現在表示中:

オーサリングモードでは以下が可能です。

リッチテキスト形式では、以下も可能です。

chlimage_1

警告:

フラグメントが公開または参照(あるいは両方)された後で、作成者が編集するためにフラグメントを開くと AEM によって警告が表示されます。フラグメントを変更すると、参照しているページも影響されることが警告されます。

フラグメントコンテンツを編集するには(適切なエレメントまたバリエーションの場合)次の形式を使用します。形式はドロップダウンで選択可能です。

警告:

形式を変更すると、書式に関する情報が失われることがあります。

このアクションを取り消すことはできません。

リッチテキスト

リッチテキストの編集では次の形式を設定できます。

  • 太字
  • 斜体
  • 下線
  • 段落スタイル:段落、見出し 1/2/3
  • 整列:左、中央、右
  • 箇条書きリスト
  • 番号付きリスト
  • インデント:増、減
  • 取り消し/やり直しオプション
chlimage_1

フラグメントへの視覚的アセットの挿入(混在メディアフラグメント)

コンテンツフラグメントのオーサリングのプロセスを簡易化するため、アセット(画像)を直接フラグメントに追加できます。

アセットは書式設定なしでフラグメントの段落シーケンスに追加されます。ページでフラグメントを利用、参照する際に書式の設定が可能です。

警告:

参照ページではこれらのアセットの移動や削除はできません。移動や削除にはフラグメントエディターを使用する必要があります。

注意:

フラグメントやページに視覚的アセット(画像など)を追加するには、いくつか方法があります。

  1. 画像を追加したい位置にカーソルを置きます。

  2. アセットを挿入アイコンを使用して、検索ダイアログを開きます。

    chlimage_1
  3. ダイアログでは以下が可能です。

    • DAM で必要なアセットへの移動
    • DAM でアセットの検索

    必要なアセットが見つかったら、サムネールをクリックしてアセットを選択します。

  4. 選択」を使用して、コンテンツフラグメント段落システムの現在の位置にアセットを追加します。

    警告:

    アセットを追加後に形式を変更すると次のようになります。

    • プレーンテキスト:アセットはフラグメントから完全に失われます。
    • Markdown:アセットは表示されなくなりますが、リッチテキストに戻すとアセットがまた表示されます。

プレーンテキスト

プレーンテキストを使用すると、書式設定または Markdown 情報なしでコンテンツを素早く入力できます。

警告:

プレーンテキスト」を選択すると、リッチテキストまたは Markdown に追加した書式、Markdown やアセットは失われます。

また、次のことを実行できます。

chlimage_1

Markdown

注意:

詳しくは、Markdown の説明を参照してください。

Markdown を使用してテキストの形式を設定できます。次を定義できます。

  • 見出し
  • 段落と改行
  • リンク
  • 画像
  • ブロック引用
  • リスト
  • 強調
  • コードブロック
  • バックスラッシュエスケープ

警告:

リッチテキストMarkdown とを切り替えると、ブロック引用やコードブロックで予期しない表示になることがあります。ブロック引用とコードブロックの 2 つの形式は処理方法が異なる場合があるからです。

また、次のことを実行できます。

chlimage_1

テキストのアップロード

コンテンツフラグメントのオーサリングのプロセスを簡易化するため、外部エディターで用意したテキストをアップロードしてフラグメントに直接追加できます。 

  1. アップロードするテキストを追加したい位置にカーソルを置きます。

  2. コンテンツをアップロードアイコンを使用して、ダイアログを開きます。

  3. ダイアログで、ファイルシステムの適切な場所へ移動し、必要なファイル(*.txt)を選択します。

  4. 選択」を使用して、コンテンツフラグメント段落システムの現在の位置にテキストファイルの内容を追加します。

    注意:

    テキストファイルに HTML タグがある場合、ファイルをアップロードするとタグはテキストとして表示され、解釈されません。

    例えば、<b>太字</b> が含まれるテキストファイルをアップロードすると、コンテンツフラグメントには <b>太字</b> と表示され、太字 にはなりません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー