現在表示中:

ネットワークについて理解することは、Adobe Experience Manager(AEM)Assets について理解することと同じくらい重要です。ネットワークはアップロード、ダウンロードおよびユーザーのエクスペリエンスに影響します。ネットワークトポロジを図解することで、ネットワークのパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスの向上のために、ネットワーク上の渋滞地点や改善を要する部分を特定できます。

ネットワークの図には次の情報を含めてください。

  • クライアントデバイス(コンピューター、モバイル、タブレットなど)からネットワークへの接続性
  • 企業ネットワークのトポロジ
  • 企業ネットワークと AEM 環境からのインターネットへのアップリンク
  • AEM 環境のトポロジ
  • AEM ネットワークインターフェイスの同時ユーザー数の定義
  • AEM ワークフローの定義済みのワークフロー

クライアントデバイスからネットワークへの接続性

まず、個々のクライアントデバイスと企業ネットワークの接続性を図解します。この段階では、複数のユーザーが同じポイントにアクセスする、Wi-Fi 接続などの共有リソースや、アセットをアップロードおよびダウンロードするイーサネットスイッチを特定します。

chlimage_1

クライアントデバイスは、共有 Wi-Fi、共有スイッチへのイーサネット、VPN など、様々な方法で企業ネットワークに接続します。このネットワークの渋滞地点を特定して理解することは、Assets を計画し、ネットワークを変更する上で重要です。

この図の左上では、3 つのデバイスが 48 Mbps Wi-Fi アクセスポイントを共有しています。すべてのデバイスで同時にアップロードすると、Wi-Fi ネットワークの帯域幅がデバイス間で共有されます。システム全体として比較すると、ユーザーはこの分割されたチャネルを介する 3 つのクライアントにつき、異なる渋滞地点に直面する可能性があります。 

低速なデバイスは同じアクセスポイントに接続する別のクライアントに影響を与えるので、Wi-Fi ネットワークの実際の速度を計測するのは困難です。アセットのやり取りに Wi-Fi を使用する場合は、複数のクライアントから同時に速度テストを実施してスループットを評価します。

図の左下には、2 つのデバイスが別個のチャネルを介して企業ネットワークに接続されています。このため、各デバイスは最低 10 Mbps および 100 Mbps の速度を利用できます。

右に表示されているコンピューターは VPN を介して企業ネットワークに接続されており、アップストリームの上限は 1 Mbps です。1 Mbps 接続と 1 Gbps 接続のユーザーエクスペリエンスは大幅に異なります。ユーザーが操作するアセットのサイズによっては、そのタスクに対して VPN アップリンクが不十分になる可能性があります。

企業ネットワークのトポロジ

chlimage_1

図では、企業ネットワーク内で使用されているアップリンクの速度が、通常使用されるものよりも高速になっています。これらのパイプは共有リソースです。共有スイッチが処理するクライアント数が 50 と想定されている場合、ここが渋滞地点となる可能性があります。最初の図では、2 台のコンピューターのみがその特定の接続を共有しています。

企業ネットワークと AEM 環境からのインターネットへのアップリンク

chlimage_1

インターネットや VPC 接続については、全体における帯域幅がピーク時の負荷やプロバイダーの大規模な停止により損なわれることがあるので、未知の要素を考慮に入れることが重要です。一般的に、インターネットの接続性は信頼できます。ただし、渋滞地点となることもあります。

企業ネットワークからインターネットへのアップリンクでは、他のサービスが帯域幅を使用している可能性があります。AEM Assets 専用または AEM Assets に優先的に割り当てる帯域幅を把握することが重要です。例えば、既に 1 Gbps のリンクの 80 %が使用されている場合、AEM Assets には最大で 20 %のみ割り当てることができます。

企業のファイアウォールやプロキシも様々な方法で帯域幅を形成します。この種類のデバイスは QoS(Quality of Service)、ユーザーごとの帯域幅制限またはホストごとのビットレート制限を使用して帯域幅を優先的に割り当てることができます。これらの渋滞地点は Assets のユーザーエクスペリエンスに多大な影響を及ぼすので、詳しく調査する必要があります。 

この例では、企業には 10 Gbps のアップリンクがあります。複数のクライアントが使用するのに十分です。また、ファイアウォールはホストに 10 Mbps のレート制限を課しています。この制限は、インターネットのアップリンクが 10 Gbps であっても、単一のホストへのトラフィックを 10 Mbps にスロットルする可能性があります。

これはクライアント起因の最も混雑の激しい渋滞地点です。ただし、このファイアウォールが管理するネットワークオペレーショングループを使用して変更またはホワイトリスティングを評価できます。 

このサンプル図より、6 台のデバイスが 10 Mbps の概念的なチャネルを共有していると結論付けることができます。使用しているアセットのサイズによっては、これではユーザーの期待に応えるには不十分である可能性があります。

AEM 環境のトポロジ

chlimage_1

AEM 環境のトポロジを設計するには、システム設定とユーザー環境内でネットワークがどのように接続されているかについて詳しく理解している必要があります。

このサンプルシナリオには、5 台のサーバーと 1 台の S3 バイナリストアで構成され、ダイナミックメディアが設定されたパブリッシュファームがあります。

ディスパッチャーでは、100 Mbps の接続が 2 つのエンティティ(外部と AEM インスタンス)で共有されています。アップロードとダウンロードを同時に実行するには、この数を 2 で割る必要があります。接続された外部ストレージは別の接続を使用します。

AEM インスタンスでは、1 Gbps の接続が複数のサービスで共有されています。ネットワークトポロジの観点では、これは単一のチャネルを異なるサービスで共有することと同じです。 

クライアントデバイスから AEM インスタンスへのネットワークを確認すると、最も混雑の激しい渋滞地点は 10 メガビットの企業ファイアウォールのスロットルのように見えます。Assets サイジングガイドのサイズ計算ツールでこれらの値を使用して、ユーザーエクスペリエンスを判定できます。

AEM ワークフローの定義済みのワークフロー

ネットワークのパフォーマンスを考慮する際には、システムで発生するワークフローや公開を考慮することが重要であることがあります。さらに、S3 などのネットワークに接続されたストレージや入出力のリクエストはネットワークの帯域幅を消費します。そのため、完全に最適化されたネットワークであっても、パフォーマンスはディスクの入出力によって制限されることがあります。

アセットの取り込み処理を効率化するには(特に大量のアセットをアップロードするとき)、アセットのワークフローを調べてその設定について詳しく理解します。

内部ワークフローのトポロジを評価する際には、次の内容を分析してください。

  • アセットを書き込む手順
  • アセットやメタデータが変更されたときに実行するワークフローやイベント
  • アセットを読み取る手順

考慮すべき項目は次の通りです。

  • XMP メタデータの読み/書き戻し
  • 自動アクティベートおよびレプリケート
  • 透かし処理
  • サブアセットの取り込み/ページの抽出
  • ワークフローのオーバーラップ

アセットワークフローの定義に関するお客様の例は次の通りです。

chlimage_1

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー