現在表示中:

概要

リッチテキストエディター(RTE)では、マークアップを使用してテキストを入力できます。 

コミュニティコンポーネントの場合、オーサー環境のリッチテキストエディターに似ていますが、パブリッシュ環境で入力されたテキストに影響します。

chlimage_1

リッチテキストエディターの有効化

ユーザー生成コンテンツ(UGC)を許可するコミュニティコンポーネントを有効にすることによって、RTE を許可することができます。コンポーネントがページに追加されたのか機能の中に含まれたのかによって、RTE はデフォルトで有効になる場合とならない場合があります。

有効になっていない場合は、オーサリング編集モードに切り替え、編集するコンポーネントを選択して、「リッチテキストエディター」チェックボックスをオンにするだけです。

RTE は、次のコミュニティコンポーネントに使用できます。

カスタマイズ

リッチテキストエディターのカスタマイズは、CKEditor に基づいて実装した場合に可能になります。

コミュニティコンポーネントの現在の設定は、次のリポジトリにある cq.social.scf clientlib に含まれています。

/etc/clientlibs/social/commons/scf/ckrte.js

今後のアップグレードにより編集内容が上書きされる可能性があるので、cq.social.scf clientlib を変更しないことをお勧めします。

カスタマイズの例:インラインリンク

セキュリティ上の懸念事項により、デフォルトでメンバーに表示されるリッチテキストアイコンのセットにハイパーリンクオプションは含まれません。UGC で href が許可されている場合、影響は広範囲に及びます。

ツールバーにハイパーリンクオプションを追加するには:

  • links」という名前のツールバーを追加します。
    • { name: 'links', items : [ 'Link','Unlink','Anchor' ] }
  • すべて保存」を選択します。

/etc/clientlibs/social/commons/scf/ckrte.js

CKRte.prototype.config = {
    toolbar: [
        { name: "basicstyles",
           items: ["Bold", "Italic", "Underline", "NumberedList", "BulletedList", "Outdent", "Indent", "JustifyLeft", "JustifyCenter", "JustifyRight", "JustifyBlock", "TextColor"]
        },
        { name: 'links', 
           items : [ 'Link','Unlink','Anchor' ] 
        }
    ],
    autoParagraph: false,
    autoUpdateElement: false,
    removePlugins: "elementspath",
    resize_enabled: false
};

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー