現在表示中:

注意:

この作業はオプションで、Windows にのみ関連します。

AEM 3D と Autodesk® Maya® ソフトウェアを統合すると、ネイティブな Maya ファイル(.MA および .MB)のサポートを有効化し、利用可能な Maya レンダラーを使用して AEM で 3D アセットをレンダリングできます。

詳細設定も参照してください。

AEM 3D と Autodesk Maya を統合するには、以下の手順に従います。

  1. Autodesk Maya 2016 ソフトウェアを、AEM がホストされているのと同じサーバーにインストールします。

    インストール後、Maya を開いて使用できること、および Maya のライセンスの問題がないことを確認します。

    注意:

    AEM は、Maya のコマンドラインレンダリングツール(render.exe)だけを使用します。1 つの Maya ネットワークライセンスで、5 台までのサーバーで同時に Maya コンテンツを処理およびレンダリングできます。

  2. Maya で、Autodesk FBX® プラグインを有効にします。

  3. MentalRay レンダリングプラグインまたは他の希望のレンダラーをインストールします。

    インストール後、MentalRay が Maya で利用できることを確認します。

  4. Maya の実行可能ファイルのフォルダーへのパスを、Windows の PATH 環境変数に追加します。

    例えば、Windows Server 2012 で、スタートコントロールパネルシステムとセキュリティシステムシステムの詳細設定環境変数をタップまたはクリックします。Path システム変数に、Maya2016\bin フォルダーへのフルパスを追加します。

    chlimage_1
  5. AEM で、Maya をレンダラーとして有効化します。まず、ツール一般CRXDE Lite に移動します。

  6. CRXDE Lite ページの左側のパネルで、以下の場所に移動します。

    /apps/cq-scene7-v3D/config/renderers/maya

  7. Enabled プロパティを true に設定します。

    chlimage_1
  8. CRXDE Lite ページの左上隅の「すべて保存」をタップまたはクリックします。

    これで、Maya がレンダラーとして有効化されました。

AEM 3D と Autodesk Maya の統合のテスト

  1. AEM Assets を開き、sample-3D-content/models にある .MA ファイルを test3d フォルダーにアップロードします。

    sample-3D-content.zip は、基本の 3D 機能を検証するため、以前にダウンロード済みです。

  2. カード表示に戻り、アップロードしたアセットに表示されるメッセージバナーを観察します。

    Maya でネイティブな .MA 形式が .FBX に変換されている間、「形式の変換中」バナーが表示されます。

  3. すべての処理が終了したら、<xxx>.ma アセットを開き、<xxx>.ma ステージを選択します。

  4. ページの左上隅近くにあるドロップダウンリストをタップまたはクリックして、「レンダリング」を選択します。

    chlimage_1
  5. レンダラー」ドロップダウンリストで「Autodesk Maya」を選択し、「レンダリングを開始」をタップまたはクリックします。

  6. ページの右上隅近くにある「閉じる」をタップまたはクリックして、カード表示に戻ります。

    レンダリングしている画像アセットのメッセージバナーを観察します。バナーのプログレスバーに、レンダリングの進行状況が表示されます。

  7. レンダリングが完了したら、レンダリングされた画像アセットを開きます。

    レンダリングされた画像が、「レンダリングを開始」をクリックしたときに表示されていた画像と十分一致していると言えるか確認します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー