現在表示中:

Adobe Experience Manager(AEM)Assets のユーザーは、アセットの作成、アップロード、削除など、多くのアクションを実行します。ユーザーが実行したことの履歴を提供できるように、これらのアクションを記録することができます。ここでは、AEM の記録機能と、特定のイベントを記録するための AEM の設定方法について説明します。

パフォーマンスに関する考慮事項とデフォルトの動作

この統合は、例えば一括して読み込むときに多くの CPU およびディスク領域を消費する可能性があります。こうした理由から、AEM Assets とアクティビティストリームとの統合はデフォルトで無効になっています。

サポートされるアクションイベント

以下のイベントを記録対象として設定できます。

  • ライセンス許可(ACCEPTED)
  • アセットの作成(ASSET_CREATED)
  • アセットの移動(ASSET_MOVED)
  • アセットの削除(ASSET_REMOVED)
  • ライセンス拒否(REJECTED)
  • アセットのダウンロード(DOWNLOADED)
  • アセットのバージョン設定(VERSIONED)
  • アセットのバージョンの復元(RESTORED)
  • アセットのメタデータの更新(METADATA_UPDATED)
  • アセットの外部システムへの公開(PUBLISHED_EXTERNAL)
  • 元のアセットの更新(ORIGINAL_UPDATED)
  • アセットのレンダリングの更新(RENDITION_UPDATED)
  • アセットのレンダリングの削除(RENDITION_REMOVED)
  • サブアセットの更新(SUBASSET_UPDATED)
  • サブアセットの削除(SUBASSET_REMOVED)

AEM Assets のイベント記録機能の設定

Web コンソールから、AEM Assets Event Recorder のチューニングにアクセスできます。AEM Assets Event Recorder を設定するには、以下の手順を実行します。

  1. Web コンソールに移動します。

  2. 設定」をクリックします。

  3. Day CQ DAM Event Recorder」をダブルクリックします。

  4. このサービスを有効にする」チェックボックスをオンにします。

  5. ユーザーアクティビティストリームで記録するイベントタイプのチェックボックスをチェックします。

  6. 保存」をクリックします。

記録されたイベントの読み取り

記録されたイベントはアクティビティとして保存されます。ActivityManager API を使用して、プログラムで読み取ることができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー