現在表示中:

カスタムコメントシステムのコンポーネントをアプリケーションディレクトリ(/apps)に配置したので、拡張されたコンポーネントを使用できるようになりました。影響を受ける Web サイト内のコメントシステムのインスタンスでは、resourceType をカスタムコメントシステムに設定し、必要なクライアントライブラリをすべて含める必要があります。

必要な clientlib の識別

デフォルトのコメントのスタイルと機能に必要なクライアントライブラリは、拡張されたコメントにも必要です。 

コミュニティコンポーネントガイドによって、必要なクライアントライブラリが識別されます。コンポーネントガイドを参照し、コメントコンポーネントを表示します。次に例を示します。

http://localhost:4502/content/community-components/en/comments.html

コメントの正常なレンダリングと機能のためには、3 つのクライアントライブラリが必要です。拡張されたコメントが参照される場所に、これらのライブラリおよび拡張されたコメントのクライアントライブラリapps.custom.comments)を含める必要があります。

chlimage_1

ページへのカスタムコメントの追加

1 つのページで使用できるコメントシステムは 1 つだけなので、サンプルページの作成のチュートリアルで説明する手順に従ってサンプルページを作成すると簡単です。

作成したら、デザインモードに切り替え、カスタムコンポーネントグループを使用可能にして、Alt Comments コンポーネントをページに追加できるようにします。

コメントを正しく表示し、機能させるには、コメントのクライアントライブラリをページの clientlibslist に追加する必要があります(コミュニティコンポーネントの clientlib を参照)。

サンプルページでのコメントの clientlib

サンプルページでのコメントの clientlib

オーサー環境:サンプルページでの Alt Comment

サンプルページでの Alt Comment

オーサー環境:サンプルページでのコメントノード

/content/sites/sample/en/jcr:content/content/primary/comments でサンプルページのコメントノードのプロパティを表示することによって、CRXDE で resourceType を確認できます。

chlimage_1

サンプルページの公開

カスタムコンポーネントをページに追加した後は、(再度)ページを公開する必要もあります。

パブリッシュ環境:サンプルページでの Alt Comment

カスタムアプリケーションとサンプルページの両方を公開したら、コメントを入力できるようになります。デモユーザーまたは admin でサインインすると、コメントを投稿できます。

次に、aaron.mcdonald@mailinator.com がコメントを投稿する例を示します。

Aaron McDonald によるコメントの投稿
chlimage_1

拡張されたコンポーネントがデフォルトの外観で正しく機能していることがわかります。次は外観を変更します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー