現在表示中:

概要

ファイルライブラリ機能は、サインインしているサイト訪問者(コミュニティメンバー)がコミュニティサイト内でファイルをアップロード、管理およびダウンロードする場所を提供します。

ドキュメントのこのセクションでは、以下の内容について説明します。

  • ファイルライブラリ機能を AEM サイトに追加
  • ファイルライブラリコンポーネントを設定

ファイルライブラリをページに追加

ファイルライブラリコンポーネントをオーサリングモードでページに追加するには、

  • コミュニティ/ファイルライブラリ

コンポーネントを探し、ページ上の位置にドラッグします。

必要な情報については、コミュニティコンポーネントの基本を参照してください。

必須のクライアント側ライブラリを含めると、ファイルライブラリコンポーネントは次のように表示されます。

chlimage_1

ファイルライブラリの設定

配置済みのファイルライブラリコンポーネントを選択し、設定アイコンを選択すると、編集ダイアログが開きます。

chlimage_1
chlimage_1

「コメント」タブ

コメント」タブでは、アップロードしたファイルに対するコメントを表示するかどうかと、その方法を指定します。

  • ファイルへのコメントを許可
    オンにすると、アップロードしたファイルに対するコメントを許可します。初期設定はオフです。
  • 1 ページのコメント数
    1 ページに表示されるコメント数と返信数を制限します。初期設定は 10 です。
  • 最大ファイルサイズ
    この値によって、アップロードするファイルサイズが制限されます。初期設定は 104857600(10 MB)です。
  • メッセージの最大長
    テキストボックスに入力できる最大文字数です。初期設定は 4096 文字です。
  • 許可されるファイルタイプ
    ドット付きのファイル拡張子をコンマ区切りで指定します(例:.jpg, .jpeg, .png, .doc, .docx, .pdf)。ここにいずれかのファイルタイプを指定すると、それ以外のファイルタイプは許可されなくなります。初期設定では何も指定されず、すべてのファイルタイプが許可されます。
  • リッチテキストエディター
    オンにすると、マークアップを使用してコメントを入力できます。初期設定はオフです。
  • コメントを削除
    オンにすると、ユーザーは自分のコメントを削除できます。初期設定はオンです。
  • タグ付けを許可
    オンにすると、ファイルにタグを付加する機能が有効になります。初期設定はオフです。
  • 許可された名前空間
    「タグ付けを許可」がオンの場合、使用可能なタグは選択した名前空間に限定されます。名前空間が選択されていない場合、すべての名前空間が許可されます。初期設定はすべての名前空間です。
  • 推奨の制限
    「タグ付けを許可」がオンの場合に、表示する推奨タグの数の上限を設定します。-1 に設定した場合、制限はありません。初期設定は -1 です。
  • 投票を許可
    オンにすると、ファイルに投票する機能が有効になります。初期設定はオフです。
  • フォローを許可
    オンにすると、ブログ記事にフォロー機能が追加され、新しい投稿があった場合にメンバーに通知できるようになります。初期設定はオフです。
  • スレッド化された返信を許可
    オンにすると、投稿されたコメントに返信できるようになります。初期設定はオフです。

「ユーザーモデレート」タブ

ユーザーモデレート」タブでは、コメントが許可されている場合に、コメントのモデレートを設定します。

  • モデレート前
    オンにすると、コメントを公開サイトに表示する前に承認が必要になります。初期設定はオフです。
  • コメントを削除
    オンにすると、コメントを投稿した訪問者がそのコメントを削除できます。初期設定はオンです。
  • コメントを拒否
    オンにすると、信頼されているメンバーモデレーターがコメントを拒否できます。初期設定はオフです。
  • コメントを閉じる/再度開く
    オンにすると、信頼されているメンバーモデレーターがコメントを閉じたり、再度開いたりすることができます。初期設定はオフです。
  • コメントにフラグを設定
    オンにすると、訪問者はコメントに「不適切」のフラグを設定できます。初期設定はオフです。
  • フラグ設定理由リスト
    オンにすると、訪問者はコメントに「不適切」のフラグを設定した理由をドロップダウンリストから選択できます。初期設定はオフです。
  • カスタムフラグ設定理由
    オンにすると、訪問者はコメントに「不適切」のフラグを設定した独自の理由を入力できます。初期設定はオフです。
  • モデレートのしきい値
    訪問者がコメントに何回フラグを設定したらモデレーターに通知するかを指定します。初期設定は 1 回(1)です。
  • フラグ付けの制限
    コメントに何回フラグが設定されたら、公開表示から非公開にするかを指定します。この数字は、モデレートのしきい値以上にする必要があります。初期設定は 5 です。

追加情報

詳しくは、開発者向けのファイルライブラリの基本事項ページを参照してください。

投稿されたトピックとコメントのモデレートについては、ユーザー生成コンテンツのモデレートを参照してください。

投稿されたトピックとコメントのタグ付けについては、ユーザー生成コンテンツのタグ付けを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー