現在表示中:

Adobe Experience Manager (AEM) LiveCycle Connector を使用し、AEM Web アプリとワークフローから Adobe LiveCycle ES4 Document Services を呼び出すことができます。LiveCycle はリッチクライアント SDK を提供します。これにより、クライアントアプリケーションは Java API を使用して LiveCycle サービスを開始します。AEM LiveCycle Connector は OSGi 環境でこれらの API の使用を簡素化します。

AEM サーバーの Adobe LiveCycle への接続

AEM LiveCycle Connector は「AEM Forms アドオンパッケージ」の一部です。AEM Forms アドオンパッケージをインストールしたら、次の手順を実行して、LiveCycle サーバーの詳細を AEM Web Console に追加します。

  1. AEM Web Console Configuration Manager で、Adobe LiveCycle Client SDK Configuration Component を見つけます。
  2. コンポーネントをクリックして、構成サーバーの URL、ユーザー名、パスワードを編集します。
  3. 設定を確認し、「保存」をクリックします。

プロパティは説明がなくても分かりますが、重要なプロパティは次のとおりです。

  • サーバー URL - LiveCycle Server への URL を指定します。LiveCycle と AEM 間で HTTPS 経由の通信を利用する場合、次の JVM 引数
    -Djavax.net.ssl.trustStore=<path to LC keystore>
    オプションを使用して AEM を起動します。
  • ユーザー名 - AEM と LiveCycle 間の通信を確立するのに使用するアカウントのユーザー名を指定します。アカウントは、Document Services の開始を許可されている LiveCycle ユーザーアカウントです。
  • パスワード - パスワードを指定します。
  • サービス名 - 「Username」と「Password」フィールドで入力するユーザー資格情報を使用して開始されるサービスを指定します。デフォルトでは、LiveCycle サービスを開始する間に資格情報は渡されません。

クライアントアプリケーションは、Java API、 Web サービス、Remoting、REST を使用して LiveCycle サービスをプログラムで開始することができます。Java クライアントの場合、アプリケーションは LiveCycle SDK を使用できます。LiveCycle SDK は、これらのサービスをリモートで開始する Java API を提供します。例えば、Microsoft Word ドキュメントを PDF に変換するには、クライアントは GeneratePDFService を開始します。呼び出しのフローは次の手順から成ります。

  1. ServiceClientFactory インスタンスを作成します。

  2. 各サービスがクライアントクラスを提供します。サービスを開始するには、サービスのクライアントインスタンスを作成します。

  3. サービスを開始し、結果を処理します。

AEM LiveCycle Connector は、標準的な OSGi の方法を使ってアクセスできる OSGi サービスとしてこれらのクライアントインスタンスを公開して、フローを簡素化します。LiveCycle Connector には、以下の機能が用意されています。
  • OSGi サービス類似のクライアントインスタンス - OSGI バンドル類似のパッケージ済みクライアントの一覧は、ドキュメントサービスリストのセクションに表示されます。各クライアント jar は、OSGi Service Registry を使用する OSGi サービスとしてクライアントインスタンスを登録します。
  • ユーザー資格情報の伝播:LiveCycle サーバーに接続するために必要な接続の詳細情報は、一元的に管理されます。
  • ServiceClientFactory サービス:プロセスを開始するために、クライアントアプリケーションは ServiceClientFactory インスタンスにアクセスできます。

Service References を介した OSGi Service Registry からの開始

公開されたサービスを AEM の中から開始するには、次の手順を実行します。

  1. Maven 依存性を判定します。maven pom.xml ファイルで、必要なクライアント jar に依存性を追加します。少なくとも adobe-livecycle-client jar および adobe-usermanager-client jar に依存性を追加する必要があります。

    <dependency>
      <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
      <artifactId>adobe-livecycle-client</artifactId>
      <version>11.0.0</version>
    </dependency>
    <dependency>
      <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
      <artifactId>adobe-usermanager-client</artifactId>
      <version>11.0.0</version>
    </dependency>
    <dependency>
      <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
      <artifactId>adobe-cq-integration-api</artifactId>
      <version>11.0.0</version>
    </dependency>

    サービスを開始するには、サービスに対応する Maven 依存性を追加します。依存性のリストについて詳しくは、「Document Service リスト」を参照してください。例えば、Generate PDF サービスの場合は、次の依存性を追加します。

    <dependency>
      <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
      <artifactId>adobe-generatepdf-client</artifactId>
      <version>11.0.0</version>
    </dependency>
  2. サービス参照を取得します。サービスインスタンスへのハンドルを取得します。Java クラスを作成している場合、Declarative Services の注釈を使用できます。

    import com.adobe.livecycle.generatepdf.client.GeneratePdfServiceClient;
    import com.adobe.livecycle.generatepdf.client.CreatePDFResult;
    import com.adobe.idp.Document;
     
    @Reference
    GeneratePdfServiceClient generatePDF;
    ...
     
    Resource r = resourceResolver.getResource("/path/tp/docx");
    Document sourceDoc = new Document(r.adaptTo(InputStream.class));
    CreatePDFResult result = generatePDF.createPDF2(
                        sourceDoc,
                        extension, //inputFileExtension
                        null, //fileTypeSettings
                        null, //pdfSettings
                        null, //securitySettings
                        settingsDoc, //settingsDoc
                        null //xmpDoc
                );

    上記のコードスニペットでは、ドキュメントを PDF に変換するために GeneratePdfServiceClient の createPDF API を開始します。次のコードを使用し、JSP で同じ呼び出しを実行できます。主な違いは、次のコードでは Sling ScriptHelper を使用して GeneratePdfServiceClient にアクセスする点です。

    <%@ page import="com.adobe.livecycle.generatepdf.client.GeneratePdfServiceClient" %>
    <%@ page import="com.adobe.livecycle.generatepdf.client.CreatePDFResult" %>
    <%@ page import="com.adobe.idp.Document" %>
     
    GeneratePdfServiceClient generatePDF = sling.getService(GeneratePdfServiceClient.class);
    Document sourceDoc = ...
    CreatePDFResult result = generatePDF.createPDF2(
                        sourceDoc,
                        extension, //inputFileExtension
                        null, //fileTypeSettings
                        null, //pdfSettings
                        null, //securitySettings
                        settingsDoc, //settingsDoc
                        null //xmpDoc
                );

ServiceClientFactory を介した開始

ServiceClientFactory クラスが必要になる場合があります。例えば、プロセスを呼び出すには ServiceClientFactory が必要です。

import com.adobe.livecycle.dsc.clientsdk.ServiceClientFactoryProvider;
import com.adobe.idp.dsc.clientsdk.ServiceClientFactory;
 
@Reference
ServiceClientFactoryProvider scfProvider;
 
...
ServiceClientFactory scf = scfProvider.getDefaultServiceClientFactory();
...

LiveCycle のほとんどの Document Service には認証が必要です。次のオプションのいずれかを使用すると、コードに資格情報を明示的に指定せずにこれらのサービスを開始できます。

Whitelist 設定

LiveCycle Client SDK 設定には、サービス名についての設定が含まれています。この設定は、呼び出しロジックが追加設定なしに管理者資格情報を使用するサービスのリストです。例えば、DirectoryManager サービス(User Management API の一部)をこのリストに追加する場合、すべてのクライアントコードはこのサービスを直接使用することが可能で、呼び出しレイヤーは LiveCycle サーバーに送信された要求の一部として、設定された資格情報を自動的に渡します。

RunAsManager

統合の一部として、新しいサービス RunAsManager を提供しています。このサービスにより、LiveCycle サーバーへの呼び出しをする際に、資格情報をプログラムで制御できます。

import com.adobe.livecycle.dsc.clientsdk.security.PasswordCredential;
import com.adobe.livecycle.dsc.clientsdk.security.PrivilegedAction;
import com.adobe.livecycle.dsc.clientsdk.security.RunAsManager;
import com.adobe.idp.dsc.registry.component.ComponentRegistry;
  
@Reference
private RunAsManager runAsManager;
  
List<Component> components = runAsManager.doPrivileged(new PrivilegedAction<List<Component>>() {
            public List<Component> run() {
                return componentRegistry.getComponents();
            }
        });
assertNotNull(components);

異なる資格情報を渡す場合は、PasswordCredential インスタンスが必要となる、過度に負荷がかかる方法を使用できます。

PasswordCredential credential = new PasswordCredential("administrator","password");
List<Component> components = runAsManager.doPrivileged(new PrivilegedAction<List<Component>>() {
    public List<Component> run() {
        return componentRegistry.getComponents();
    }
},credential);

InvocationRequest プロパティ

プロセスを呼び出す場合、または ServiceClientFactory を直接使用して InvocationRequest を作成する場合は、設定済みの資格情報を呼び出しレイヤーが使用する必要があることをプロパティが示すように指定できます。

import com.adobe.idp.dsc.InvocationResponse
import com.adobe.idp.dsc.InvocationRequest
import com.adobe.livecycle.dsc.clientsdk.ServiceClientFactoryProvider
import com.adobe.idp.dsc.clientsdk.ServiceClientFactory
import com.adobe.livecycle.dsc.clientsdk.InvocationProperties
   
ServiceClientFactoryProvider scfp = sling.getService(ServiceClientFactoryProvider.class)
ServiceClientFactory serviceClientFactory = scfp.getDefaultServiceClientFactory()
InvocationRequest ir = serviceClientFactory.createInvocationRequest("sample/LetterSubmissionProcess", "invoke", new HashMap(), true);
  
//Here we are invoking the request with system user
ir.setProperty(InvocationProperties.INVOKER_TYPE,InvocationProperties.INVOKER_TYPE_SYSTEM)
   
InvocationResponse response = serviceClientFactory.getServiceClient().invoke(ir);

Adobe LiveCycle Client SDK API バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.idp.um.api.AuthenticationManager
  • com.adobe.idp.um.api.DirectoryManager
  • com.adobe.idp.um.api.AuthorizationManager
  • com.adobe.idp.dsc.registry.service.ServiceRegistry
  • com.adobe.idp.dsc.registry.component.ComponentRegistry

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-livecycle-client</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>
<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-usermanager-client</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

Adobe LiveCycle Client SDK バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.livecycle.dsc.clientsdk.security.RunAsManager
  • com.adobe.livecycle.dsc.clientsdk.ServiceClientFactoryProvider

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-livecycle-cq-integration-api</artifactId>
  <version>1.1.10</version>
</dependency>

Adobe Livecycle TaskManager Client バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.idp.taskmanager.dsc.client.task.TaskManager
  • com.adobe.idp.taskmanager.dsc.client.TaskManagerQueryService
  • com.adobe.idp.taskmanager.dsc.client.queuemanager.QueueManager
  • com.adobe.idp.taskmanager.dsc.client.emailsettings.EmailSettingService
  • com.adobe.idp.taskmanager.dsc.client.endpoint.TaskManagerEndpointClient
  • com.adobe.idp.taskmanager.dsc.client.userlist.UserlistService

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-taskmanager-client</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

Adobe LiveCycle Workflow Client バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.idp.workflow.client.WorkflowServiceClient

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-workflow-client-sdk</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

Adobe LiveCycle PDF Generator Client バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.livecycle.generatepdf.client.GeneratePdfServiceClient

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-generatepdf-client</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

Adobe LiveCycle Application Manager Client バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.idp.applicationmanager.service.ApplicationManager
  • com.adobe.livecycle.applicationmanager.client.ApplicationManager
  • com.adobe.livecycle.design.service.DesigntimeService

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-applicationmanager-client-sdk</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

Adobe LiveCycle Assembler Client バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.livecycle.assembler.client.AssemblerServiceClient

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-assembler-client</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

Adobe LiveCycle Form Data Integration Client バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.livecycle.formdataintegration.client.FormDataIntegrationClient

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-formdataintegration-client</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

Adobe LiveCycle Forms Client バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.livecycle.formsservice.client.FormsServiceClient

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-forms-client</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

Adobe LiveCycle Output Client バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.livecycle.output.client.OutputClient

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-output-client</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

Adobe LiveCycle Reader Extensions Client バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.livecycle.readerextensions.client.ReaderExtensionsServiceClient

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-reader-extensions-client</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

Adobe LiveCycle Rights Manager Client バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.livecycle.rightsmanagement.client.DocumentManager
  • com.adobe.livecycle.rightsmanagement.client.EventManager
  • com.adobe.livecycle.rightsmanagement.client.ExternalUserManager
  • com.adobe.livecycle.rightsmanagement.client.LicenseManager
  • com.adobe.livecycle.rightsmanagement.client.WatermarkManager
  • com.adobe.livecycle.rightsmanagement.client.PolicyManager
  • com.adobe.livecycle.rightsmanagement.client.AbstractPolicyManager

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-rightsmanagement-client</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

Adobe LiveCycle Signatures Client バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.livecycle.signatures.client.SignatureServiceClientInterface

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-signatures-client</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

Adobe LiveCycle Truststore Client バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.truststore.dsc.TrustConfigurationService
  • com.adobe.truststore.dsc.CRLService
  • com.adobe.truststore.dsc.CredentialService
  • com.adobe.truststore.dsc.CertificateService

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-truststore-client</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

Adobe LiveCycle Repository Client バンドル

次のサービスを使用できます。

  • com.adobe.repository.bindings.ResourceRepository
  • com.adobe.repository.bindings.ResourceSynchronizer

Maven の依存関係

<dependency>
  <groupId>com.adobe.livecycle</groupId>
  <artifactId>adobe-repository-client</artifactId>
  <version>11.0.0</version>
</dependency>

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー