現在表示中:

このドキュメントは次の内容について説明します。

  • カスタマイズされたアセットエディターページを作成する理由。
  • アセットエディターページ(メタデータの表示と編集、およびアセットに対するアクションの実行に使用する WCM ページ)の作成とカスタマイズの方法
  • 複数のアセットを同時に編集する方法

注意:

アセット共有は、オープンソースの参照実装として使用できます。Asset Share Commons を参照してください。アセット共有は正式にはサポートされていません。

アセットエディターページを作成および設定する理由

デジタルアセット管理は、ますます広く使用されるようになっています。専門的な教育を受けたユーザー(写真家や分類学者など)による小規模なユーザーグループ向けの小規模なソリューションから、大規模で多様なユーザーグループ(ビジネスユーザー、WCM 作成者、ジャーナリストなど)に移行する場合、専門的なユーザー向けの Adobe Experience Manager(AEM)Assets の強力なユーザーインターフェイスでは、利用できる情報が多すぎて不便が生じることがあります。この場合、関係者にとって必要なデジタルアセットにアクセスするための目的に特化したユーザーインターフェイスやアプリケーションが求められるようになります。

そのようなアセット中心型アプリケーションの例として、従業員が展示会に参加した際の写真をアップロードできるイントラネット内のシンプルな写真ギャラリーや、公開 Web サイトでのプレスセンター(Geometrixx で提供されたサンプルなど)があります。アセット中心型アプリケーションは、ショッピングカート、チェックアウト、検証プロセスを含む完全なソリューションに拡張することもできます。

アセット中心型アプリケーションの作成の大部分は、コーディングを必要としない設定プロセスとなります。ここでは、ユーザーグループとそのニーズ、使用されるメタデータに関する知識のみが必要となります。AEM Assets で作成されたアセット中心型アプリケーションは拡張可能です。適度なコーディング作業によって、アセットの検索、表示、変更のための再利用可能なコンポーネントを作成できます。

AEM のアセット中心型アプリケーションは、特定アセットの詳細を表示するのに利用できるアセットエディターページで構成されます。アセットエディターページでは、アセットにアクセスするユーザーが必要な権限を持っていれば、メタデータの編集も可能です。

アセットエディターページの作成と設定

アセットエディターをカスタマイズして、ユーザーによるデジタルアセットの表示および編集方法を指定します。これをおこなうには、新規のアセットエディターページを作成してから、ユーザーがページに対して実行できる表示とアクションをカスタマイズします。 

注意:

DAM アセットエディターにカスタムフィールドを追加する場合は、/apps/dam/content/asseteditors に新しい cq:Widget ノードを追加します。

アセットエディターページの作成

アセットエディターページを作成するには:

  1. Web サイト」タブで、アセットエディターページを作成する場所に移動し、「新規」をクリックします。
  2. Geometrixx アセットエディター」を選択し、「作成」をクリックします。新しいページが作成され、ページが「Web サイト」タブに表示されます。
screen_shot_2012-04-23at15858pm

 Geometrixx アセットエディターテンプレートを使用して作成された基本ページは次のイメージのようになります。

AssetShare5

アセットエディターページをカスタマイズするには、サイドキックの要素を使用します。Geometrixx Press Center からアクセスするアセットエディターページは、このテンプレートに基づいたページのカスタマイズバージョンです。

AssetShare6

アセットエディターコンポーネントの追加

アセットエディターに含める機能を指定するには、ページにコンポーネントを追加します。

アセットエディターコンポーネントを追加するには:

1. カスタマイズするアセットエディターページで、サイドキックの「アセットエディター」を選択します。使用可能なすべてのアセットエディターコンポーネントが表示されます。

注意:

何をカスタマイズできるかは、使用可能なコンポーネントによって異なります。コンポーネントを有効にするには、デザインモードに移動し、有効にする必要のあるコンポーネントを選択します。 

2. サイドキックからアセットエディターにコンポーネントをドラッグし、コンポーネントダイアログで変更を加えます。コンポーネントについて、次の表およびその下の詳細説明で説明します。

注意:

アセットエディターページのデザイン時に、読み取り専用、編集可能のいずれかのコンポーネントを作成します。ユーザーは、そのコンポーネント内に鉛筆の画像が表示されればフィールドが編集可能であるとわかります。デフォルトでは、ほとんどのコンポーネントは読み取り専用として設定されます。

コンポーネント 説明 
メタデータフォームとテキストフィールド アセットにメタデータを追加したり、そのアセットに対して送信などのアクションを実行できます。
サブアセット サブアセットのカスタマイズができます。
タグ ユーザーはタグを選択してアセットに追加できます。
サムネール アセットのサムネールとファイル名を表示し、代替テキストを追加できます。ここでは、アセットエディターのアクションを追加することもできます。
タイトル  アセットのタイトルを表示します。タイトルはカスタマイズ可能です。
screen_shot_2012-04-23at22743pm

メタデータフォームとテキストフィールド - メタデータの表示コンポーネントの設定

メタデータフォームは、開始アクションと終了アクションを含むフォームです。その間には、テキストフィールドを入力します。フォームの操作について詳しくは、フォームを参照してください。

1. フォームの開始領域の「編集」をクリックして、開始アクションを作成します。必要に応じて、「ボックスタイトル」にボックスタイトルを入力できます。デフォルトでは、ボックスタイトルは「メタデータ」です。生成された Java スクリプトクライアントコードを検証する場合は、「クライアントの検証」チェックボックスをオンにします。

screen_shot_2012-04-23at22911pm

2. フォームの「終了」領域の「編集」をクリックして、終了アクションを作成します。例えば、ユーザーがメタデータの変更内容を送信できる「送信」ボタンを作成できます。また、オプションとして、メタデータを元の状態にリセットする「リセット」ボタンを追加できます。

screen_shot_2012-04-23at23138pm

3. フォームの「 フォーム開始」と「フォーム終了」の間に、メタデータテキストフィールドをドラッグします。ユーザーはこれらのテキストフィールドにメタデータを入力し、このメタデータを送信するか、他のアクションを実行することができます。

4. フィールド名(「タイトル」など)をダブルクリックし、メタデータフィールドを開いて変更を加えます。コンポーネントを編集ウィンドウの「一般」タブで、名前空間、フィールドラベル、型(dc:title など)を定義します。

screen_shot_2012-04-23at23305pm

メタデータフォームで使用可能な名前空間の変更について詳しくは、AEM Assets のカスタマイズと拡張を参照してください。

5. 「制約」タブをクリックします。ここで、フィールドを必須にするかどうかを選択し、必要に応じて制約を追加できます。

screen_shot_2012-04-23at23435pm

6. 「表示」タブをクリックします。ここで、メタデータフィールドの列の新しい幅と列数を入力できます。「フィールドは読み取り専用です」チェックボックスをオフにすると、ユーザーがメタデータを編集できるようになります。

screen_shot_2012-04-23at23446pm

次に、様々なフィールドを持つメタデータフォームの例を示します。

chlimage_1

アセットエディターページでは、ユーザーはこの後メタデータフィールドに値を入力し(フィールドが編集可能な場合)、終了アクション(変更内容の送信など)を実行することができます。

サブアセット

サブアセットコンポーネントでは、サブアセットの表示と選択をおこなうことができます。メインアセットとサブアセットの下に表示される名前を指定できます。

screen_shot_2012-04-23at24025pm

サブアセットコンポーネントをダブルクリックし、サブアセットダイアログを開きます。このダイアログで、メインアセットや任意のサブアセットのタイトルを変更できます。デフォルト値は、対応するフィールドの下に表示されます。

screen_shot_2012-04-23at23907pm

次に、設定済みのサブアセットコンポーネントの例を示します。

screen_shot_2012-04-23at24442pm

例えば、あるサブアセットを選択すると、コンポーネントに適切なページが表示され、ボックスタイトルがサブアセットから兄弟アセットに変更されます。

screen_shot_2012-04-23at24552pm

タグ

タグコンポーネントは、ユーザーがアセットに既存のタグを割り当てることのできるコンポーネントです。タグは後で構成や取得に役に立ちます。ユーザーがタグを追加できず、参照のみできるように、このコンポーネントを読み取り専用にできます。

screen_shot_2012-04-23at25031pm

タグコンポーネントをダブルクリックしてタグダイアログを開きます。このダイアログで、必要に応じてタグのタイトルを変更し、割り当て済みの名前空間を選択することができます。このフィールドを編集可能にするには、「編集ボタンを非表示にする」チェックボックスをオフにします。デフォルトでは、タグは編集可能です。

screen_shot_2012-04-23at24731pm

ユーザーがタグを編集できる場合は、鉛筆アイコンをクリックし、「Tags」ドロップダウンメニューからタグを選択して、タグを追加できます。

screen_shot_2012-04-23at25150pm

次に、設定済みのタグコンポーネントを示します。

screen_shot_2012-04-23at25244pm

サムネール

サムネールコンポーネントでは、選択したサムネールがアセットで表示されます(多くの形式でサムネールは自動的に抽出されます)。さらに、コンポーネントではファイル名と、変更可能なアクションが表示されます。

screen_shot_2012-04-23at25452pm

サムネールコンポーネントをダブルクリックすると、サムネールダイアログが開きます。このダイアログで、代替テキストを変更できます。デフォルトでは、サムネールの代替テキストは、「クリックしてダウンロード」です。 

screen_shot_2012-04-23at25604pm

次に、設定済みのサムネールコンポーネントの例を示します。

screen_shot_2012-04-23at34815pm

タイトル

タイトルコンポーネントでは、アセットのタイトルと説明が表示されます。 

chlimage_1

デフォルトでは、タイトルは読み取り専用であり、ユーザーは編集できません。編集可能にするには、コンポーネントをダブルクリックし、「編集ボタンを非表示にする」チェックボックスをオフにします。さらに、複数のアセットのタイトルを入力します。

screen_shot_2012-04-23at35100pm

タイトルが編集可能な場合、鉛筆アイコンをクリックしてアセットのプロパティウィンドウを開いて、タイトルと説明を追加できます。さらに、日時を選択してアセットのオンとオフを切り替えることができます。

ユーザーが鉛筆アイコンをクリックしてタイトルを編集する場合、「タイトル」と「説明」を変更し、アセットをオンまたはオフにする「オンタイム」と「オフタイム」を入力することができます。

screen_shot_2012-04-23at35241pm

次に、設定済みのタイトルコンポーネントの例を示します。

chlimage_1

アセットエディターのアクションの追加

選択したデジタルアセットに対してユーザーが実行できるアクションを、事前定義済みアクションの選択範囲で指定できます。

アセットエディターページにアクションを追加するには:

1. カスタマイズするアセットエディターページで、サイドキックの「アセットエディター」をクリックします。

screen_shot_2012-04-23at35515pm

次のアクションが使用可能です。

アクション 説明 
ダウンロード  ユーザーは選択したアセットをユーザーのコンピューターにダウンロードできます。
エディター  ユーザーは画像を編集できます(インタラクティブ編集) 
Lightbox 他のアクションを実行できる「lightbox」にアセットを保存します。これは、複数のページにまたがるアセットを操作する場合に便利です。
ロック ユーザーはアセットをロックできます。この機能はデフォルトでは有効ではなく、コンポーネントのリスト内で有効にする必要があります。
参照  これをクリックすると、アセットが使用されているページが表示されます。 
バージョン管理 アセットのバージョンを作成、復元できます。 

2. ページの「アクション」領域に適切なアクションをドラッグします。これによって、そのアクションを実行するボタンが作成されます。 

chlimage_1

アセットエディターページを使用したアセットのマルチ編集

AEM Assets では複数のアセットを同時に変更できます。アセットを選択した後、それらのアセットの次の情報を同時に変更できます。

  • タグ
  • メタデータ

アセットエディターページを使用してアセットをマルチ編集するには:

  1. Geometrixx Press Center ページを開きます。
    http://localhost:4502/content/geometrixx/jp/company/press.html
  2. アセットを選択します。
    • Windows:各アセットを Ctrl キーを押しながらクリックします。
    • Mac:各アセットを Cmd キーを押しながらクリックします。
    アセットの範囲を選択するには:最初のアセットをクリックしてから、Shift キーを押しながら最後のアセットをクリックします。
  3. Actions」フィールド(ページの左側)の「Edit Metadata」をクリックします。
  4. Geometrixx Press Center Asset Editor ページが新しいタブで開きます。アセットのメタデータが以下のように表示されます。
    • すべてのアセットではなく一部のアセットにのみ適用されるタグは、斜体で表示されます。
    • すべてのアセットに適用されるタグは通常フォントで表示されます。
    • タグ以外のメタデータ:フィールドの値は、選択されたすべてのアセットで同じ場合にのみ表示されます。
  5. Download」をクリックして、アセットの元のレンディションを含む zip ファイルをダウンロードします。
  6. Tags」フィールドの横にある鉛筆アイコンをクリックして、タグを編集します。
    • すべてのアセットではなく一部のアセットにのみ適用されるタグは、グレーの背景になります。
    • すべてのアセットに適用されるタグは白の背景になります。
    以下の操作を実行できます。
    • x」アイコンをクリックして、すべてのアセットのタグを削除します。
    • +」アイコンをクリックして、すべてのアセットにタグを追加します。
    • 矢印をクリックしてタグを選択し、すべてのアセットに新しいタグを追加します。
    OK」をクリックして、変更内容をフォームに書き込みます。「Tags」フィールドの横にあるチェックボックスが自動的にオンになります。
  7. 「Description」フィールドを編集します。例えば、以下のように設定します。
    これは共通の説明です
    フィールドを編集すると、フォームの送信時に、選択したアセットの既存の値が編集した値によって上書きされます。
    注意:フィールドを編集すると、フィールドの横にあるチェックボックスが自動的にオンになります。
  8. Update Metadata」をクリックしてフォームを送信し、すべてのアセットの変更内容を保存します。
    注意:チェックボックスがオンのメタデータのみが変更されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー