現在表示中:

AEM 内からスマートタグクラウドサービスを使用する方法について説明します。

Adobe I/O を使用して、Adobe Experience Manager(AEM)とスマートコンテンツサービスを統合できます。この設定を使用すると、AEM 内からスマートコンテンツサービスにアクセスできます。

この記事では、スマートコンテンツサービスの設定に必要となる以下の主要なタスクについて詳しく説明します。バックエンドでは、スマートコンテンツサービスに要求を転送する前に、AEM サーバーが Adobe IO ゲートウェイでサービスの資格情報を認証します。

  • AEM でスマートコンテンツサービス設定を作成して、公開鍵を生成します。OAuth 統合用の公開証明書を取得します。
  • Adobe I/O で統合を作成し、生成した公開鍵をアップロードします。
  • API キーやその他の Adobe I/O の資格情報を使用して AEM インスタンスを設定します。
  • (オプション)アセットアップロード時の自動タグ付けを有効化します。

前提条件

Adobe I/O で統合を作成してスマートコンテンツサービスを使用する前に、以下の事項を確認します。

  • 組織の管理者権限を持つ Adobe ID アカウントがあること。
  • 組織でスマートコンテンツサービスが有効化されていること。

公開証明書を取得

公開証明書により、Adobe I/O でプロファイルを認証できます。

  1. AEM ユーザーインターフェイスで、AEM のロゴをタップし、ツールデプロイメントクラウドサービスに移動します。

  2. クラウドサービスページで、「アセットのスマートタグ」の「今すぐ設定」をタップまたはクリックします。

  3. 設定を作成ダイアログで、スマートタグ設定のタイトルおよび名前を指定して、「作成」をタップまたはクリックします。

  4. AEM スマートコンテンツサービスダイアログで、次のフィールドの値をそのまま使用します。

    サービス URLhttps://mc.adobe.io/marketingcloud/smartcontent

    認証サーバーhttps://ims-na1.adobelogin.com

    他のフィールドは空白のままにして、「OK」をタップまたはクリックします。

    aem_scs
  5. OAuth 統合用の公開証明書をダウンロード」をタップまたはクリックし、公開証明書ファイル AEM-SmartTags.crt をダウンロードします。

    download_link

証明書の有効期限が切れた場合の再設定

証明書の有効期限が切れると、証明書は信頼されなくなります。新しい証明書を追加するには、以下の手順に従います。

  1. AEM デプロイメントに管理者としてログインします。ツールセキュリティユーザーをクリックします。

  2. dam-update-service ユーザーを見つけてクリックします。編集するユーザーをクリックし、「キーストアを管理する」をクリックします。

  3. 証明書の有効期限が切れた既存の similaritysearch キーストアを削除します。保存して閉じます。

  4. ツールデプロイメントクラウドサービスに移動します。アセットのスマートタグ設定を表示利用可能な設定をクリックします。必要な設定をクリックします。

  5. 公開証明書をダウンロードするには、「OAuth 統合用の公開証明書をダウンロード」をクリックします。

  6. https://console.adobe.io にアクセスし、既存のスマートコンテンツサービス統合に移動します。新しい証明書をアップロードします。

Adobe I/O 統合の作成

スマートコンテンツサービス API を使用するには、Adobe I/O で統合を作成して、API キー、テクニカルアカウント ID、組織 ID およびクライアントの秘密鍵を生成します。

  1. https://console.adobe.io にアクセスします。

  2. Integrations ページで組織を選択します。

  3. New Integration」をタップまたはクリックします。

  4. Create a new integration ページで「Access an API」を選択し、「Continue」をタップまたはクリックします。

  5. Experience Cloud の下にある「Smart Content」を選択して、「Continue」をタップまたはクリックします。

    smart_content
  6. 次のページで、「New integration」を選択し、「Continue」をタップまたはクリックします。

  7. Integration Details ページで、統合ゲートウェイの名前を指定し、説明を追加します。

  8. 上記でダウンロードした公開証明書ファイル AEM-SmartTags.crt をアップロードします。

  9. Create Integration」をタップまたはクリックします。

  10. 統合の情報を表示するには、「Continue to integration details」をタップまたはクリックします。

    integration_details

Assets スマートタグクラウドサービスの設定

統合を設定するには、Adobe I/O 統合のテクニカルアカウント ID、組織 ID、クライアントの秘密鍵、認証サーバーおよび API キーのフィールドの値を使用します。スマートタグクラウド設定を作成すると、AEM インスタンスからの API 要求を認証できるようになります。

  1. AEM ユーザーインターフェイスで、AEM のロゴをタップまたはクリックし、ツールデプロイメントクラウドサービスに移動して、クラウドサービスコンソールを開きます。

  2. アセットのスマートタグ」で、上記で作成したスマートタグ設定を開きます。

  3. AEM スマートコンテンツサービスダイアログで、「サービス URL」および「認証サーバー」フィールドに事前入力された値を使用します。

  4. 「API キー」、「テクニカルアカウント ID」、「組織 ID」、「クライアントの秘密鍵」の各フィールドでは、上記で生成された値を使用します。

アセットの更新ワークフローでスマートタグを有効にする

  1. AEM ユーザーインターフェイスで、AEM のロゴをタップまたはクリックし、ツールワークフローモデルに移動します。

  2. モデルページで、「DAM アセットの更新」ワークフローモデルを選択します。

  3. ツールバーの「編集」をタップまたはクリックします。

  4. スマートタグアセット」プロセス(DAM ワークフローセクションの下にあります)をサイドキックからドラッグし、「サムネールを処理」ステップの後に配置します。

    chlimage_1
  5. そのステップを編集モードで開きます。「詳細設定」で、「ハンドラー処理の設定」オプションが選択されていることを確認します。

    chlimage_1
  6. 自動タグ付けのステップに失敗してもワークフローを完了させたい場合は、「引数」タブで「エラーを無視」を選択します。

    chlimage_1

    フォルダーでスマートタグが有効になっているかに関わらずアップロード時にアセットをタグ付けするには、「スマートタグフラグを無視」を選択します。

    chlimage_1
  7. OK」をタップまたはクリックして、プロセスステップを閉じ、ワークフローを保存します。

Oak インデックスの作成

AEM 6.1 から 6.3 へアップグレードする場合、スマートタグの oak インデックスを手動で作成する必要があります。AEM 6.3 には、これらのインデックスがデフォルトで含まれています。

  1. CRX リポジトリを開きます。

  2. /oak:index/damAssetLucene/indexRules/dam:Asset/properties ノードに移動します。

  3. 添付の XML ファイルで指定されたインデックス構成を参考に、下記のノードを作成し、以下のとおりにプロパティを設定します。

    ダウンロード

    • simsearchVersion
      • jcr: primaryType:nt:unstructured
      • name:jcr:content/metadata/simsearchVersion
      • nullCheckEnabled:true
      • propertyIndex:true
    • predictedTags
      • index:true
      • isRegexp:true
      • jcr:primaryType:nt:unstructured
      • name:jcr:content/metadata/predictedTags/*/name
      • propertyIndex:false
    • predictedTagsConfidence
      • index:true
      • isRegexp:true
      • jcr:primaryType:nt:unstructured
      • name:jcr:content/metadata/predictedTags/*/confidence
      • propertyIndex:false

     

    jcr:content/metadata/predictedTags/*/confidence
    jcr:content/metadata/predictedTags/*/confidence
    jcr:content/metadata/predictedTags/*/confidence
    jcr:content/metadata/predictedTags/*/confidence
  4. /oak:index/ntBaseLucene/indexRules/nt:base/properties/ に移動し、damAutoTag ノードを作成して、以下のとおりにプロパティを設定します。

    • jcr:primaryType: nt:unstructured
    • name: jcr:content/autotag 
    • ordered: false
    • propertyIndex:true
    • type: Boolean
  5. 変更内容を保存します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー