現在表示中:

はじめに

AEM Communities では、パブリッシュ環境でサイト訪問者が(設定されている権限に応じて)メンバーになったり、ユーザーグループを作成したり、自分のメンバープロファイルを編集したりできます。

ユーザーデータという用語は、ユーザー、ユーザープロファイルおよびユーザーグループを指します。

メンバーという用語は、オーサー環境で登録されたユーザーではなく、パブリッシュ環境で登録されたユーザーを指します。

ユーザーデータについて詳しくは、ユーザーとユーザーグループの管理を参照してください。

パブリッシュファーム間のユーザーの同期

仕様上、パブリッシュ環境で作成されたデータは、オーサー環境では表示されません。  

オーサー環境で作成されたほとんどのユーザーデータは、オーサー環境に残されたままとなり、パブリッシュインスタンスには同期もレプリケートもされません。

トポロジパブリッシュファームの場合は、あるパブリッシュインスタンス上でおこなわれた登録と変更を、別のパブリッシュインスタンスと同期する必要があります。 メンバーがどのパブリッシュノード上でもログインでき、また自分のデータを表示できなければなりません。

ユーザーの同期を有効にすると、ファーム内のパブリッシュインスタンス間でユーザーデータが自動的に同期されます。

ユーザーの同期のセットアップ手順

詳細なステップバイステップの手順については、以下を参照してください。

各種操作の結果

コミュニティのサイトコンソールでのサイトの公開

オーサー環境で、コミュニティサイトをコミュニティサイトコンソールから公開すると、関連するページがレプリケートされます。また、Sling によって、動的に作成されたコミュニティユーザーグループ(メンバーシップを含む)が配信されます。

パブリッシュ環境でのユーザーの作成またはプロファイルの編集

仕様上、パブリッシュ環境で(自己登録、ソーシャルログイン、LDAP 認証などで)作成されたユーザーやプロファイルはオーサー環境では表示されません。 

トポロジがパブリッシュファームであり、ユーザーの同期が正しく設定されている場合は、ユーザーとユーザープロファイルが Sling ディストリビューションによってパブリッシュファーム全体に同期されます。

パブリッシュ環境での新しいコミュニティグループの作成

コミュニティグループの作成(とそれに伴う新しいサイトページと新しいユーザーグループの作成)は、パブリッシュインスタンスから開始する操作ですが、実際はオーサーインスタンス上でおこなわれます。 

このプロセスの一環として、新しいサイトページがすべてのパブリッシュインスタンスにレプリケートされます。 動的に作成されるコミュニティユーザーグループとそのメンバーシップは、Sling によってすべてのパブリッシュインスタンスに配信されます。

セキュリティコンソールでのユーザーまたはユーザーグループの作成

仕様上、パブリッシュ環境で作成されたユーザーデータは、オーサー環境では表示されません。その反対も同様です。

ユーザー管理およびセキュリティコンソールを使用してパブリッシュ環境で新しいユーザーを追加すると、ユーザーの同期機能により、新しいユーザーとそのグループメンバーシップがその他のパブリッシュインスタンスに同期されます(必要な場合)。 ユーザーの同期機能では、セキュリティコンソールで作成されたユーザーグループも同期されます。

ユーザーによるパブリッシュ環境でのコンテンツの投稿

ユーザー生成コンテンツ(UGC)に関しては、パブリッシュインスタンスで入力されたデータへのアクセスは、設定済みの SRP を通じておこなわれます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー