現在表示中:

パブリッシュサーバー上の新しいサイトの参照

新しく作成したコミュニティサイトが公開されたので、次はこのサイト作成時に表示された URL を参照します。ただし、このとき参照するのはパブリッシュサーバー上の URL です。次に例を示します。

  • オーサー URL = http://localhost:4502/content/sites/engage/en.html
  • パブリッシュ URL = http://localhost:4503/content/sites/engage/en.html

どのメンバーがオーサーインスタンスにサインインし、どのメンバーがパブリッシュインスタンスにサインインしているかを混乱なく把握するために、インスタンスごとに異なるブラウザーを使用することを推奨します。

公開済みサイトに初めてアクセスするときは、通常、そのサイト訪問者はまだサインインしておらず、匿名です。

http://localhost:4503/content/sites/engage/en.html

chlimage_1

匿名のサイト訪問者

ヘッダー部分は以下のようになっています。

  • タイトルは Getting Started Tutorial
  • プロファイルリンクなし
  • メッセージリンクなし
  • 通知リンクなし
  • 検索フィールド
  • ログインリンク

その下にブランドバナーが表示されています。

さらに、参照サイトテンプレートに含まれている要素へのメニューリンクが表示されています。

各リンクを選択すると、いずれも読み取り専用モードとなっていることがわかります。このサイトはコンテンツを使用せずに新しく作成したものであるので、あまり見るものがありません。

信頼されているコミュニティメンバー

この操作は、Aaron McDonaldコミュニティマネージャーとコミュニティモデレーターの役割が割り当てられていることを前提としています。割り当てられていない場合は、オーサー環境に戻ってサイト設定を変更し、Aaron McDonald をコミュニティマネージャーとコミュニティモデレーターの両方に設定します。

右上隅の「ログイン」を選択し、ユーザー名「aaron.mcdonald@mailinator.com」とパスワード「password」でログインします。Twitter または Facebook の資格情報でサインインすることも可能です。

chlimage_1

サインインすると、今までになかった「Administration」というメニューアイテムが表示されます。これは、サインインしたメンバーにモデレーターの役割が付与されているからです。これで、様々なリンクを選択したときにできることが増えます。

chlimage_1

カレンダーページがホームページになっていますが、これは、選択した参照サイトテンプレートの最初に含まれているのがカレンダー機能で、その後にアクティビティストリーム機能、フォーラム機能などが続いているからです。 この構造は、サイトテンプレートコンソールから見ることができます。また、オーサー環境でサイトプロパティを変更する場合にも表示されます。

chlimage_1

注意:

コミュニティコンポーネントと機能について詳しくは、以下を参照してください。

フォーラムリンク

フォーラムリンクを選択すると、基本的なフォーラム機能が表示されます。 

メンバーは、新しいトピックを投稿したり、トピックをフォローしたりできます。 

サイト訪問者は、様々な方法で投稿を表示したり、並べ替えたりできます。

chlimage_1

グループリンク

Aaron はグループ管理者なので、グループリンクを選択すると、新しいグループを作成するための画面が表示されます。ここで、グループテンプレートや画像を選択したり、グループをオープンにするかシークレットにするかを設定したり、メンバーを招待したりできます。

パブリッシュ環境でグループを作成する例を次に示します。

グループは、オーサー環境で作成し、オーサー環境のコミュニティサイト(コミュニティグループコンソール)内で管理することもできます。オーサー環境でのグループの作成については、このチュートリアルで次に説明します。

chlimage_1

参照グループの作成:

  1. 新しいグループ」を選択します。
  2. 「設定」タブ
    • グループ名:Sports
    • 説明:A parent group for various sporting groups
    • グループ URL 名:Sports
    • オープングループ」を選択します(任意のコミュニティメンバーの参加を許可します)。
  3. 「テンプレート」タブ
    • 参照グループ」を選択します(ネストされたグループを許可するためにグループ機能をその構造に含めます)。
  4. グループを作成」を選択します。
chlimage_1

新しいグループが作成されたら、その中に(ネストされる)2 つのグループを作成するために新しい Sports グループを選択します。サイト構造の最初にグループ機能を使用できないので、Sports グループを開いたら、グループリンクを選択する必要があります。

chlimage_1

ブログで始まる 2 番目のリンクのセットは、現在選択しているグループである Sports グループに属しています。Sports のグループリンクを選択すると、Sports グループ内に 2 つのグループをネストすることができます。

例えば、新しいグループを 2 つ追加します。

  • Baseball という名前のグループ
    • オープングループ」(必要なメンバーシップ)を設定したままにします。
    • 「テンプレート」タブで、「対話型グループ」を選択します。
  • Gymnastics という名前のグループ
    • 設定を「メンバーのみのグループ」(制限されたメンバーシップ)に変更します。
    • 「テンプレート」タブで、「対話型グループ」を選択します。

注意

  • 両方のグループを表示するには、ページの更新が必要になる場合があります。
  • このテンプレートにはグループ機能が含まれていないので、これ以上グループをネストすることはできません。
  • オーサー環境のグループコンソールには、3 つ目の選択肢として「パブリックグループ」(オプションのメンバーシップ)が用意されています。

両方のグループが作成されたら、Baseball グループ(オープングループ)を選択し、そのリンクに注目します。

ディスカッション     最新情報     メンバー

このグループのリンクは、メインサイトのリンクの下に表示され、結果として、次のように表示されます。

chlimage_1

オーサー環境で、管理者権限を使用して、コミュニティグループコンソールに移動し、Community Engage Gymnastics <uid> Members グループに Weston McCall を追加します。

引き続きパブリッシュ環境で、Aaron McDonald としてログアウトし、次のように匿名のサイト訪問者として Sports グループ内のグループを表示します。

  • ホームページから
  • グループリンクを選択します。
  • Sports リンクを選択します。
  • Sports のグループリンクを選択します。

Baseball グループのみが表示されます。 

Weston McCall(weston.mccall@dodgit.com/password)としてログインし、同じ場所に移動します。Weston はオープンな Baseball グループに参加できることおよびプライベートの Gymnastics グループに入ったり脱退したりできることがわかります。

chlimage_1

Web ページリンク

Web ページリンクを選択すると、サイトに含まれる基本的な Web ページが表示されます。 オーサー環境では、標準の AEM オーサリングツールを使用して、このページにコンテンツを追加できます。 

例えば、オーサーインスタンスに移動し、コミュニティサイトコンソールengage フォルダーを開き、サイトを開くアイコンを選択してオーサリング編集モードに入ります。その後、プレビューモードを選択して Web ページリンクを選択し、編集モードを選択してタイトルコンポーネントとテキストコンポーネントを追加します。最後に、そのページのみまたはサイト全体を再公開します。

chlimage_1

管理リンク

コミュニティメンバーがモデレート権限を持っている場合は、管理リンクが表示されます。このリンクを選択すると、投稿されたコミュニティコンテンツが表示され、オーサー環境のモデレートコンソールと同様の方法でコンテンツをモデレートできるようになります。

ブラウザーの戻るボタンを使用して、公開したサイトに戻ります。 ほとんどのコンソールには、パブリッシュ環境のグローバルナビゲーションからアクセスできません。

chlimage_1

自己登録

ログアウトした後に、新しいユーザー登録を作成できます。

  • ログイン」を選択します。
  • 次にサインアップ : 新しいアカウント」を選択します。
chlimage_1
chlimage_1

デフォルトでは、電子メールアドレスがログイン ID になります。 チェックボックスをオフにした場合は、訪問者が自分のログイン ID(ユーザー名)を入力できます。 このユーザー名は、パブリッシュ環境において一意である必要があります。

ユーザー名、電子メールアドレスおよびパスワードを指定し、Captcha テキスト(有効にしている場合)を入力した後、「サインアップ 」を選択すると、ユーザーが作成され、サインインできるようになります。

サインイン後は、プロファイルページが最初に表示されます。このページはユーザーがパーソナライズできます。

chlimage_1

メンバーが自分のログイン ID を忘れた場合は、電子メールアドレスを使用して回復することができます。

chlimage_1

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー