現在表示中:

フォーラムとコメントでおこなう公開のやり取りのほかに、AEM Communities のメッセージング機能を利用して、コミュニティメンバー同士の非公開のやり取りを実現できます。

この機能は、コミュニティサイトを作成するときに組み込むことができます。

メッセージング機能では、以下を実行できます。

  • 1 人以上のコミュニティメンバーにメッセージを送信する
  • コミュニティメンバーグループにメッセージを送信する
  • 添付ファイル付きでメッセージを送信する
  • メッセージを転送する
  • メッセージに返信する
  • メッセージを削除する
  • 削除されたメッセージを復元する

メッセージング機能を有効化して変更するには、以下を参照してください。

注意:

オーサリング編集モードでページにメッセージを構成、メッセージ、またはメッセージリストコンポーネント(コミュニティコンポーネントグループ内)を追加することはサポートされていません。

メッセージングコンポーネントの設定

コミュニティサイトでメッセージングを有効にしている場合、メッセージングは完全に設定されており、追加の設定は不要です。初期設定を変更する必要がある場合、この情報が表示されます。

メッセージリストの設定(messagebox)

メッセージング機能のインボックス送信した項目、およびごみ箱ページ用にメッセージリストの設定を変更するには、サイトをオーサリング編集モードで開きます。

プレビューモードで「メッセージ」リンクを選択し、メインのメッセージングページを開きます。次に、そのメッセージリストのコンポーネントを設定するために、インボックス送信した項目、またはごみ箱を選択します。

編集モードで、ページ上のコンポーネントを選択します。

設定ダイアログにアクセスするには、リンクアイコンを選択して継承をキャンセルする必要があります。

設定が完了したら、切断リンクアイコンを選択して継承を復元する必要があります。

chlimage_1

継承をキャンセルすると、設定アイコンを選択して設定ダイアログを開けるようになります。

chlimage_1

「基本」タブ

chlimage_1
  • サービスセレクター
    (必須AEM Communities メッセージング操作サービスserviceSelector.name プロパティの値に設定します。
  • ページを構成
    (必須)メンバーが「返信」ボタンをクリックしたときに開くページです。ターゲットページには、メッセージを作成フォームを含める必要があります。
  • リソースとして返信/表示
    オンにすると、返信 URL と表示 URL がリソースを参照します。オフにすると、データは URL 内でクエリパラメーターとして渡されます。
  • プロファイルの表示フォーム
    送信者のプロファイルの表示に使用するプロファイルフォームです。
  • ごみ箱フォルダー
    オンにすると、このメッセージリストコンポーネントには、「削除済み」(ごみ箱)のフラグが設定されているメッセージのみが表示されます。
  • フォルダーのパス
    (必須AEM Communities メッセージング操作サービスinbox.path.name および sentitems.path.name に設定されている値を指定します。インボックスに対して設定する場合、inbox.path.name の値を使用してエントリを 1 つ追加します。アウトボックスに対して設定する場合、sentitems.path.name の値を使用してエントリを 1 つ追加します。ごみ箱に対して設定する場合、同じ値で 2 つのエントリを追加します。

「表示」タブ

chlimage_1
  • 既読をマークボタン
    オンにすると、メッセージを既読としてマークできる「既読」ボタンが表示されます。
  • 未読をマークボタン
    オンにすると、メッセージを未読としてマークできる「未読をマーク」ボタンが表示されます。
  • 削除ボタン
    オンにすると、メッセージを「既読」としてマークできる「削除」ボタンが表示されます。「メッセージオプション」もオンにすると、削除機能が重複します。
  • メッセージオプション
    オンにすると、メッセージを再送または削除できる「返信」、「全員に返信」、「転送」および「削除」ボタンが表示されます。「削除ボタン」もオンにすると、削除機能が重複します。
  • 1 ページのメッセージ数
    指定した数字がページネーションスキームで 1 ページに表示されるメッセージの最大数になります。数字を指定しない(空白のまま)場合、すべてのメッセージが表示され、ページネーションはありません。
  • タイムスタンプのパターン
    1 つ以上の言語に対してタイムスタンプのパターンを指定します。初期設定は en、de、fr、it、es、ja、zh_CN、ko_KR です。
  • ユーザーを表示
    送信者」または「受信者」を選択して、送信者または受信者のどちらを表示するかを決定します。

「メッセージを作成」の設定

メッセージを作成ページの設定を変更するには、サイトをオーサリング編集モードで開きます。

プレビューモードで「メッセージ」リンクを選択し、メインのメッセージングページを開きます。次に、「新しいメッセージ」ボタンを選択してメッセージを作成ページを開きます。

編集モードで、メッセージ本文が含まれるページのメインコンポーネントを選択します。

設定ダイアログにアクセスするには、リンクアイコンを選択して継承をキャンセルする必要があります。

設定が完了したら、切断リンクアイコンを選択して継承を復元する必要があります。

chlimage_1

継承をキャンセルすると、設定アイコンを選択して設定ダイアログを開けるようになります。

chlimage_1

「基本」タブ

chlimage_1
  • リダイレクト URL
    メッセージの送信後に表示されるページの URL を入力します。例えば、「../messaging.html」と入力します。
  • キャンセル URL
    送信者がメッセージをキャンセルした場合に表示されるページの URL を入力します。例えば、「../messaging.html」と入力します。
  • メッセージ件名の最大の長さ
    「件名」フィールドに許可される最大文字数です。例えば、「500」と入力します。初期設定は制限なしです。
  • メッセージ本文の最大の長さ
    「コンテンツ」フィールドに許可される最大文字数です。たとえば、「10000」と入力します。初期設定は制限なしです。
  • サービスセレクター
    (必須AEM Communities メッセージング操作サービスserviceSelector.name プロパティの値に設定します。

「表示」タブ

chlimage_1
  • 件名フィールドを表示
    オンにすると、「件名」フィールドが表示され、メッセージへの件名の追加が有効になります。初期設定はオフです。
  • 件名ラベル
    件名」フィールドの横に表示するテキストを入力します。初期設定は「件名」です。
  • ファイルの添付フィールドを表示
    オンにすると、「添付ファイル」フィールドを表示し、メッセージへの添付ファイルの追加を有効にします。初期設定はオフです。
  • ファイルラベルを付加
    添付ファイル」フィールドの横に表示するテキストを入力します。初期設定は「ファイルの添付」です。
  • コンテンツフィールドを表示
    オンにすると、「コンテンツ」フィールドを表示し、メッセージ本文の追加を有効にします。初期設定はオフです。
  • コンテンツラベル
    コンテンツ」フィールドの横に表示するテキストを入力します。初期設定は「本文」です。
  • リッチテキストエディターを使用
    オンにすると、独自のリッチテキストエディターを使用するカスタムのコンテンツテキストボックスを使用することを意味します。初期設定はオフです。
  • タイムスタンプのパターン
    1 つ以上の言語に対してタイムスタンプのパターンを指定します。初期設定は en、de、fr、it、es、ja、zh_CN、ko_KR です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー