現在表示中:

概要

AEM Forms でアップロードすることで、ローカルファイルシステムのフォームを CRX リポジトリに読み込むことができます。アップロード操作は、次のアセットタイプに対してサポートされています。

  • フォームテンプレート(XFA フォーム)
  • PDF フォーム
  • ドキュメント(非インタラクティブ PDF ドキュメント)

サポートされているアセットタイプを個別にまたは ZIP アーカイブとしてアップロードできます。リソースタイプのアセットは、XFA フォームと一緒に ZIP アーカイブでのみアップロードできます。

注意:

XDP ファイルをアップロードすることができる form-power-users グループのメンバーであることを確認してください。このグループのメンバーになるには、管理者に連絡します。

フォームのアップロード

  1. http://[server]:[port]/aem/forms.html にアクセスして AEM Forms ユーザーインターフェイスにログインします。

  2. フォームまたはフォームを含むフォルダーをアップロードしたいフォルダーに移動します。

  3. アクションツールバーで、作成/ファイルのアップロードをタップします。

    作成にあるローカルストレージのファイルオプション
  4. フォームまたはパッケージをアップロードダイアログでは、アップロードするファイルを参照および選択できます。ファイルブラウザーには、サポートされているファイル形式(ZIP、XDP、および PDF)のみが表示されます。

    注意:

    ファイル名には、英数字、ハイフン、下線のみを含めることができます。

  5. ファイルを選択したら「アップロード」をクリックしてファイルをアップロードするか、「キャンセル」をクリックしてアップロードを中止します。追加されたアセットおよび現在場所にアップロードされたアセットの一覧がポップアップに表示されます。

    注意:

    ZIP ファイルの場合は、サポートされているすべてのアセットの相対パスが表示されます。ZIP 内の未サポートアセットは無視され、一覧には表示されません。ただし、ZIP アーカイブに未サポートアセットのみが含まれている場合は、エラーメッセージが表示され、ポップアップダイアログは表示されません。

    XFA フォームのアップロード時のアップロードダイアログ
  6. アセットに無効のファイル名がある場合は、エラーが表示されます。赤で強調表示されているファイル名を修正し、再びアップロードしてください。

    XFA フォームのアップロード時のエラーメッセージ

アップロードが完了すると、アセットのプレビューに基づいて、バックグラウンドワークフローが各アセットごとにサムネイルを生成します。新しいバージョンのアセットがアップロードされた場合は、既存のアセットに上書きされます。

保護モード

AEM Forms サーバーを使用することで、JavaScript コードを実行できます。悪質な JavaScript コードの場合、AEM Forms 環境に障害が発生する可能性があります。保護モードは、信頼済みのアセットおよび場所からのみ XDP ファイルを実行するように制限します。AEM Forms UI で使用可能なすべての XDP は、信頼済みのアセットと見なされます。

保護モードは、デフォルトではオンになっています。必要に応じて、保護モードを無効にすることができます。

  1. AEM Web コンソールに管理者としてログインします。URL は http://[server]:[port]/system/console/configMgr です。

  2. Mobile Forms の設定を編集用に開きます。

  3. 「保護モード」オプションの選択を解除し、「保存」をクリックします。保護モードが無効になります。

参照先 XFA フォームの更新

AEM Forms では、XFA フォームテンプレートは、アダプティブフォームまたは別の XFA フォームテンプレートによって参照されることができます。また、テンプレートはリソースまたは別の XFA テンプレートを参照することもできます。

XFA を参照しているアダプティブフォームは、そのフィールドが、XFA で使用できるフィールドによってバインディングされています。フォームテンプレートを更新すると、関連のアダプティブフォームは XFA との同期を試みます。詳細については、アダプティブフォームと関連 XXFA との同期を参照してください。

フォームテンプレートを削除すると、依存関係にあるアダプティブフォームまたはフォームテンプレートが破損されます。このようなアダプティブフォームは、dirty なフォームとして非公式に参照されている場合があります。AEM Forms ユーザーインターフェイスで、次の 2 つの方法で dirty フォームを見つけ出すことができます。

  • アセットリスト内のアダプティブフォームサムネイルに警告アイコンが表示され、警告アイコンの上にポインターを置くと次のメッセージが表示されます。
    このアダプティブフォームのスキーマ/フォームテンプレートは更新されています。オーサリングモードに移行して、新しいバージョンのものを使ってリベースしてください。
関連 XFA の更新後の非同期のアダプティブフォームの警告

アダプティブフォームが dirty かどうかを示すフラグが保持されます。この情報は、フォームのメタデータと一緒にフォームプロパティページにあります。dirty アダプティブフォームの場合のみ、メタデータプロパティ「Model Refresh」は「Recommended」値を表示します。

アダプティブフォームが XFA モデルと非同期であることを示す

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー