現在表示中:

ストレージ設定では、コミュニティコンテンツ用に選択されているストレージを確認できます。コミュニティコンテンツはユーザー生成コンテンツ(UGC)とも呼ばれます。

この設定では、UGC アクセス時に使用されるストレージリソースプロバイダー(SRP)の実装に関する AEM Communities のコード情報が提供されます。設定は、AEM のデプロイ時に確立したトポロジを反映している必要があります。

ストレージオプションとデプロイメントトポロジの説明については、以下を参照してください。

ストレージ設定コンソール

chlimage_1

オーサー環境でストレージ設定コンソールに移動するには、

  • グローバルナビゲーションから、ツール/コミュニティ/ストレージ/設定を選択します。

デフォルトの JCR 以外のストレージオプションを選択するには、

  • オプションを選択します。
  • 適切に設定します。
  • 送信」を選択します。

JCR ストレージについて

選択しなかった場合は、AEM リポジトリである JCR がデフォルトで使用されることに注意してください。 

JCR は、オーサー環境とパブリッシュ環境で共有される共通ストアではありません。コミュニティコンテンツは、コンテンツが作成されたオーサー環境またはパブリッシュ環境でのみ表示できることになります。

詳しくは、JCR ストアを参照してください。

注意:

/etc/socialconfig にノード srpc がない場合は、デフォルトの JCR ストアが使用されていることを表します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー