現在表示中:

Central Migration Bridge(CMB)サービスを使用すると、Central Server の主要な機能のセットを AEM Forms 環境で使用できるようになります。Central で使用している入力データファイルの使用を継続しながら、自分のフォームやその他のプロセスを AEM に取り入れることができます。

CMB サービスは、Output のすべての使用ケースを対象としたサービスではありません。Central Output Server を導入済みで、AEM Forms に移行するユーザーを対象としたサービスです。CMB サービスを使用するには、Central Pro Output Server 5.7/5.7.1 の有効なライセンスが必要です。

CMB サービスパッケージのインストール

CMB サービスを使用できるようにするには、次の手順で CRX パッケージ共有から CMB パッケージをインストールします。

  1. AEM Forms アドオンパッケージがインストールされていることを確認します。アドオンパッケージのインストールについて詳しくは、AEM Forms アドオンパッケージのインストールを参照してください。
  2. CRX パッケージ共有 http://[hostname]:[port]/crx/packageshare/login.html に移動し、adobe-aemfd-cmb-pkg-1.0.2.zip パッケージを自分のマシンにダウンロードします。
  3. http://[hostname]:[port]/crx/packmgr/index.jsp にログインします。デフォルトのユーザー名/パスワードは、admin/adminです。
  4. アップロードしてから、ダウンロードしたパッケージ adobe-aemfd-cmb-pkg-1.0.2.zip をインストールします。

パッケージのインストールについて詳しくは、「パッケージの作業方法」を参照してください。

CMB の操作

CMB は、Central Tranformation および Central Data Access 操作により、AEM サービスとワークフローを使用した処理用に、レガシーアセットを XML に変換します。

Central Transformation 操作

Central Transformation 操作は、構造化されたテキストおよびオーバーレイテキストを使用可能なデータ形式に変換します。Central Transformation 操作では、ASCII 形式(固定長、文字区切り、オーバーレイ、XML および Central 独自の Field Nominated 形式など)で作成されたデータを変換します。変換後のデータは、XML または Field Nominated 形式になります。

また、スクリプト機能も用意されており、この機能を使用して既存のデータファイルに変更を加えることができます。スクリプト機能には、次のような用途があります。

  • データを編集して、フォームデザインと統合できる形式に変更します。
  • 既存のデータを変換します。例えば、MM-DD-YYYY 形式の日付データを DD-MM-YYYY 形式に変換します。
    この操作では、Central JFTRANS コマンドに渡されるコマンドラインオプションを表す文字列を受け入れます。
    Central Transformation 操作は、Central JFTRANS コマンド(Central Transformation Agent)を実行します。この操作では、Central Pro と同じ方法で jftrans.ini ファイルが使用されます。

Central Data Access 操作

Central Data Access 操作は、Field Nominated データファイル(DAT ファイル)に含まれる特定の要素にアクセスします。この操作により、^field、^global、^form および ^job の各コマンドがデータファイルから抽出され、中間 XML ドキュメントに変換されます。 

注意:Central Data Access 操作では、Field Nominated データファイルが同等の XML 表現に完全に変換されるわけではありません。特定の要素が中間 XML 表現に変換されます。

インストールに関する考慮事項

CMB サービスは、Central Pro(バージョン 5.7/5.7.1)実行可能ファイルと直接やり取りします。Central Pro を AEM Forms と同じサーバーにインストールしておく必要があります。ただし、これは AEM フォームのインストールの前提条件ではありません。つまり、AEM Forms のインストール後に Central Pro をインストールすることができます。インストール手順については、Central Pro のドキュメントセットを参照してください。

Central Pro のインストールディレクトリを CMB に設定

デフォルトでは、CMB サービスは Central Pro のデフォルトのインストールパスを使用します。Central Pro が別の場所にインストールされている場合は、Felix コンソールの Configuration Manager から CMB サービスの Central Install Directory 設定を更新します。

CMB パッケージのインストール後、Central Pro がデフォルトの場所にインストールされていない場合は、次のようにして、AEM が適切なディレクトリを参照するように指定します。

  1. Felix コンソール(http://<aemserver:port>/system/console/configMgr)にログインします。

  2. OSGi設定をクリックします。

  3. AEMFD OutputCentral Service を検索します。

  4. 編集」をクリックします。

  5. Central Pro インストールディレクトリのパスを入力します。

  6. 保存」をクリックします。

CMB API

CMB は、対応する Central Pro 実行ファイルを、適切なコマンドラインオプションで別のプロセスとしてフォークする操作を行います。CMB API は、最も頻繁に使用されるコマンドラインオプションを、操作の入力パラメータとして公開しています。このコンポーネントは、AEM Forms がインストールされている同一マシンから、既存の Central Pro インストールを使用します。

API の一般的な実行シーケンスは次のとおりです。

  • ユーザーから入力を受け、それを関連するコマンドラインオプションに変換します。
  • ProcessBuilder を使用してプロセスを作成し、すべてのコマンドラインオプションを渡します。
  • 結果には、出力と複数のメタデータファイルが含まれます。
  • 結果を返し、ユーザーはそれをオーケストレーションの次のステップに渡すことができます。

また、CMB サービスでは、centralDataAccess 操作により、入力データファイルの ^JOB カードやその他のジョブオプションを XML 形式に変換して、AEM 内から簡単に読み取ることや使用することができます。centralDataAccess がデータファイルの最初から処理するバイト数を設定することができます。ただし、これは現実的な低い値にする必要があります。

API 名

com.adobe.fd.cmb.api.OutputCentralService

メソッド

メソッド 詳細 パラメーター
CentralResult centralTransformation(Document inDataDoc、Document inDataModelDoc、String inIniFilePath、String inAllOtherOptions) この方法では、Central Pro の jftrans コマンドを呼び出します。
  • inDataDoc:データファイル (.data)
  • inDataModelDoc:データ定義ファイル
  • iniFilePath:iniFile
  • inAllOtherOptions:コマンドにそのまま渡される
Document centralDataAccess(Document inDataDoc、int inMaxBytesToProcess) データモデル(.dat)ファイルを XML に変換し、xpath を使用した値の読み取りに使用できます。
  • inDataDoc:データファイル (.data)
  • inMaxBytesToProcess:最大バイト処理数後続のデータは無視されます。

API 名

com.adobe.fd.cmb.api.CentralResult

パラメーター 詳細
Document logDoc ログファイル
Document responseDoc jetform.rsp ファイル
Document traceDoc API に再びプリアンブルとして渡すことができるドキュメントを追跡
Document resultDoc //formatted output doc (pdf/pcl)

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー