7-v3D/config/settings/MaxCpuPercentage

3D アセットの取り込みプロセスに最大でどの程度の CPU を使用するか指定します。

大きい値を設定すると、取り込み速度が上がりますが、AEM の反応が全体的に遅くなる場合があります。この設定は概算でかまいません。使用できる CPU コアの数が増えれば、精度も向上します。

 
/apps/cq-scene7-v3D/config/renderers/*/Enabled true に設定するとレンダラーが有効に、false に設定するとレンダラーが無効になります。  
/apps/cq-scene7-v3D/config/renderers/*/Display レンダリングパネルのレンダラーセレクターで表示される有効なレンダラーの文字列を変更できます。  
/apps/cq-scene7-v3D/config/renderers/*/MaxCpuPercentage 3D シーンのレンダリングに最大でどの程度の CPU を使用するか指定します。大きい値を設定すると、レンダリング速度が上がりますが、AEM の反応が全体的に遅くなる場合があります。この設定は概算でかまいません。使用できる CPU コアの数が増えれば、精度も向上します。  

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー