現在表示中:

マルチテナント機能を使用すると、組織プレフィックスと組織 ID に基づいて CRX のコンテンツを隔離して、他の組織のユーザーによるコンテンツへの不正アクセスを防止できます。

Adobe Experience Manager(AEM)Assets では、組織のデータは、組織ごとに異なるパスに保存されます。各組織に固有のパスは、CRX 内での様々なアセットの従来の保存場所に
含まれる組織プレフィックスと組織 ID によって識別されます。

例えば、Demo という名前のフォルダーを作成した場合、従来なら、そのフォルダーは CRX 内の次の場所に保存されます。

../content/dam/Demo

一方、マルチテナント機能を有効にすると、データを次の場所に保存できます。

../content/dam/<organization prefix>/<organization id>Demo 

例えば、AEM Assets(on demand)の Adobe Marketing Cloud ユーザーが aodpremium という組織に割り当てられている場合、マルチテナント機能を使用して次のパスを設定し、そのコンテンツを隔離できます。

../content/dam/<mac>/<aodpremium>Demo

ここで、mac は組織プレフィックス、aodpremium は組織 ID です。

ユーザーの組織と ID に基づくこの修飾パスは、AEM Assets インターフェイスと各種ウィザード(例えば、強制隔離するための移動およびスニペット作成ウィザードなど)に表示されます。

マルチテナント機能では、次のアセットとコンポーネントを隔離できます。

  • コレクション
  • 公開コレクション
  • カタログ(ページを追加/ページを選択ウィザードを含む)
  • テンプレート
  • スニペットテンプレート
  • Lightbox

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー